スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

勢正宗




遅くなってしまったが、火曜日に地酒屋こだまで開催された
「第三回こだま酒の会 長野県信州中野より丸世酒造さんをお迎えしての酒の会」
に参加してきました。

地酒家こだまは、5月にお店のご主人たけさんが開いたお店。
早く訪れなきゃ、と思ってながら、なかなかお邪魔できなかったのでした。

タイトル通りこの日は丸世酒造の社長さんを招いてのイベント。
丸世酒造の主力銘柄は勢正宗。わずか100石/年ほどしか造っておらず
限りなく地元中野市のみでしか流通していません。
私も存在は知っていたのですが、これまでにいただく機会がありませんでした。

こちらの造りの特徴は、もち米四段仕込みという独特な方法をとられてるとのことです。
詳しい説明は以下お蔵のサイトをご覧いただくとして(あれ、管理者はもしや??)

http://ameblo.jp/marusesyuzouten/

独特の甘い味わいのお酒です。甘いといっても上品であとを引きません。

軽やかできれいな香りの大吟醸に始まり、四段仕込みの純米酒、
特別本醸造、1年寝かせたもの、2年寝かせたもの、などなど、
いろいろ試飲させていただきました。うーん、どれも美味しい(笑)
でも、やはりぬる燗が私の好みかな。

信州味噌や漬物高祖豚など長野にこだわったぴーさん手作りの食べものも
甘い酒質にどんぴしゃでした。

ほとんど初対面の方々でしたが、そこはお酒がつなぐ縁、楽しい時間を
過ごさせていただきました。ありがとうございました。

いやー、さすがたけさんが推すお蔵、すっかり私も気に入りました。
最近長野県北部まで行くこともないけど、機会があればお蔵にも行ってみたいです。


PS 間に合わないからてきとーに作ったとおっしゃるラベルも、妙に味があります (^^;
スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

町田酒造

町田酒造店「町田酒造」特別純米55・無濾過


先日、お蔵に近い酒屋さんで、たまたま見かけて購入しました。
前橋市駒形(関越道のPAがありますね)の、
町田酒造店(主要銘柄 清りょう:りょうは瞭の左が口扁)のその名も「町田酒造」。

酒屋のご主人曰く

「昨年はまだまだだめだったけど、今年のは全国に通用するよ」

と、とても嬉しそうでした。

特別純米55は新潟の五百万石を55%まで磨き、純米生・無濾過。
うん、これは美味しい。お米の特徴を上手に使った、
華やかさももちながら喉元で旨さが広がります。

地元で応援されてるお酒、まだまだ伸びしろがありますが
このお酒を「美味しい」と言って呑んでくれる人が増えますように。
私も応援したいです。 [町田酒造]の続きを読む
  1. 2010/07/05(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

富士山@富士宮市(東京近郊の地酒77)




富士宮市にある牧野酒造さんの醸すお酒。それにしても、富士山という名前は、またズバリですねぇ。

早速常温でいただいてみると、穏やかで派手な香りも感じず、よくいえば癖がなく料理に合いやすい味です。この印象は、冷やしていたいても、燗でいただいても変わりません。実にニュートラルで、ただ、お酒のインパクトという点ではあまり印象に残らず、損をしているような気もします。ゆっくり、おいしい料理と一緒に、また気のおけない友人と楽しく時間を過ごしながら、杯を重ねるにいいお酒かと感じました。
  1. 2010/02/15(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

三芳菊@徳島県三好市(東京近郊じゃないお酒)

三芳菊 おりがらみ
三芳菊@徳島県三好市 純米生原酒無濾過 限定品おりがらみ 播州山田錦70%。
肩書きは長いけど、一升2,000円台です。


これ、ウマい。おりがらみ、といっても全く重くなく、サラリとしたお米の甘いジュース、という感じですいーっと飲めちゃいます。女性向け。でも、ちょっと危険です(笑)

