スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

渡し舟、バス、小麦粉三昧

天気もよかったので、息子8歳と車でお出かけ。

家を出たときは秩父方面に向かうつもりだったのが、気が変わって(笑 先月開通した圏央道の鶴ヶ島JCT~川島を経由して、熊谷へ向かいます。駅南口の駐車場に車を入れ、北口に回ると、ちょうど停まっていた葛和田行のバスに乗りました。バスの終点の葛和田は、利根川の河川敷に折返場があります。

 「ラグビー見に来たの?」

 「船に乗ろうと思って」

 「じゃ、その黄色い旗をあげると、来てくれるよ」

そう、ここには、利根川に残る数少ない渡し舟「赤岩渡船」があるのです。

息子8歳が旗を高く上げると、向こう岸から船が動き出しました。見る見る船が大きくなり、15人のりの小型船が船着場に接岸しました。
船に乗り込んだのは私たち2人と、おじいさんと2人のかわいいお孫さん。乗船時間はわずかですが、青空の下、心地よい風が吹く中、お互いにシャッターを押したり、和やかな時間をすごしました。

川を渡ったところから、振り返って一枚。

赤岩の渡し


たらたらと千代田町役場まで歩き、ちょうど太田行きのバスがあったので乗りこみます。途中の大泉町は人口の15%ほどがブラジル人を中心とした外人さんということで、なるほど歩いている人もエキゾチックな顔立ちの方が多いし、信号待ちの間にはブラジル系らしい小さな男の子がコーラを持ったお父さんに「バスに乗ってみたい、、」と訴えてるのが見えました。そんな男の子に、運転手さんと息子8歳はニコニコ手を振ってます。

太田に到着。熊谷行きのバスを待つ間に、たこ焼きで小腹を満たします。

再び熊谷に戻ると、2時近く。本格的におなかも空いてきたので、車で街中を走っていて目についたお店に入ってみました。何十年も変わってないような雰囲気のお店は「石井食堂」です。

石井食堂 熊谷駅近く


レトロな雰囲気の店内で、おばちゃんにフライやきそばを注文。しばらくして出てきました、熊谷名物フライ、そしてやきそば

石井食堂のフライ


石井食堂の焼きそば


息子8歳、初めて見る「熊谷の」フライに興味津々。まあ、要するにネギ焼きみたいなものですが、ハフハフ、おいしくいただきました。いただいたのはしょうゆ味のようでしたが、あとから入ってきた親子が「食べていくのはしょうゆ味、持ち帰りはソース味」なんて注文をしてたので、選べるのですね。やきそばも、ご覧のとおりやっぱり独特、これも息子8歳と一緒においしくいただきました。

しかし、たこやき、フライやきそば、と、小麦粉+ソース三昧。のどがかわいてきたので、帰り道、道の駅いちごの里よしみで梅ドリンクといちごソフト。

思いつきで出かけたわりには、かなり充実したドライブになりました。

 
 #今回はたまたまバスの乗り継ぎが上手くいきましたが、バスは本数が少ないので、事前に調べてからのお出かけをおすすめします。
スポンサーサイト
  1. 2008/04/29(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

またまた週末記録

どうも、週末はゆっくりパソコンに向かう時間が少ないです(謎

土曜日

 ・朝一番で、子供たちをピアノのレッスンに連れて行く。

 ・帰宅後、すぐに本日オープンした大型ファーマーズマーケット
  (要は直売所の大型盤)セレサモス川崎へ。
  http://www.jaceresa.or.jp/ceresamos/ceresamos_top.htm
  麻生区黒川の直売所は、隣りの市に住んでいた独身時代から
  足掛け10年以上通って新鮮な旬の野菜を買っていたのですで
  いろいろな意味で感無量。。なんてちょっとセンチになっていると
  駐車場は満杯、付近の道路は大渋滞。臨時駐車場に車を停め
  ようやく向かうもお店に入るのに大行列。結局40分くらいかな、
  意地で待ちました。今までのお店は黒川近辺産だけでしたが
  新しいお店は川崎市内全般のものを取り扱うようになったようです。
  ついあれもこれも買い、さらになぜかおいてあった沖縄そばの乾麺や
  沖縄麩をまで買ってしまいました。麩は昼ご飯に早速卵とじに。

 ・夕方、娘6歳の元保育園関係の呑み会。
  オトナ15名、子供15名、計30名の大宴会です。
  結局2次会終了の11時過ぎまで脱落者なく(子供数名若干就寝)
  にぎやかに過ごしました。幹事のSさん、お声かけありがとうございました!  

