スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Exciteing !

リバーダンス東京公演


リバーダンス、行ってきました。最高!
スポンサーサイト
  1. 2008/05/31(土) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ミヨーの協奏曲

一昨日のエントリーで「久しぶりにメジャーレーベルの新譜を買った」と書きましたが
よく考えたら、こちらもメジャーレベルの新譜でした。

ダリウス・ミヨーの協奏曲集です。

ミヨーの協奏曲集・スカラムーシュ~サクソフォンと管弦楽のための
・打楽器と小管弦楽のための協奏曲
・クラリネットと管弦楽のための協奏曲
・ピアノと管弦楽のための「エクスの謝肉祭」
・ヴァイオリン、クラリネットとピアノのための組曲 (ボーナストラック)


スカラムーシュのソロは、なんとファブリス・モレッティ!!
速めのテンポでスリリングに繰り広げられますが、
歌ってもけして重くならず、フォルテでもけして力まず
実に優雅でエレガント。

パーカッションのソロ、クラリネット(もちろんメイエ)、ピアノ(エリック・ル・サージュ)の
いずれのソロも見事。ミヨーの曲って、方向がちょっと狂うとピーヒャラキャラキャラと
収拾のつかない音楽になっちゃいますが、このアルバムから聴こえてくるのは
どこまでも優雅でエレガントな、パリの乾いた空気です(行ったことないけど)。
オケ(ワロニー管)のアンサンブルが若干乱れる箇所もありますが、
ソロの快演とメイエの指揮に助けられてほとんど気になりません。

オケ伴奏のスカラムーシュ、手持ちの十数種の録音の中で、一番好きな演奏かも。
  1. 2008/05/30(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

アメリカからの注目の新譜

ピッツバーグを中心に活動している New Century Saxophone Quartet は、
いつもおもしろいことをやらかしてくれる注目すべき団体なのですが
最新のアルバム「On Track」が届きました。

これまで Channel Classics レーベルからのリリースだったのが
今回から日本に代理店のない Allanna レーベルへ移行とな
一気に入手しづらくなってしまいました(哀


・Heartbreakers (Jacob ter Veldhuis)
・Franciscan Chant (Barbara Kolb)
・Revolutionary Etudes (David Lang)
・Prodigal Child (Joh Fitz Rogers)
・O Waly Waly Variations (Ben Johnston)


「Commissions Vol. 2」というサブタイトルどおり、すべて彼らの委嘱作品です。

独特の存在感のある彼らの響きは、フランス流の華やかなサクソフォンや
最近の主流になりつつあるヴィヴラート少な目の潔い響きを聴きなれていると
ちょっと違和感があるかもしれません。

しかし、いつもの彼らの演奏どおり、このアルバムからも
迷うことなく音楽を楽しんで演奏しているスピリットを感じることができます。
1曲目のフェルドハウスなんか、ドラムやギターも入ってほとんどロックかファンクのノリ。
3曲目の Revolutionary Etudes (ショパンの革命のエチュードに関係しているとのこと)
あたりはかなりハードな響きがしますが、重苦しさよりも音楽のドライヴ感が勝っています。

ぜひ、CDが広まって、おもしろそうな曲は日本でも演奏されるようになるといいな、
と思っています。来日しないかなぁぁぁ。。

ちなみにこの団体、キャノンボール製の楽器・リコーのリードを使用、
ソプラノはカーブドを使用しているようです。
独特の響きの原因の一つはここにあるのかな。
また、バリトン奏者がこのアルバムから女性に代わりました。
  1. 2008/05/29(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:1 |
  4. コメント:0

ラトル/BPOの「展覧会の絵」「ボロディン2番」

たまにゃ、毒だ。毒吐くぞ(笑

ラトルの振ったベルリン・フィルのジュルベスター・コンサートのCDを買いました。メジャー盤の新譜買ったのなんて、何年ぶりだろう。。(もう発売から4ヶ月経ってますが)



 ・展覧会の絵 (ムソルグスキー/ラヴェル編)
 ・交響曲第2番 (ボロディン)
 ・だったん人の踊り~歌劇「イーゴリ公」より (ボロディン)


[ラトル/BPOの「展覧会の絵」「ボロディン2番」]の続きを読む
  1. 2008/05/28(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