徳島県三好市、といってもピンと来ないと思いますが、合併前の表示だと池田町。かつて高校野球で一世を風靡した、池田高校の近くです。住所は池田町サラダ。珍地名によく登場します。

PS 今夜は雪見酒♪
  1. 2010/02/01(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

白隠正宗@沼津市高嶋酒造(東京近郊の地酒63-2)

白隠正宗 純米生原酒 駿東山田錦 高嶋酒造@沼津市原

沼津市内、旧東海道第13番目の原の宿場にお蔵を構える
高嶋酒造の「白隠正宗」を、近所の酒屋さんが取り扱い始めたので
早速いただいてみました。

こちらのお蔵、最近いろいろ実験的なお酒を醸しているようで
今回いただいたのは、純米生原酒・駿東山田錦 との肩ロゴが。
なるほど、地元駿河の東地域で、山田錦を作ってるんですね。
麹米・掛米とも山田錦65%、酵母は静岡酵母NEW-5ということは
地元のお米・地元の酵母によるお酒、ということでしょうか。

冷でいただいてますが、うーん、もう少し山田錦らしい
膨らみがほしい気もします。もっとも、味の幅の厚さはさすが。
もしかして、軽く燗にしたほうが、甘さがのるのかもしれません。

でも、駿河湾の海の幸と一緒にいただくには、あまり甘くならない方が
いいのかもしれません。実際、ここ数日、セイゴ刺やホウボウの煮付けと
頂きましたが、食べ物の味を引き立てるという点では、いいお酒と感じました。

やはり、これは現地(伊豆方面)で、鮮魚と一緒に味わいたいなぁ。。
  1. 2010/01/17(日) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:1

十二六(御園竹)@佐久市旧望月町(東京近郊の地酒71-2)

武重本家酒造 十二六

近所の酒屋さんで、ちょっと変わったお酒を売ってました。
よく見たら、長野県旧望月町、御園竹や牧水などを醸す
武重本家酒造が製造したにごり酒じゃないですか!

早速呑んでみました。

うん、ウマい。これ、気に入りました。甘酸っぱいです。
お米で作った発酵の強いヨーグルト、というかんじです。
これ、女性でも喜んで呑んでもらえるんじゃないかな。

味かしっかりしてるのにキレがいいので、
ちょっと脂っこい料理とかでも合いそうです。

アルコール度8%未満だから、普通の日本酒やワインよりアルコール度はかなり低め。
ちなみに、600mlで1200円くらいでした、たしか。

ちょっとおもしろい日本酒に興味のある方、
一度呑んでみてはいかがでしょうか。

 #お蔵のサイトを見ると、既に予約完売のようです。
  在庫しているお店が狙い目っぽいです。
  1. 2009/12/29(火) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

不動(仁勇)@成田市(東京近郊の地酒76)

成田市 鍋店 不動 純米吟醸

鍋店といえば、成田山新勝寺のお神酒を元禄時代より山門近くで醸しているお蔵。千葉県の蔵元の中でも、大手の蔵を除けばもっとも規模が大きいお蔵ではないでしょうか。代表銘柄の仁勇は、成田市を中心に周辺の市町村の酒屋さんで「仁勇」の看板を見ることができます。利根川に近い神崎町には神崎酒造蔵があり、こちらでも(こちらがメイン?)酒造を行っています。

こちらのお蔵、ながらく仁勇の銘柄を使ってきましたが、最近、成田山の不動明王にちなんだ「不動」という銘柄を出しました。今日いただいているのは、この不動の純米吟醸・吊るし無濾過・生原酒。といっても、一升3000円未満です。生原酒というと、酒質が暴れていることも少なくないのですが、こちらのお酒は力強さを感じさせながらも尖らず柔らかさがあり、透明感もある飲みやすいお酒です。お米は美山錦を使ってるとのことで、そう言われてみれば味の膨らみ方が美山錦らしいかも。

呑み飽きしないので、食虫酒によし、食事と別にお酒だけいただくのもよさそうです。
  1. 2009/12/14(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。