日曜日

 ・昨晩の遅い就寝にもかかわらず、朝からパンを焼きます。
  最近、息子8歳は週末に1回は自家製あんぱん、娘6歳は変わりパンがないと
  スネます(笑 今日の変わりパンはナイドル(ポケモン)を作ったつもりだったけど
  発酵して膨らんだ結果あやしげな造形物に(笑 パン屋さんのすごさを痛感します。

 ・昼、奥さんがM市にお出かけのため片道代行運転(笑
  帰りはバスで駅に出ようとしたら、ちょうど行ってしまったところで
  40分待ちも馬鹿らしいので、別の停留所まで歩き、H駅まで。

 ・とても疲れてしまい(笑 夕方ひと寝入りしてから、夕食の準備。
   -のらぼうのホワイトソース
   -ウドとニンジンのきんぴら
   -鶏のオーヴン焼(庭のセージで香りづけ)
   -セリのおひたし
   -冷奴
   -ナメコと油揚げの味噌汁
   -筍ごはん

  味噌汁とホワイトソースは、娘6歳に指示して作らせました。
  少しづつ、料理が出来るように育てたいなぁ。。
  1. 2008/04/28(月) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

掘り出しもの

先週の江古田でのライヴの待ち時間、いつものように
ブックオフ→ココナッツディスクと徘徊し、
ついついCDを買ってしまいました(爆 だって、安いんで。。
たとえば、ジャン=ミシェル・ダマーズのピアノ作品集がなんと630円!!
これだから、ココナッツディスクに通っちゃうんですよ。。




ダマーズというと、サクソフォンはもちろん、フルート、ハープあたりの曲が
思い浮かぶのですが、それ以外の曲って、そういえば聴いたことなかったなぁ。。

このCDから聴こえてくる演奏は、タッチは明確で
小粋さや、時々聴こえてくる小悪魔的な響きは、たしかにダマーズの音楽。
コーヒー片手におしゃべりでもしながらゆっくり聴きたい音楽です。
これはいい買い物をしました。

また、江古田に行ったらお店に寄っちゃうだろうなぁ。。
  1. 2008/04/25(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

電子ブック

詳しい方、教えていただきたいのですが、

ウェブサイト上にある Adobe Flash Player で閲覧できる電子ブックを
PCにダウンロード・保存する方法ってないんでしょうか?

某バス会社の時刻表が電子ブックでてきてるようで
これを保存しておきたいのですが。。
印刷も出来ないようなので、保護がかかってるのかなぁ。。

http://www.chikuma-bus.co.jp/chikumabus0803_4/index.html

ちなみに、この会社、昨年までは png 形式で時刻表を提供していたという
なかなか気骨?あるサイト運営をされてます :-)

というわけで、わかる方、Help!
  1. 2008/04/24(木) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

桑の都@八王子(東京近郊の地酒53)

都内には、酒造組合に加盟しているお蔵が12社ありますが
うち2社は休業中、自醸をしていないお蔵が1社あるので
いわゆる造り酒屋が9軒になってしまいました。

まだがんばられている9軒のうち、名前が一番好きなのは「桑の都」です。

桑乃都(小澤醸造場)本醸造

桑の都とは、もちろん八王子の別名。気取らず、媚びず、いい名前です。
今も甲州街道沿い、陣場街道との追分近くに事務所があります。
斜向いにあった「月丸」の西岡酒造さんは数年前に福井に移転されてしまい
(今では形見のように?月丸の利き猪口でお酒をいただいています)
今は桑の都の小澤酒造場さんだけになってしまいました。

今日は、桑の都の本醸造を、ぬる燗で。ごく普通のお酒ですが、
お燗で味が開いて、香りが食事の邪魔をせず安心して飲めます。

桑乃都、最近あまり元気がないような気がしますが、気のせいでしょうか。
まだまだ、おいしいお酒を送り出してほしいものです。





さて、普段の私の呑み方。

自宅では、ほぼ毎日、日本酒を晩酌していますが
普段は一升3千円未満お酒を呑んでいます。今回のお酒は2千円弱。
吟醸とかお値段の高いお酒は、そりゃもちろん美味しいですけど
毎日がハレの日であるわけがなく、それに美味しすぎて
呑み過ぎちゃう(そして食べ過ぎちゃう)ので、自主規制してます。
いや、単にフトコロ事情だというハナシもありますが。

