スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

夜桜

いつもお世話になっている某店で、花見
ちょうど満開です。
おいしいお酒も食べ物もたくさんいただき、満腹~。
子供がハイになりすぎたので、一足お先に失礼しました。
お世話になりました~>大将、幹事さん、みなさま

ぶっかけうどんさくらの花見
スポンサーサイト
  1. 2008/03/29(土) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

花に出会う季節


うー、なんかカラダが重い。
風邪というわけではなさそうなのですが。。

でも、この時季は、外を歩いているだけで気持ちよくなりますね。
街のいたるところで、桜、桜、桜。。。

新宿中央公園からの桜
  1. 2008/03/27(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

Vincent DAVID氏の新譜

1974年生まれ、ディナン国際コンクール優勝をはじめ、数々のコンテストで入賞している
サクソフォン奏者、ヴァンサン・ダヴィッド[Vincent DAVID]氏のソロの新譜がようやく届きました。

「Dialogue, Chemins, Récit…」


 ベリオ シュマンIV
 ベリオ 5つの2重奏曲
 ブーレーズ 二重の影の対話
 ベリオ 5つの2重奏曲
 ベリオ レシ(シュマンVII)
 ベリオ 4つの2重奏曲
 ヴェーベルン 4重奏曲 op.22

 #ベリオの各2重奏曲は、ヴァイオリンのための23の2重奏曲からの抜粋演奏です。

曲目を見ただけで、その気合の入りようがわかるというもの。

早速聴いてみます。

うーむ、これはサクソフォンの音楽でありながら、
サクソフォンという枠組みを超越してしまっている音楽ですね。
クラシックのサクソフォンといえば、華やかでヴィヴラート派手目の響きを
想像する方が多いと思いますが、ここで聴くことができるのは、もっと無色透明で
直線的、それなのにやわらかさを持つ不思議な存在感のある響きです。

技術的に非常に難しい曲を、困難さの微塵も感じさせない完璧な演奏。
もちろんテンションも高いのですが、不思議なのはテンションの高さと
冷静さが同時進行していているのです。そして、その音楽は完全にカラダの一部として
同化してしまっていて、不自然さを全く感じさせません。

録音で聴いていても圧倒されますが、生で聴いたらホントにブッ飛んでしまいそうな快演です。

フランスのæonというレーベルからのリリース。
レーベルのサイトで試聴ができるほか、iTuneからの購入も可能なようです。
  1. 2008/03/25(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

秩父錦@秩父市(東京近郊の地酒51)

先日カップ酒さんのblogにエントリーされていたお酒がすっごくすっごく気になったので。

秩父錦 霞 無濾過純米原酒

秩父錦といえば、秩父を代表する銘柄。
蔵元の矢尾本店は、秩父を代表する商店、矢尾百貨店のグループ会社でもあります。
ミューズパーク近くに酒作りの森という蔵を構えているので、ぜひお立ち寄りください。
(って私はまだ行ったことないんですが)

肴は、土曜日に揚げたてんぷらの残りを。
フライパンで徐々に加熱して余分な油を落とし、いただきます。
今回のネタは、キス、イカ、小エビ、ワカサギ、ナス、ニンジン、
南瓜、明日葉、こしあぶら、ええとそんなところかな。
時季柄、明日葉とこしあぶらが最高です。
せっかく買っておいたフキノトウを揚げ忘れて、ちょっとショック(苦笑
ワカサギは大量に作ったので、南蛮漬けにしました。

軽めの油料理、このお酒にあいます。美味しくて、お猪口が進んじゃいます。
無濾過純米原酒にありがちなバランスの悪さもなく、安心して美味しいお酒です。
こりゃいいや。
油もお酒も、摂りすぎ用心。。
  1. 2008/03/24(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

咲いた

東京は開花宣言が出ましたが、都心から離れたウチのあたりはまだまだ。
とはいえ、小学校のつぼみはずいぶんふくらんできたようです。

庭の菜の花 咲きました

咲いたのは、我が家の菜の花。ここ数日の暖かさで、いっきに開きました。
家の前の空き地には、ツクシがニョキニョキ。
(夜の車庫入れの時、ライトに映る大量のツクシって、けっこう不気味です。。)
ちなみに、今、我が家の庭に植わってるのは、他にルッコラ、ソラマメ、カブ。
特にルッコラはもともと雑草並の生命力で、一番元気です。
早速今晩の食卓になりました(笑