時間感覚を失う

昨日の続きです。

すっかりおなかがいっぱいになったので、なんとなく山に向かって走ります。
飯能市外から名栗川をさかのぼり、所々旧道や反対側の岸の道を走ってましたが
狭くて走行不能な道になってしまって引き返すこともしばしば。
ま、これも楽しいんですけどね。

そんな時、たまたまカフェ&ギャラリーへの道しるべを見つけました。
気になったので、たどってみると、畑や住宅の奥、山裾に

飯能市赤沢 壺小屋 外観


絵本の中から飛び出してきたようなたてものがありました。


飯能市赤沢 壺小屋 ギャラリー


自然の風が心地よく通り抜けるふしぎな作りのたてもので、
手前は喫茶スペース、奥のほうが小物がたくさんあるギャラリーになってます。
お店は壷小屋(ここや)という名前のようです。

カレーのランチセットがとーーーーーっても気になったのですが
満腹のため、コーヒーだけお願いしました。


店番の女性が、ゆっくり、ていねいにコーヒーを淹れてくれます。



窓からは畑や山々が見えます。


風にのって葉の擦れる音が聴こえてきます。


さらにその音よりもごく小さい音量で、ショパン、ドビュッシー、シューマン、ベトーヴェンなどのピアノが。



なんだか、時間がゆっくり動いています。





ゆーーーっっくりコーヒーを楽しみ、














気がつくとあっという間に時間が経ってました(笑






そのあと、現実に戻って(爆、山間の道を抜け

武蔵村山市内の天乃屋と文明堂の各工場直売店で
こわれ歌舞伎揚げやカステラの2級品を買って帰りました。
これで我が家のおやつ/お菓子はしばらく安泰だ♪




  1. 2008/05/27(火) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

手打ちうどんほり川@入間市(うどんの日々76)

土日とあまり子供たちと一緒の時間がすごせなかったので
今日はお休みをいただいて、のんびりしました。

とはいえ、夕方までは時間があるので、ふらふらお出かけ。
まずは、入間市の「さわだ」に行こうとしたのですが、月曜日は定休日らしく、
カーナビ君で近所のうどん屋さんをチェックしたところ
すぐ近くに「手打ちうどんほり川」というお店を発見!

早速向かってみると、丘陵地を拓いた住宅街の中の商店の一角でした。
暖簾をくぐってみると、先客と顔なじみらしいおばちゃんの話に
店の奥さんがあいづちを打っていました。

とりあえず、肉汁つけうどんをオーダ。

出てきたお盆を見て、、あのー、これ肉汁つけうどんでいいんですか??
一品と、天盛りと、さらにフルーツまでついてるんですけど。。

入間市 手打ちうどんほり川 肉汁つけうどん


もう1軒くらいうどん屋さんを回ろうと野望は、この時点で終了~。

あ、でもなかなか美味しいです。年配の物腰柔らかそうなご主人の打ったうどんは
しっかりゆでられていて、柔らかさとコシがちゃんと共存してます。
天ぷらも野菜が4種類かな、脂っこくなくちゃんと揚げられています。

接客担当の店の奥さんは、相変わらず世間話やTVの話題に相槌を打ち続けています。
すっかり地元になじんでいる、雰囲気も味もほのぼのとしたお店でした。

手打ちうどんほり川 (うどん / 仏子、元加治)
★★★☆☆ 3.0


  1. 2008/05/26(月) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

無事2つ

しらこばと音楽団(サックス4重奏団)演奏、無事、終わりました。

今回のテナーは会社の後輩(だった)H君(今はお互い別の会社)を呼び寄せ。
実は、彼と会うのも実に久しぶり。一緒に楽器吹くのは何年ぶりだろう。。
でも、こうやって、久しぶりでも一緒に吹けるというのは
楽器をやっている楽しみの一つでもあります。

練習場所から演奏するスペースへの移動にちょっと手間取って
着いてみると、既にいすにはお客さんが(汗。
大汗かきながら演奏したのは、

 ・手のひらを太陽に
 ・いつか王子様が
 ・星に願いを
 ・ミッキーマウスマーチ
 ・見上げてごらん夜空の星を
 ・ゴスペル・メドレー

客席が目の前で、お客さんの反応が良く伝わってくるステージはいいですね。
楽しく吹くことができました。
ソプラノのねぇ。さん、アルトのニジマスさん、テナーのHクン、おつかれさまでしたー!