ま、そんなこともあり、吟醸酒などより、純米、本醸造クラスの
お酒に興味があるのです。だって、世の中のフツーのおとーさんが
家で晩酌するのは、このクラスのお酒ですから。
(私もフツーのおとーさんですから。)

問題は、晩酌の時間ですね。帰宅して、いろいろやってから晩酌。
平均23時、遅くて24時近くスタートでしょうか。たいていCDを聴きいて
PCいじりながら、です。あー、これは良くない。でも、軽い(???)晩酌で
その日のストレスを飛ばし去ってるのも事実なので、やめられないです。
はい。末期的症状です。
  1. 2008/04/23(水) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

アリア

日本の誇る世界的クラシカル・サクソフォン奏者であり
東京佼成ウィンド・オーケストラのコンサートマスターでもある
須川展也氏の新しいCD「アリア」を早速買ってきました。(正式な発売日は4/23)
オケは金聖響指揮東京交響楽団、ハープは朝川朋之さんのクレジットになっています。




サン=サーンスやベルリーニ、プッチーニなどのオペラのアリアに加えて
モリコーネの抒情的な「ガブリエルのオーボエ」、フォーレのレクイエムからの抜粋、
さらに日本人の作編曲によるオリジナル曲が演奏されています。

須川さんといえば、よくコントロールされた美しい音色と
歌いこみながらも品を保つ(あるいは意図的に崩す)
そのバランス感覚が天才的だと思うのですが
アリア=歌は須川さんの長所を十二分に発揮できるはず、という
期待どおり、みごとな演奏です。

もちろんクラシックの演奏としてもすばらしいのですが、
「トゥーランドット」などのメロディが歌心たっぷりに演奏されているので
クラシックになじみのない方が聴いても十分楽しめるでしょう。

まだ一度とおして聴いただけなので、さらに聞き込みたいと思います。
  1. 2008/04/22(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

おつかれさまでした

Orquesta de la Canda のライヴ、無事終了しました。
ご来場のお客様、対バンのOrquesta De ごじゃるさん、
ありがとうございました&お疲れさまでした。

いやー、ごじゃるさんの音、宇都宮以来半年ぶりでしたが
いいですねー。
選曲も楽しくて、思わずクラーベ打ちまくってしまいました。

今回が de la canda デビューの、まりーな嬢のヴォーカルも
よかった~。新しい de la canda の扉が開いた気がします。

それにしても、今週はずいぶん「予習」しました。
通勤の往復で、ひたすらデモ音源と楽譜をにらめっこ。
しかし、やっぱり自分の課題はアドリブだなぁ。。

とりあえず、最後のデスカルガは盛り上がって、
終演後のビールが美味しかったこと (^^;
日付を大幅に超えて家までたどりつきました。明日は大丈夫か??

次回は7月、再び江古田で。また、がんばりましょう!
  1. 2008/04/20(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

低音ファン向けニュース

ニューヨークとフィラデルフィアで、こんなすばらしいコンサートがあるようです。


- LOW BLOW - Music for Four Baritone Saxophones

  NEW YORK CITY
   Friday, April 25, 2008 @ 7:30 p.m
   Tickets: $21

  PHILADELPHIA
   Saturday, April 26, 2008 @ 7:30pm
   Tickets: $35 for ages 18-30 and artists; $75 per individual; $125 per couple


PROGRAM

  The Low Quartet (1985) - Michael Gordon
    for four baritone saxophones

  Been There (2008) - Matthew Levy (World Premiere)
    for tenor and three baritone saxophones

  Slow and Low (2008)- Roshanne Etezady (World Premiere)
    for four baritone saxophones

  Spleen III (1994/2001) - Olga Neuwirth
    for solo baritone saxophone

  Tent of Miracles (1984) - Martin Bresnick #
    for solo baritone saxophone and three baritone saxophones

  Duo Sonata (1977/1994) - Sofia Gubaidulina
    for two baritone saxophones


by PRISM Quartet   http://www.prismquartet.com/concerts.html


うぉぉぉぉぉ。
ば、ばりとん4本ですよ!

