スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

仙台遠征ツアーその3

翌朝、ホテルをチェックアウトし、車で移動。
たまたま目についたパン屋さんで、パンとコーヒーで朝ごはんにします。

さて、せっかく仙台まできたので、結婚してこちらに
いる従姉妹一家のお宅にちょっとだけお邪魔しました。
住所をたよりに向かうと、あら、けっこう大きなおうち。
中から元気な従姉妹と、さらに元気な子供たちがお出迎えです。
数年ぶりで会う子供たち、記憶よりもはるかに大きくなってます。

従姉妹の子供は4歳から8歳の子供3人、
ちょうど我が家の子供たちと年齢も近く
さっそく仲良く遊びはじめました。

ご主人は相変わらず仕事が忙しく、連日深夜帰宅の様子。
同じ業界なので状況は察しますが、どうぞ体をお大事に。

ゆっくりしたいところですが、今日中に帰り着かなければ
ならないので昼前に失礼し、一路自宅へ向かいます。

高速道路は交通量は多いものの、栃木県まではほぼ順調に流れていました。
が、事故渋滞で15キロ数十分の情報が。
佐野藤岡から加須まで一般道を走り(まあ下も混んでますけど)
さらに首都高を避けて外環を経由して、自宅到着は20時。

さすがに子供たち、少々疲れたようでしたが、
夕飯を軽く食べてもなかなか寝る気配もなく(苦笑


短い旅行でしたが、タイムスリップあり、花見あり、雪遊びあり、
子供たちも楽しめたようです。私は、、よく呑みました(爆
仙台は10年ぶりくらいで訪れましたが、実はとても好きな街。
またゆっくり、仙台や福島方面に出かけたいです。


スポンサーサイト
  1. 2007/04/30(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

仙台遠征ツアーその2

翌日は晴天。
昨晩はあっという間に寝てしまったので、早起きして
息子7歳とペンションの周りを小一時間お散歩しました。
別荘地の上まで出てみると、青い空に磐梯山がくっきり。



[仙台遠征ツアーその2]の続きを読む
  1. 2007/04/29(日) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:4

仙台遠征ツアーその1

Orqesta de la Candaの仙台遠征にあわせて、
家族で旅行に出かけました。

いきなり仙台集合に車で駆けつけるのは、時間も読めずしんどいので
前日のうちに福島県まで入ろう、という計画です。

家を早めに出て、久喜ICから東北道に入ると、幸いにも渋滞はなし。
白河ICを下りて山に入っていくと、まだあたりには
桜が咲いているじゃありませんか。思わぬ花見です(車からですが)

会津に入り、まず第一目的地の大内宿に到着です。
国道からはずれ路線バスもなく(現在は一応通ってるようです)
ひっそりとした秘境的観光スポットだったのですが、
保存地区に指定されてからはずいぶん訪れる人が多くなったようです。

さすがにGWということで、かなりの人出でした。
でも、これだけかやぶき屋根の集落が並ぶのは壮観です。



[仙台遠征ツアーその1]の続きを読む
  1. 2007/04/28(土) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

うどんの日々54 エン座@練馬区

AllAboutなどでも絶賛されている、
練馬区大泉うどん屋さんエン座を訪れました。

以前、わりと近いところに住んでいたのですが
平日は昼のみの営業でなかなか訪れづらかったお店です。

今回、久しぶりに3回目の訪問です。
1時前、お客さんはまずまず入ってますね。

糧もりうどんに古代米のご飯をお願いしました。
しばらくして出てきたのは、こんなかんじ。
目にもうれしい優しい彩りです。



[うどんの日々54 エン座@練馬区]の続きを読む
  1. 2007/04/27(金) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

うどんの日々53 万吉うどん@南与野

4月から仕事が変わり、埼玉県方面へ出かける機会が増えています。

ということで、地元の方からの口コミで、
さいたま市桜区西掘の万吉うどんでお昼ごはんにしました。
住所を見てもピンときませんが、埼京線の南与野駅に近い
住宅地の中にあります。

メインストリートから看板を目印にわき道に入ると
自宅を改造したような、いいかんじのお店が見えてきます。



[うどんの日々53 万吉うどん@南与野]の続きを読む
  1. 2007/04/26(木) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

東京近郊の地酒33 一喜(甲子正宗)@千葉県酒々井

酒々井町は成田市の手前、首都圏のベッドタウンに、
千葉県で最も醸造量の多い蔵である飯沼本家があります。
創業以来300年になる老舗、主力の銘柄甲子正宗
成田界隈でよく看板を見かけます。

そういえばまだ呑んだことがなかったな、と
酒屋さんの棚に並んでいた瓶を見かけて買ってきました。
(お値段も2000円台と、そこそこリーズナブルでしたし)

20070425231901.jpg

[東京近郊の地酒33 一喜(甲子正宗)@千葉県酒々井]の続きを読む
  1. 2007/04/25(水) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

カウボーイ!