最近、公私ともさいたま方面の出没率が高いのは気のせいだろうか(笑

蚕豆収穫しました 2008

帰宅し、奥さんを楽器の練習に送り出してから、庭のソラマメの収穫。
今日はとりあえず晩ごはん用に4コ、無事収穫しました。
まずはシンプルに塩茹でにして、イタダキマ~ス。
(酒が進みそう ^^;)
  1. 2008/05/25(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

急遽浦和で演奏しまーす

急遽日曜日に浦和で演奏することになりました。

お近くの方、冷やかしに来てくださいねー!

(以下ニジマスさんのところからコピペにて失礼!)

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

さいたま市市民活動サポートセンター主催
「サポートセンターライブ」(プレライブ)

日時:5月25日(日)12:00~ ★入場無料★
場所:さいたま市市民活動サポートセンター(JR浦和駅東口・浦和PARCOの9F) 中央ラウンジエリア

出演:しらこばとサックス四重奏団

<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<<
  1. 2008/05/25(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

平凡って実は幸せなのかもしれない


まず、起きて、朝ごはん用のパン作製。
今日の娘6歳向けのパンは、ポケモンの「カビゴン」形のパン。
いつもは、記事が膨らんで結局わけわからん造形になってしまうのですが
今日は娘6歳、珍しく一発でわかってくれました(笑


昼からは、渋谷の東急ハンズ近くのスタジオで Orquesta de la Canda のリハーサル。
一部のメンバーは、間違って宮益坂のスタジオに行ってしまったり(笑

今回から、トランペットのM氏に参加してもらってます。
女性ヴォーカルも前回のステージからM嬢に変わり、
すっかりバンドのサウンドも様変わり。
いや、やっぱり、トランペットが入ると、華やかで、ヴィヴィッドで、いいですね。
Mさん、よろしくお願いします!


帰宅すると、先日中国四川省から無事帰ってきた実家両親から
子供たちにお土産が届いてました。

中国土産のパンダ
  1. 2008/05/24(土) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

さわいち@さいたま市見沼区(うどんの日々17の2)

しつこくさいたま方面のお仕事。
今週移転して営業を再開した、大和田の「さわいち」に行ってきました。

打ち台が道路側に面した、前のお店と同じような作りです。
ちょうど、女性がうどんを打っているところでした。
2時過ぎでしたが、まだお客さんはたくさん入っています。

中もり+なす肉汁をオーダー。
茹で置きなしといういことで、しばらく待って出てきたのは
こんなおいしそうなうどん。

移転後・さわいちの なす肉汁うどん


麺はしっかりゆでられていて、コシはありますが
むっちりした弾力があって、好みのタイプ。
小麦の香りをわずかに感じます。

私、田舎っぺうどんのようなゴツゴツしたかなり腰のある麺も好きなのですが
本来武蔵野うどんは女性が打つ家庭の味だったことを考えると
比較的柔らかいうどんのほうが伝統の延長上にあるのではと思っています。
さわいちのうどんは、そんな家庭的な雰囲気をちょっとだけ洗練させた
なかなかいいスタイルだと思うのです。

つけ汁はちょっと濃い目。ナスが入っているのが珍しいですが
これがおもしろい味と食感になっています。

第二産業道路沿いのお店なので、車だと行きやすいのですが
駅からだとちょっと歩くことになります。
今日は暑くて、駅までたどり着く頃には大汗をかいてしまいました。


このお店も allabout の蓮見さんが記事にされています。
http://i.allabout.co.jp/users/19/diary/show/19567

手打ちうどん さわいち (うどん / 大和田)
★★★★ 4.0


  1. 2008/05/22(木) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

島へ行ってきました

突然ですが、行ってきました。まずは、写真を。

島の船溜まり

島の船溜まり

島の井戸

島の住吉神社


このへんまでは、島っぽい雰囲気でしょ?ね?ね?


このへんから、だんだん馬脚を。。。(爆


佃小橋
[島へ行ってきました]の続きを読む
  1. 2008/05/21(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

今さらですが manolin

ティンバ系大好き!といいながら、あまり積極的に聴いていない私ですが

 #ティンバ≒ドラムの入った複雑化したキューバンサルサ
  (ってとこでいいんでしょうかね?<詳しいヒト)

久しぶりで中古屋さんで掘り出し物をゲット、どっぷりはまってます。
Manolin El Médico de la Salsa の、ライヴ盤 El Puente。

Manolin El Médico de la Salsa


[今さらですが manolin]の続きを読む
  1. 2008/05/20(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

今年こそ!