  1.あ、あの、ニューヨークへ行ってきていいっすか?
  2.そ、それがダメなら、誰か日本へ招聘して~??
  3.それもダメなら、ライヴのネット中継やって~!!
  4.そ、そ、それでもダメなら、DVDorCD化してくれぇぇぇ~!!!!!
  5.それも、それもダメなら、誰か行ってきてレポートして~~


とりあえず、こちらで # の音源の一部を聴いてガマンするです。

http://cts.vresp.com/c/?NewSoundsMusic/a61e9f2980/8da248025c/ba3deb1562

  1. 2008/04/18(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

野口製麺所@東村山市(うどんの日々74)

既に一昨日のことになってしまいましたが
上福岡から鶴瀬に回ってから東村山に(謎
せっかくなので久しぶりで野口製麺所に立ち寄りました。

武蔵野うどんのメッカともいえる場所で、あえて讃岐うどんのお店。
こちらのお店も、既にマスコミなどですっかり有名で
同席した方も昭島や相模原から来られているようでした。

限定20食のよもぎうどんが気になって、
もりうどんとよもぎうどんの両方を頼んでしまいました(爆

ふきのとう天、よもぎ天を取って、屋外の席でのんびり待ちます。
ちょっと時間はかかりますが、心地よい風を受けて花を眺めてると
待ち時間も気になりません。

出てきました、もりうどん。

東村山 野口製麺所 つけ


こちらは、よもぎうどん。(ワカメにピントがあっちゃいました 汗)

東村山 野口製麺所 よもぎうどん


先にいただいた條辺のうどんと比べると、すこし穏やかな
肩の力が抜けたような感じがします。これはこれでおいしいですね。
キリリとしたツユに、小麦の香りが広がります。

このお店は多分4度目くらいだと思いますが、
農家の庭先でいただくような雰囲気もあわせていいお店です。
できればビールでも飲みたいところですがそこはぐっと我慢。
デザートの誘惑も(笑 のんびりお散歩ついでに寄ってみたいなぁ。

お店でのんびりしてたら、小学校の保護者会の時間ぎりぎりになってしまいました。
もともと、保護者会のために仕事を休んだのに、遅れてはたいへん。
あわてて小学校に向かい、ぎりぎり間に合いました。ふぅ。。

野口製麺所 (うどん / 東村山、西武園)
★★★★ 4.0


  1. 2008/04/17(木) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

銀河鉄道

ニュースで見た方も多いと思いますが、趣味が昂じてバス会社を立ち上げたという
銀河鉄道が、ついに小平・東村山に路線を開業されました。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080406-00000126-mailo-l13

これは一趣味者の視点としては、ほんとうにすごいことです。
是非、地元とともにがんばってほしいものです。

あまりにお忙しいせいか、自社サイトの更新ももう長いこと止まったままのようです。
微力でも応援できれば、ということで、
非公式時刻表と、時刻表入りkmzファイルを作成しました。

 以下の目次ページ http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/bus/gintetsu/index.html
 時刻表 http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/bus/gintetsu/GinTetsuBus200804.pdf
 kmzファイル http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/bus/gintetsu/GinTetsuBus200804.kmz

既に alpslab には以下の路線図を投稿済みです。

小平学校線


青葉恩田町線


以上はすべて、銀河鉄道さんにまったくことわりなく
勝手に個人で作成しているものです。
くれぐれも同社へのお問い合わせはされないようお願いします。

銀河鉄道さん、ますますのご活躍を期待して。。。。


4/17追記 銀河鉄道さんのサイトに、時刻表等アップされました。
結果として勇み足にはなりましたが、気長に応援して行きたいと思います。

  1. 2008/04/16(水) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

條辺@埼玉県ふじみ野市(うどんの日々73)

昨日ふじみ野市上福岡にオープンしたばかりの讃岐うどん屋さん。

友人O氏のレポートや、all-about の蓮見さんのレポートも出ましたが
私も早速訪れました。

7時から15時までの営業という讃岐スタイル。
訪れたのは10時前でしたが、お祝いの花に囲まれたお店はお客さんでいっぱいでした。

上福岡 條辺

うん、冷たいかけ、讃岐の味がします。特にダシ。これはウマイッ!
って、香川で数軒しかうどんを食べたことのない私の発言に説得力はありませんが
八王子の某うどん店の味にかなり近い気がします。
麺もコシがありながら、クニュっと伸びるあたりが絶妙。
今のところ埼玉で1番というO氏のコメントも頷けます。