さて、昨日は「しらこばとサックス4重奏団」無事演奏終了しました。
気がつけば、その場でさらに1曲追加(汗
あいかわらずのニジマスさんのペースに巻き込まれながらも
一緒に楽しませていただきました。
ニジマスさん、ねぇ。さん、MJさん、そして
パーカッションを担当いただいたやまーさん、おつかれさまでした!
今度はウェストサイドストーリ、全部やりましょう!
  1. 2008/03/23(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

鉄分補給

今日もお仕事でさいたま方面。
お仕事のついで(ほんとか?)に、ちょっと足をのばしてみました。
この写真に反応したアナタ、鉄分足りてますか??

越谷レイクタウン駅


こんなものもありました。

越谷レイクタウン駅 バス停


昨日は練習で浦和まで、明日は浦和で本番。
気分はすっかり埼玉県民です。

気がつけば、明日は「ウェストサイド物語」だけでなく
ジブリやらさくら(独唱)とか、いろいろやることになりました(できるのか?<自分

ひやかしにのぞきに来て下さい。
 11時~屋外(ってどこ?)
 14時半~10Fホール
 15時すぎ~どこ?
byしらこばとサックス4重奏団@浦和駅東口コムナーレ の予定です。
共演のみなさま、よろしくお願いしまーす。
  1. 2008/03/21(金) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

つぼみ

寝込んでます。

昨日は大石将紀さんのコンサートに行きたかったのですが、帰らざるを得ず。
今日は念のため休みを取ってゆっくりしてたのですが、午後から寝っぱなしです。

明日はどうしてもはずせない練習があるので、なんとか治ってくれないと。。


自宅の庭の菜の花。隣の畑の菜の花はもう満開ですが
私の家の庭は日当たりが悪いのでもうちょっとかかりそうです。

これまで、畑をバックに家が2軒あったうち、我が家だけ入居してたのですが
お隣さんが引っ越していらっしゃいました。
4月からは、娘6歳と一緒に小学校に通うお嬢さんがいます(娘6歳大喜び)。
そしてハナちゃんというかわいいワンちゃんも。
お隣との間の庭が殺風景なのもさびしいので、早く咲かないかな。。

庭の菜花2008
  1. 2008/03/19(水) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

マンボ!

前のエントリーとも関係するのですが、

「ウェストサイド物語」

まだ一度も見たことなかったんですよ。

音楽聴くだけなら、オーケストラのシンフォニックダンスから
キリ・テ・カナワやカレーラスが参加したバーンスタイン自作自演のCDまで、
自分で吹いたのも吹奏楽の"ニューサウンズインブラス"版から
Boosey版他の編曲、アンサンブルまで、いろいろやりました。

ストーリーも「ニューヨーク版ロメオとジュリエット」ということくらいは知ってましたが
やはりこれは一度は見なければ!

ということで、DVD買っちゃいました。




メロディはほとんど知っているのですが、予想外のシーンで
使われてたりしたのも多くて、いや~、目からウロコです。
有名な「マンボ!」は、ダンスパーティーのシーンだったんですね。なるほど、、、
だとしたら、あまりアップテンポではなく踊れるくらいのテンポで、ボンゴと低音を強調して
ペレス・プラードみたいにゴリゴリ演奏するのもいいなぁ。。なんて思ったりして。
(泥臭いマンボが好きなもので。。)

プエルトリコ移民問題を絡めたストーリーに、曲をつけるというのが、
直情でユダヤの血を引くバーンスタインらしい、、なんて思うのは勘ぐりすぎでしょうかね。

ストーリーが曲の解釈のすべて、とは思いませんが、そうはいっても
解釈の一つの方法としていろいろ参考になります。
DVD、国内版CDと同じくらいの値段で買えるので、
曲は知ってるけどまだ見たことない!という方は是非。
  1. 2008/03/17(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

3/22 浦和にて

さいたま市市民活動サポートセンター(東口駅前、Parcoの上)のフェスティヴァルに
しらこばとサックス4重奏で参加させていただきます。
10階多目的ホールで14:30頃から演奏の予定です。
お近くの方は、どうぞお気軽にお越しください~!