先日、SDAさんが、blogでカバレフスキー
コラ・ブルニョン序曲のことを書かれていたので
私も久しぶりでCDを引っ張り出してきました。

ジョン・ウィリアムス指揮ボストン・ポップス管弦楽団の演奏です。

 ・「コラ・ブルニョン」序曲カバレフスキー
 ・「ボッカチオ」序曲スッペ
 ・「青銅の馬」序曲オーベール
 ・「ルスランとルドミュラ」序曲(グリンカ)
 ・ザ・カウボーイズ(J.ウィリアムス
 ・「アルジェのイタリア人」序曲ロッシーニ
 ・「キャンディード」序曲(バーンスタイン

JWilliams.jpg

[カウボーイ!]の続きを読む
  1. 2007/04/24(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ソヴィエトの響き

Melodiya といえば、旧ソヴィエト国営レーベルですが、
ソヴィエト連邦解体後ロシアの色彩豊かなその音源は
切り売りされ、様々なレーベルから断片的にCD化されて
流通してきました。

今回、レーベル直にCDが再プレスされたようですが、
その中に1980年代前半に録音されたサクソフォンの音源が
含まれているのを確認しました。(未入手)

「Suite of Moods」
 ・ヴェニスの謝肉祭(ジュナン編)
 ・エチュード=カプリスより(ボザ)
 ・6つの練習曲より(ガロワ=モンブラン)
 ・プロヴァンスの風景(モーリス)
 ・ソナタ(アプシル)
 他
    演奏:アレクサンドル・オセイチュク(saxophone)

1980年代前半といえば、ゴルバチョフ大統領登場前の
文化的にまだクローズされていた時期。
当時、ソヴィエトサクソフォンがどのような音色を
響かせていたのか、興味津々です。

(一部はkuriさんのサイトに紹介されているLPと同一音源のようです。)


ちょうどこれを書いていたら、エリツィン元大統領の
訃報がちょうど飛び込んできました。。
  1. 2007/04/23(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:8

道の駅

都内第一号の道の駅ができたというので行ってきました。

中央道の八王子インターの近くに4/1にオープンした
道の駅八王子滝山です。

到着したのは2時過ぎだったのですが、なんと駐車場渋滞が。
やはり同じことを考える人たちは大勢いるのですね(笑

写真は本文とは関係ない、我が家の近所の花。

20070422180854.jpg

[道の駅]の続きを読む
  1. 2007/04/21(土) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

秘密のトンネル

通勤の往復で、同僚から借りた本を読んでいます。
ようやく読み終えました。これから、続編に取り掛かります。


[秘密のトンネル]の続きを読む
  1. 2007/04/20(金) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

地酒番外編 能登誉・千枚田

お世話になっている某うどん屋さんの裏手に
外見はいまひとつですが、なかなかすばらしい
酒屋さんがあることは以前にも書きました

久しぶりにお邪魔したところ、見慣れないお酒が
冷蔵庫に入っていたので、よく見てみると

おぉぉ、これは、輪島能登誉じゃないですか。
昨年、輪島の朝市通りの一本裏の蔵元に立ち寄った
清水酒造さんのお酒ですよ。



[地酒番外編 能登誉・千枚田]の続きを読む
  1. 2007/04/19(木) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

サンジュレ

イタリアのアカデミア・サクソフォン4重奏団の新譜が
Dynamic レーベルからリリースされました。内容は
サクソフォン黎明期に、数多くのオリジナル曲を提供した
重要な作曲家である、サンジュレーの作品集です。

有名な4重奏曲はもちろん、ソプラノからバリトンまでのソナタ、
協奏曲、二重協奏曲などが収録されています。

国内流通は近日中のようですが、これは早く聴いてみたい。。


  1. 2007/04/17(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:4

パリかシカゴか

マルティノンシカゴ響を振ったラヴェルの作品集がCD化されました。

マルティノンの小粋さ、カッコよさは、同じくフランスの生んだ
怪盗ルパンにも匹敵すると私は思っているのですが、
その点、フランス系のオーケストラだと音色の華やかさが
また魅力的なんですが、さて、シカゴ響との演奏はいかに?