元投手というご主人の経歴のせいか、オープンの様子がテレビで流れたり
マスコミ受け要素は十分ですが、それだけではなく、ちゃんと実力のあるお店です。
オペレーションが安定すれば、最強でしょう。


上福岡、20年近く前、このあたりの吹奏楽団をお手伝いしてたことがあり
親しみを感じる街です。何度か、この街で夜を明かした懐かしい記憶が
よみがえってきました。南口はずいぶん変わってしまいましたが、
お店のある北口はあまり変わってなくて、なぜだかほっとしました。



  1. 2008/04/15(火) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

完了!


自宅の無線LAN化完了!

知る人ぞ知る、FON です(激謎
懸念していたスピードも、これまでの有線LANと比べて
ほとんどストレスありません。セッティングも簡単~。

無線LAN化完了
  1. 2008/04/14(月) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

週末記録

土曜日

 昼から、来週のライヴに備えたOrquesta de la Canda のリハでした。
 何気に久しぶりの演奏で、忘れている(カラダが覚えてない)曲が多く
 あせる(爆 日々イメトレに励まなければ!

 いったん帰宅し、楽器を置いてから(高速代ケチらなければ1時間で帰れるのね、、)
 "「酒房 ひのき」で多摩の地酒を愉しむ会"に出かけました。
 私はみなさんと初対面、しかもメンバの多くは花見イベントからの流れということで
 すんなり入り込めるかちょっと不安はありましたが、まったく大丈夫。
 小一時間もするとすっかり和やかな雰囲気に混ぜていただきました。
 みなさま、楽しいひと時をありがとうございました~!!

日曜日

 朝食用のパンを焼き、早々に野菜の直売所に向かいました。
 お目当てはもちろん、タケノコ。今シーズン初のタケノコを無事ゲット。
 ついでに、コゴミ、たらの芽も入手して、思わず顔がほころびます。
 あっぱれ、東京(正確には半分神奈川^^;)の里山!

 当然、夕食はタケノコ三昧(若竹煮、酢の物、炊き込みご飯)+山菜の天ぷら
 それになぜか鶏唐あげ。タケノコはともかく、メタボな食卓です(苦笑
 買ってきた山菜のほか、冷蔵庫に眠っていた市内産のふきのとうと
 近隣産のウドも登場し、なかなか豪勢な山菜天盛りになりました。
 これだから、一向に痩せないんだよな。。。
 
  1. 2008/04/14(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

オリジナルを聴いてみた

先日の演奏会で印象に残った、サクソフォン2本による
ハルヴォシェンの「ヘンデルの主題によるパッサカリア」、
久しぶりでオリジナルのヴァイオリンとヴィオラによる演奏を聴いてみました。

ハルヴォシェン(ハルヴォルセン)作品集
カーステン・アンデルセン指揮 ベルゲン・フィル 他

ハルヴォシェン作品集


パッサカリア以外はオケ曲。ハルヴォシェン自身がヴァイオリニスト出身で
歌劇場の指揮者として活躍した経歴からか、弦楽器の響きをうまく扱った
風景が目に浮かぶような曲が多いです。

件のパッサカリア、弦楽器ならではの重音やアクロバティックな動きも多く
これはCDでも十分楽しめますが、生で演奏者の丁々発止を聴いたら
思わず盛大に拍手したくなっちゃいますよ、きっと。

先日聴いたサクソフォン2本の演奏も、オリジナルにも劣らず
曲の魅力を十分に引き出したものだったことを、あらためて感じました。
  1. 2008/04/11(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Liveのご案内!