今のところ(苦笑)「ウェストサイドストーリー」抜粋の予定です。
もしかしたら、11時頃から屋外での演奏もあるかもしれません。

イベントチラシはこちら。
http://www.sa-npo.org/pdf/fes200803_2.pdf
  1. 2008/03/16(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

節目

娘6歳の卒園式でした。

これまで3つの保育園にお世話になりましたが、毎日嫌がることなく保育園に通ってくれました。
ひとえに、各保育園の保育士さん、職員の皆さんのおかげだと思ってます。
月並みですが、感謝してもしきれません。

息子8歳が通っていた保育園は公立だったせいか、けっこう質実剛健な卒園式でしたが
娘6歳の保育園は私立、若い保育士さんも多く、羽織袴姿の先生もいて華やかでした。
来賓には衆議院議員さんもみえたりして。。さすが、ご挨拶が上手ですね。
式が進んでいくうち、すすり泣く園児や言葉につまる先生もいたりして、、私は花粉症で涙が。。

こちらの保育園には3年お世話になりました。前の保育園は学年20人くらいだったので
親子ともほとんど顔を覚えてたんですが、こちらはクラスが40人近いので
とてもみんなの顔と名前を覚えられず。朝保育園で顔を合わせる
お父さんお母さんくらいしかわからなかったのが残念です。

ま、まだ月末まではお世話になるのですが、ひとつの節目を通過した、と実感しました。


夜は謝恩会。40名近い子供たちとその親、100名以上の大宴会。
いやー、子供たち、テンションがあがります。うるさいうるさい。
乾杯にもってくまでが一苦労です。
司会進行組が(うちの奥さんを含め)コスプレだったのが激謎(笑

たまたま同じテーブルだったお父さんお母さん方のほとんどが、
勤務場所がごくごく近所であることが判明しました。(半径数百m以内。。)
昨日は出勤途上の電車で目撃されてたようです、、、ご近所おそるべし。
酔った席のお約束ではありますが、近々勤務場所近くで呑みましょう、と
名刺や携帯番号を交換してたりしました(笑

引っ越してきてから、なかなか地元の方との接点がないのですが
こういう繋がりは大切にしたいものです。実現するといいなぁ<宴席


↓写真は本文と全く関係ありません。今朝保育園に向かう途中、道端に咲いてました。

道端の水仙
  1. 2008/03/15(土) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

ショスタコーヴィチの5番

SDAさんのblogでショスタコーヴィチの5番の話題が出たのを受けて。

好きなクラシックの作曲家の3本指にはいるショスタコーヴィチですが
有名な交響曲第5番は30枚近いのCDを持っているのに
いまだにこれぞという演奏に出会っていない気がします。

全集だとコンドラシンの演奏が好きなのですが、5番の演奏にはあまり魅力を感じません。
ムラヴィンスキーの東京公演(Altus盤)はすばらしい演奏だとは思うのですが
一度聴くとその集中力の高さに、お腹いっぱいになっちゃうんです。

で、一番よく聴いているのは、アルヴィド・ヤンソンス指揮レニングラード・フィルの
1971年ロイヤル・アルバート・ホールでのライヴ録音です。

ショスタコーヴィチ5番 A.ヤンソンス

アンサンブルはかなり破綻してますが(たとえば4楽章のテンポが落ちる前がグシャグシャ)
曲の多面的な要素を過不足なくストレートに演奏しています。
でも、けして必要以上に張り詰めた雰囲気が漂っているわけではありません。
ムラヴィンスキーと同じオケなのに、指揮者が違うとこんなに違う、、、という例です。


残念なのは、、この盤、おそらく海賊盤なんですよねぇ。。
イタリアの inta'glio というレーベル。ここ数年、見かけたことがありません。
同じコンビの演奏の日本公演の録音が Altus からリリースされているようですが
気になりつつまだ聴いていません。そもそも8番や15番の方が好きなので
買うんだとそっちを選んじゃいますねぇ。中古で見かけたら別かも。