さすがは世界最強のスーパーオーケストラ(と個人的に思っている)
シカゴ響、ほぼ予想どおり、その機能性が
しっかり発揮された演奏です。

20070416231741.jpg

[パリかシカゴか]の続きを読む
  1. 2007/04/16(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

山菜の季節

今年も直売所に山菜が並ぶ時期になりました。
(つくし程度なら、我が家の前にびっしり生えてますが、、、)

竹の子は人気の的で、山積みされていた竹の子は
私が訪れた開店15分後には残りわずか。

今日は竹の子のほかに、ふきのとう、こごみ、タラの芽を入手しました。



[山菜の季節]の続きを読む
  1. 2007/04/15(日) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:4

夢を実現させた男

Orquesta de la Candaのリハのあと、バンドメンバーでティンバレスのホルヘさんが
長年の夢を実現させて開いたお店になだれ込みました。
その名も「保瑠平」。もんじゃ焼きとタコスのお店です。
場所は千住大橋駅からすぐです。

まだ正式開店前ですが、昨日がプレオープン、今日は
パーカッショニストのペッカーさん他関係者が来ているとのこと。
お店に着くと、中からにぎやかなシェイカーの音が聴こえてきました。



[夢を実現させた男]の続きを読む
  1. 2007/04/14(土) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

In Switzerland

ようやく新しい名刺ができて、関係部署にご挨拶まわり。
夕方は引越し作業。一日肉体労働です。
担当部門の女の子が門出祝い?にクラッカーを鳴らしてくれました。
しかも2発も。時間外とはいえ職場でクラッカーならすなよ(笑

そんな疲れた日のBGMは、PJBEこと伝説の
フィリップ・ジョーンズ・ブラス・アンサンブルの名盤。


[In Switzerland]の続きを読む
  1. 2007/04/13(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

舞い散る桜を

昨日は、新しい職場の歓送迎会でした。
歓迎していただいたのなんて、何年ぶりでしょう。
しかしよく呑みました。みなさん、よく呑み、よく唄います。
結局2次会お開きが日付を回ってました。
今日は仕事大丈夫でしょうか>みなさん


さて、自宅から駅までの間、公園をぬけ中学校の横を通るのですが
だいぶ葉の出た桜の、最後の花びらがそよそよと散る中を歩きます。

ちょっとだるい足取りで歩きながら聴いているのは
ハレ管の自主制作による、バックス、ヴォーン=ウィリアムス
ディーリアスエルガーなどのイギリス音楽集。



[舞い散る桜を]の続きを読む
  1. 2007/04/12(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

東京近郊の地酒32 晴雲@埼玉県小川町

先週買ってきたお酒。東武東上線で池袋から約1時間、
小川町には今も3軒造り酒屋がありますが
私はこの晴雲酒造のお酒が一番好きですね。

晴雲。いい名前じゃないですか。

今回は、にごり酒をいただきました。



[東京近郊の地酒32 晴雲@埼玉県小川町]の続きを読む
  1. 2007/04/10(火) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

150年前の楽器

先日ドルチェ楽器で生の音を聴かせていただいた
関西で活躍されている井上麻子さんのblogで紹介のあった
サクソフォンの発明者アドルフ・サックス製の楽器による
録音のCDが届きました。



[150年前の楽器]の続きを読む
  1. 2007/04/09(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

六本木

にて Orquesta de la Candaのライヴでした。
六本木で夜遊びをしたことのない私ですが
今回のクラブは入口に黒服のお兄さんが立つお店。
店内にはシャンデリア、外人さんもたくさん。
うー、クラブって、こういうところなんですね<おのぼりさん

持ち込みの機材のセッティングに手間取って
食事も水分補給もなしでライヴになってしまったのは
ちょっとつらかった、、が間に合ってよかった。

正直、私自身の出来はかなり、、、でした。すみません。
きっと、場数を踏んでいるプロの方なら、今回のような
あまり演奏に適していないハコでも、きっちり仕事を
するんでしょうね。

まあ、お客さんは(たぶん)楽しく踊ってくれたのと、
たまたま来ていたラティーノのプロパーカッショニスト
(誰でしたっけ?)に、握手して激励してもらったことが救いでした。
このリベンジは、3週間後、仙台のライヴで。。。

ということで、写真は、なしです。疲れた。
  1. 2007/04/08(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

イギリス民謡組曲

といえば、吹奏楽経験者は一度は演奏したことがある
名曲ですが、オケ版が入ったCDを聴いています。

演奏はボールト指揮のロンドン響・ロンドン管他。


[イギリス民謡組曲]の続きを読む
  1. 2007/04/07(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:5