おっと、気がついたらライヴまであと10日ほどですので
ご案内させていただきます。

今回は新女性ヴォーカルのマリーナ嬢が初登場。
強力にご期待下さい!(日本語がヘン、、、、なのはいつもか

(以下デラカンダ公式サイトより)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

久々のサルマニで、新生デラカンダがはじけます!!
今回は宇都宮の凄いサルサバンド、Orquesta De ごじゃるさんとの共演です。

Salsamania !
日時:2008/4/20(日)18:30open / 19:30start
(デラカンダの出演は20:50~)
場所:江古田Live House Buddy
出演:Orquesta de la Canda, Orquesta De ごじゃる
チャージ:前売2300円、当日2500円(ドリンク別)

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<


それにしても今朝は、中央線は止まる、振替輸送の電車も遅れる、いやー大変でした。
ま、座れたので、ディーリアスを聴きながらまったりしてたのでいいんですけど。ええ。
職場へは1時間少々遅れて着きましたが、まだ私はよかったほうらしいです。
隣駅ユーザの後ろの女の子は、線路を歩かされて結局休暇とっちゃいましたし。
ま、これくらいで驚いてちゃ、ディープな中央線ユーザとはいえません(笑
帰りも、しっかり振替輸送票を使わせていただきました。
  1. 2008/04/10(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

世の中狭いぞ

職場の隣りのグループの長老氏がジャズ吹きで、しかもソプラノ、アルト、
バリトンサックスを所有してて、今度アメセルの楽器を買い換えようかなんて
マニアックな会話をしてたのですが、

 「今度、吹奏楽の演奏会に出るから」

とチラシを渡されました。
なんでも、前の職場の吹奏楽団のOBステージにのるとのこと。
え、この方、前の職場って、ソニーじゃん。ってことは。。。
ソニー吹奏楽団チラシ


以前、私も前の職場で吹奏楽団に入ってたのですが、
東京都職場吹奏楽連盟の合同練習会には毎年参加し、
会場のソニー吹奏楽団さんの練習室にも何度かお邪魔してたのです。

200人近い?以上?の大編成で(サックスだけで20人はいたような気が)
其の界では有名な秋山先生や、遠山先生、故鈴木先生などの指揮で
合奏を楽しませていただきました。もちろんレセプションもあり
都の連盟加盟各団体の方々とも仲良くさせていただきました。
吹連幹部の方々とも、連盟を積極的に盛り上げてきましょう!と、
とても前向きに話をしたりして、いやー楽しかったですね。

それももう今から十数年も前のこと、まさかそのとき一緒に吹いていた方と
全く別の会社で一緒に仕事をするなんて。。不思議な縁です。
それも、私が異動してきてから1年経ってようやくわかるというのも。。

演奏会は5月17日、五反田ゆうぽうと。是非伺いたいです
  1. 2008/04/09(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

月の井@大洗町(東京近郊の地酒52)

ちょっと前になってしまいましたが、茨城に行ったときに
買ってきたお酒をいただいています。

海辺の町、大洗の月の井酒造店のお酒、月の井です。

月の井 蔵酒


実にバランスよく味がのってて、美味しいです。
もっと甘かったり、酸がきいていたり、個性的なお酒が好きな私ですが
このお酒の中庸さは、万人に好かれる美味しさですね。

海の幸をいただきながら、豪快に呑む、、、というのがこのお酒の正しい呑み方のような気がします。
が、そんな贅沢はできないので、今宵はベビーホタテの塩焼きに
新タケノコ、新コゴミで季節の滋味を楽しみました。
ささやかな幸せ~
  1. 2008/04/08(火) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

若干鉄分

先月開業した、日暮里舎人ライナー、、、、、、



ではなく、


国分寺市のコミュニティバス、ぶんバス西町循環に、
息子8歳といっしょに乗ってきました。

ぶんバス西町循環


国分寺市のコミュニティバスなのですが、発着は国立駅です。
そう、駅の北側は、すぐ国分寺市なんですね。

一周20分ほどの間に20回も道路を曲がる、
しかもかなり細い道を走り回る、マニア垂涎のルートです(笑
鉄道研究所の脇をすり抜け、畑を眺め、住宅街をクネクネ進み、

http://route.alpslab.jp/watch.rb?id=c8a4f96a757600637e3601ec635fd19d

ということで、オチはありませんが(爆
  1. 2008/04/06(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

自転車日和

天気がよいので、息子8歳の希望で自転車でちょっと遠くまで。
地図好きの息子8歳、事前にルートの検討に余念がありません(笑

多摩川沿いには気持ちのよいサイクリングロードがあって
気持ちのよい風を受けながらのんびり走っていきました。

はらはらと散る桜や、水面に憩う水鳥や、鉄橋を疾走する電車や、
いろいろなものが目に入ります。(脇見運転はキケンです。)