ところで、この交響曲に「革命」というサブタイトルがついているのを見かけますが
正式な表題ではなく、インパクトのあるタイトルをつけて目を引こうとする
商業主義の香りをプンプン感て、どうも好きではありません。
ショップで手にしたCDに革命の字があっただけで購入意欲は萎えます(笑

そういえば、昔某大学アマチュアオケがこの曲を演奏した時に
ハープに吉野直子さんが入っていたことがありました。
3楽章はもちろん、4楽章のゆっくりした部分でのハープが泣けるほど美しくて
オケがかすんでしまったのが強烈に記憶に残っています。
  1. 2008/03/13(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

一休@埼玉県北本市(うどんの日々72)

諸事情により、埼玉県の北本市まで来ました。(理由はおいおい)

昼時、通りすがりにうどんの暖簾が見えたので、吸い寄せられるように
駐車場に入ってしまいました(苦笑

ファミレスのようなかんじのお店ですが、入口脇に麺の打ち台があります。
メニューを見ると、武蔵野うどんの定番、肉汁がありません。
意識的にはずしてるのかな? 回りを見ると、おすすめメニューのサラダうどんや
ゴハンとのセットをオーダしている人が多いようです。
ちょっと迷いましたが、きのこ汁うどんをオーダしました。

一休@埼玉県北本市 きのこ汁うどん


小皿のコンニャクが濃すぎず薄からず、いい味です。

うどんは、わずかに小麦の香りを感じます。
コシもつよくはないものの適度にプルンというかんじです。
特別においしい!というわけではありませんが、安心して毎日食べられる味です。

一休@埼玉県北本市 きのこ汁うどん


食後に、セルフサービスのコーヒーをいただけるのが
カフェイン中毒患者にはありがたいです(笑

でも、北本市、うどん、といえば、やっぱり田舎っぺうどん。
このあと、さらに連食したのはココだけのヒミツです。

手打ちうどん 一休 (うどん / 北本)
★★★☆☆ 3.0


  1. 2008/03/11(火) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

菊盛@茨城県那珂市(東京近郊の地酒50)

先日茨城で買ったお酒です。

茨城県もおいしいお酒を醸すお蔵が多いのですが、
その中でも好きなのが、水戸から程近い、那珂市の木内酒造さんのお酒です。

主力銘柄「菊盛」よりも、最近では地ビールの常陸野ネストビールのほうが
有名かもしれません。

今回は、この時季ならではの、にごりの生酒「春一輪」をいただきました。

木内酒造 菊盛 春一輪


甘さよりもキレのよさを感じる軽快さは、春の淡雪か散りゆく桜を思わせます。
軽く発泡していて、鍋などにもあいそうです。

今日の肴は、これも先日那珂湊で買ってきた、エイの煮漬け。煮こごりですね。
ゼラチンたっぷり。見てくれはアレですが、酒が/ゴハンが進みます。

那珂湊で仕入れたエイの煮漬け



  1. 2008/03/10(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

今度こそ玉砕

先日受験した漢字検定の結果通知が送られてきました。
息子8歳は無事合格でしたが、私は予想通りの不合格。
書き取りが壊滅状態だったのが致命的でした。
字そのものはわかっているので、止める、はねる、といった
「きちんと書けるか」の部分で引かれているようです。

ということは、この先もちょっとやそっと勉強しただけではダメで
「書く」という作業を根本的に変えないと、ということらしいです。
この先、検定を受けてもダメそうだなぁ。。

ということで、今日はヤケ酒(嘘

たなばた 芋焼酎

  1. 2008/03/09(日) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

狛江でフランス

夕方の予定が急遽あいたので、行きたかった演奏会へ行ってきました。

矢崎彦太郎指揮 東京シティフィルハーモニック @狛江エコルマホール

 ラヴェル 組曲「マ・メール・ロワ」
 イベール サクソフォンのための室内小協奏曲
 ビゼー  「アルルの女」(原典版・抜粋)
 ビゼー  「カルメン」第1組曲、第2組曲



イベールのサクソフォン・ソロは波多江さん!(もちろんアルルの女にものってました)

マ・メール・ロワというガラス細工のような精緻な響きを要求される1曲目、
ホールのせいか響きが乾いているように感じてあれっ?と思ったのですが
曲の後半にかけてだんだん響きに潤いとツヤが出てきました。