うどんの日々52 なんかん@狭山市入曽

昨日いただいたうどんです。
最近、狭山近辺への出没率が高いです(苦笑

入曽駅前の道をまっすぐ250mほどのところにあるこのお店、
看板には 手打 ここらの田舎うどん なんかん とあります。
落ち着いた感じのお店で、夜は居酒屋になるようです。

カレー汁うどんがかなり気になりましたが
まずはオーソドックスに肉汁うどんをいただきました。



[うどんの日々52 なんかん@狭山市入曽]の続きを読む
  1. 2007/04/06(金) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

桜、菜の花

仕事の後任者がまだ決まってません(怒
何を引き継ぐのかはようやく近々説明がありそうです。

ということで、今のうちにお休みをいただきました。

車で奥多摩から奥武蔵方面へ。のどかな風景は
淡いピンク色の桜や黄色の菜の花で彩られ、
運転しているだけで心が和みます。

のんびり、時々わざと小路に入りこんで、
迷ってみるのもまた楽しいものです。

写真は越生の町の遠景です。

20070406063113.jpg

[桜、菜の花]の続きを読む
  1. 2007/04/05(木) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

アウレリア・サクソフォンQの新譜

アウレリアサクソフォン4重奏団といえば、
アルノ・ボーンカンプ氏がテナーで参加している
オランダで活躍する要注目の団体。

新譜はバンドネオンとピアノが加わった、
ライヴ録音によるタンゴ集です。


[アウレリア・サクソフォンQの新譜]の続きを読む
  1. 2007/04/04(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

番外 能登のお酒 白藤@輪島

能登の地震から10日近く経ちました。

そういえば、昨年の能登旅行で買ったカップ酒が1本
まだ残っていたのでした。応援の意味をこめて
輪島市内の造り酒屋白藤酒造店さんの白菊をいただきました。



[番外 能登のお酒 白藤@輪島]の続きを読む
  1. 2007/04/03(火) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

次なるリクエスト

先日CDを貸した隣の部の部長さん、すっかり上機嫌ですが
フィンランディアにはこだわりがあるようで
合唱入りにダメだしが出て、
結局カラヤンのゴージャス盤でご納得いただきました (^^;

で、次なるリクエストは、シェヘラザード

手持ちは、

 ・チェリビダッケ指揮ミュンヘン・フィル
 ・コンドラシン指揮コンセルトヘボウ
 ・スヴェトラーノフ指揮ロンドン響
 ・ロストロポーヴィチ指揮パリ管
 ・小澤征爾揮ボストン響
 ・カラヤン指揮ベルリンフィル

景気づけのため(iPodで)聞きたい、というリクエストから
音質的に問題のあるチェリビダッケとカラヤン以外の4つを
楽章をひろいながら聞き比べてみました。

スヴェトラーノフ盤の豪快な指揮っぷりにも全く負けずに
機動力を発揮するロンドン響の演奏も捨てがたいのですが
やはりここは王の狂気と対峙するシェヘラザードまで
表現しているコンドラシン盤に軍配。


[次なるリクエスト]の続きを読む
  1. 2007/04/02(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

花見三昧

花見その1
 土曜日、図書館に車で出かけたら、市役所の隣の公園に
 出店が出ているのが見えたので、帰りがけに寄ってみました。
 娘5歳「わたあめ~!」息子7歳「クレープ!」
 ま、おやつタイムですから。。。運転中なので、もちろんお酒なし。


花見その2
 息子7歳、春休みを狙って実家に拉致されました(笑
 実の父母が引き取りに来たのですが、あまりに天気がよいため
 お弁当を買って家の目の鼻先の公園の桜の下で花見。
 このあと運転をひかえているので、これまたお酒なし。
 

花見その3
 いつもお世話になっている某うどん屋さんにて花見の宴。
 娘5歳をつれて参加、ちょうど娘とほぼ同い年のR君が
 来ていて、はじめはお互いちょっとテレはあったものの
 しばらくすると黄色い歓声をあげながら店内を
 走り回ってました。おさわがせしましてすみません。
 一鶴のひな、鳥飯はいただいたものの、
 今回も気がつけばうどんにありつけなかったなぁ。
 花も見てないし(猛爆 よく飲みました。。。。
 お世話になりました>>大将、R君パパ&ママ、みなさま


↓は駅への途中、庭先にライトアップされている桜。
粋なはからいですね。



  1. 2007/04/01(日) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。