多摩川沿いのサイクリングロード


聖蹟桜ヶ丘近くの川原でちょっと休憩。
大きな桜の木が一本、空に向かって花を咲かせていました。
こんなに広い空を見たのは久しぶりです。

聖蹟桜ヶ丘の桜


本日の走行距離約16キロ。お疲れさん>息子8歳
  1. 2008/04/05(土) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

仲のよさは音に出る

今日は朝から大忙し。正しく言うと移動で忙しく、
まず出社して東京の西へ、いったん職場に戻ってから今度は神奈川へ。
そこでめでたく解放となり、今度は都内を横断し浅草へ。
ところが、目的地の台東区生涯学習センター、微妙に駅からも遠く
到着する頃にはかなり疲れました。。ふぅぅぅ。。

ということで、行ってきました、塩安真衣子さん平賀美樹さんのサクソフォンと
羽石道代さんのピアノによる「2本のサクソフォーンとピアノのトリオ・コンサート」。

塩安さん、平賀さんデュオ


よく息のあったすばらしい演奏を聴いていると、疲れもどこかに吹き飛んでいってしまいます。
音色は師匠のフルモー氏ゆずりの華やかなフランス系統の響きですが
主張したり控えてみたり、しっかりアンサンブルしているのに好感を持ちました。
ふだんから本当に仲がよさそう*^^*、というのが音楽から伝わってきます。

ハルヴォシェン(ハルヴォルセン)の「ヘンデルの主題によるパッサカリア」は
4小節のメロディが手を変え品を変え繰り広げられる大好きな曲なのですが
彼女たちの(本当はめちゃくちゃ難しいのに)実に楽しそうな演奏がステキでした。
これ、ぜひ繰り返し演奏してほしいなぁ。
この編成の定番となりつつあるプーランクのトリオも、緩急自在で楽しい演奏でした。

クラシカル・サクソフォンのコンサートといえば、ほとんどがソロか4重奏ですが
2重奏というのはなかなかめずらしいです。彼女たちは5重奏も活動しているので
こちらもいつか聴きに行きたいです。

会場はプロ、アマチュアのサクソフォン関係者が大勢。知り合いも多数(^^;
帰りは、とぼとぼと鶯谷まで歩いて帰りました。
このあたり、住宅地と商店街が混在して、散歩向きのおもしろい街なのですが
また今度ゆっくり歩きにきたいものです。
  1. 2008/04/04(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

昼休みの悦楽

この時季、いろいろなblogが桜の写真で飾られていると思いますが
懲りずに(苦笑

昼休み、こんな桜を観ながらぼーっとしてました。
ささやかな幸せ(笑

ビルの間の桜


それにしても、写真は難しいですね。
ビルが斜めに写ってしまう。。。
  1. 2008/04/03(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

須川展也/佐渡裕/BBC

既に須川さんのblogなどでもレコーディングの様子がエントリーされていましたが
イギリスのChandosレーベルから、須川氏のソロによる
サクソフォン協奏曲集のCDのリリース情報が伝わってきました。

  須川展也 サクソフォン協奏曲集 Chandos CHAN 10466
   ・吉松 隆  ソプラノサクソフォン協奏曲「アルビレオ・モード」op.93 (世界初録音)
   ・本多俊之  コンチェルト・デュ・ヴァン~風のコンチェルト (世界初録音)
   ・イベール  コンチェルティーノ・ダ・カメラ
   ・ラーション サクソフォン協奏曲
      佐渡裕指揮 BBCフィル
      r.2007/10/23-24 マンチェスター新放送センタースタジオ7

曲も注目ですが、指揮が佐渡さんですよ、さ・ど・さん!
どんな演奏なのか、想像するだけでワクワクしてしまいます。
いつCDショップに並ぶのでしょう? う~、早く聴いてみたい!!

なお、現時点ではChandosレーベルの公式サイトには
本CDの紹介はまだありません。
  1. 2008/04/02(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ダジャレサーチ

Google ダジャレサーチβサービス開始のお知らせ

http://googlejapan.blogspot.com/2008/04/google.html




だそうです。やるな Google (謎笑
  1. 2008/04/01(火) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。