イベールの、さらに精緻な歯車のような巧妙な響き、
アルルの女「原典版」のなぜか低音偏重の弦楽器の響き、
よく聴いていると細かいところにこだわりを感じさせます。

休憩後のカルメンは、もちろん有名なメロディのオン・パレードです。
私、つい、音楽を分析的に聴いてしまう悪い癖があるのですが
これだけ楽しいメロディに、矢崎さんの踊るような指揮、とくれば
もう聴いて楽しまなければもったいないでしょう。アンコールの
メヌエット(アルルの女、原典版にはなく)まで、Happyな気持ちで聴いていました。

ロビーでは Thunderさん、銀次さん、とりさん、豊島4号さん、Jasmineさんに
遭遇しました(予想の範疇とも ^^;)
終演後、数人で楽屋におしかけ波多江さんにご挨拶。
いつも思うのですが、握手する波多江さんの手、大きい (^^;
久しぶりの生オケ演奏会、楽しませていただきました。
  1. 2008/03/08(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

何年ぶりだろう

このところ仕事で月数回さいたま方面に出かけてるわけですが
せっかくならご無沙汰しているさいたま方面の知人を呼び出して、、、
ということで、宇都宮線沿線在住のM1氏と、高崎線沿線在住のM2氏と
大宮で呑みました。

2人ともかつて楽器関係の某メーリングリストのお仲間。
一時期は一日数十通のメールが飛び交ったMLも今や限りなく塩漬け状態で
顔を合わせる機会も少なく、かろうじて年賀状や結婚・出産・転居の連絡を
とっているくらい。少なくとも、5年以上会ってなかったんじゃないかな?

私以外SNSやblogなどもやってないので、年賀状の数行くらいしか近況は知らないのですが
久しぶりに会ったと思えない距離の近さが不思議です。
かつてのメンバの話から職場の愚痴まで、あっという間の楽しい2時間でした。

残念ながらもう1人声をかけたメンバーは来られませんでしたが
まだまださいたま方面でのお仕事は続くので、次の機会を設ける予定です。

さいたま方面ではご無沙汰している知人が何人もいるので
そのうち他の知り合いにも会いたいなぁ。。
  1. 2008/03/06(木) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

京急

ヲタネタですみません。

ようやくwwwサーバが復活し、先月から取り掛かっていた
京浜急行バス(グループ)の非公式時刻表をアップしました。

http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/bus/kq/index.html

今回は表紙写真を京浜急行バスファンのページ ノクターンの管理人さんのご好意でお借りしました。
またPLせつなさんには一部時刻情報を提供いただきました。(という今までにない他力本願状態)
この場を借りて御礼申し上げます。

趣味的要素が強い時刻表ですので、実用に足るものとは思ってませんが
興味ある方はのぞいて、叱咤激励罵詈罵倒していただければ幸いです。
  1. 2008/03/05(水) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

つるし雛

本家サイト(http://www.iwakami.en.jp/~mcken/)ですが、
数日前からダウンしているようです。すみません、気づいてませんでした。

復旧依頼中です。しばらくお待ちください。
大学の後輩の好意でサーバにデータを置かせてもらってるので
管理してくれている後輩にはいつも申し訳なく思ってます。

そろそろ、レンタルサーバでも借りようかしら。
お勧めのレンタルサーバのサービスプロバイダなど、
教えていただけると幸いです。


これだけではナンなので、ひな祭りの日にふさわしい写真を。
週末出かけた、茨城県の笠間では、桃宴と題して
市内のいたるところでお雛様が飾られているのを見ることができました。

店先のショーケースに飾られていたお雛様を見ていたら
中へどうぞー、と声をかけていただいたり。

笠間 桃宴にて 吊るし雛
  1. 2008/03/03(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

茨城2

魚市場。市場というと、アドレナリンが上がります(笑

那珂湊の魚市場


市場で食事。回転寿司でも、鮮度は格別。

那珂湊の回転寿司
  1. 2008/03/02(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

茨城1

大洗にて、鮟鱇鍋を囲んで宴会。
旅の酒はいいものです。

大洗にて
  1. 2008/03/01(土) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。