ソラマメ、収穫までもう一息です。

仁義なき戦いを根気よく続けてたのですが
昨年ほど牛乳スプレーの効果がみえてこないので
アブラムシの集中する先端部分をカットするという暴挙に出てみました。
収穫まで、あと1週間かな。最後の最後、ちゃんと育ちますように。

大きさがわかるように、あえて手のひらを写しこんでみました。
周りの雑草がヒドイというツッコミは虫^H^H無視(汗

もうすぐ収穫の蚕豆
  1. 2008/05/19(月) |
  2. ガーデニングもどき|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

見かけに迷わされないで

今週は音楽ネタが少ないので、、、





ええと、これ、クラシカル・サクソフォンのCDです。
タイトルが「スマイル」ですが、やっぱりクラシック系です。
[見かけに迷わされないで]の続きを読む
  1. 2008/05/16(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

藤原@さいたま市中央区(うどんの日々75)

さいたま方面のお仕事は昨年度で終わりかと思ってたのですが
結局まだまだ続くことになりました。おまけに、神奈川方面の仕事も
入ってしまったので、北へ南へ、外出の日々が続きそうです。

で、うどんです(笑

大宮の藤店うどんの元店長さんが独立開業されたという噂を聞き
藤店うどんのゴツゴツした麺とお肉たっぷりの肉汁は大好きな私、
早速、北与野駅近くの「藤原」に行ってきました。

11時の開店早々に入店。券売機で食券を買います。
中盛り、大盛りもありますが、藤店うどんのボリュームの印象があるので
とりあえず普通盛にしました。

しばらくして出てきたうどんは、、

藤原@さいたま市中央区

[藤原@さいたま市中央区(うどんの日々75) ]の続きを読む
  1. 2008/05/15(木) |
  2. うどんの日々|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

食べほ~だい

奥さんが仕事で私の職場の近くまで来たので
サンマルク系のベーカリーレストランBAQETにて一緒にランチ。

BAQET 食べ放題のパンBAQET チキンランチ チキンと野菜のグリルカレーソース

夫婦揃ってパン好きなので、パン食べ放題はありがたいです。
パンは小ぶりなので、その分、いろいろな種類のパンが楽しめます。
夫婦で、あわせておそらく20個近く食べたでしょうか(笑
昼から食べすぎちゃいました。

ま、たまにはいいでしょう。今日は午後から上司も同僚も
ほとんどお出かけでいないですし(劇謎
  1. 2008/05/12(月) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

地産地消

なんて大仰にかまえるつもりはないのですが、
地元で収穫された旬の野菜をいただくのはいいものです。
美味しいですし、安いです。1年間も地元の直売所に通うと
たいていの野菜の旬の時期を知ることができます。

さて、それだけではありません。顔なじみの方から野菜を買うと

 ・おいしい食べ方などを教えてもらえる
 ・食品偽装と無縁
 ・地域でお金が循環する(ミクロ経済の世界ですね)
 ・消費者としての意見をフィードバックすることができる
 ・フードマイレージを減らす=環境にやさしい

と、自己満足的ですが、いろいろいいことがあります。

我が家は東京の中でも比較的自然が多く残っていて
近所には農家や野菜直売所があったりしますが
区部でも世田谷・杉並・練馬・板橋・足立・葛飾・江戸川あたりには
ちょっと探すと野菜直売所があったりしますね。
季節になれば、穫りたてのトマト、キュウリ、ナスあたりはもちろん
タケノコ、山菜まであります。そう、夏の朝穫りのエダマメなんか絶品ですよ。

もちろん、地元で穫れるものだけでは限界がありますから
そこは無理しません。信頼できる人、お店から買えばいいと思ってます。

私の場合、野菜だけでなく、お酒についても同じ考えです。
なるべく、ふだんは地元のお酒を買って呑むようにしてます。
だって地元のお蔵、応援したいじゃないですか。
(まあ、おいしいお酒は日本中にたくさんありますけど。でも、まずは地元のお酒をチェックしましょうよ)

ということで、東京産ワラビ。おひたしにしていただきます。

東京産のワラビ

  1. 2008/05/10(土) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:1

ゴクゴクの日 第2楽章

めずらしいタイのプーケットビール

差し入れありがとうございます!


ということで、主催「ゴクゴクの日」制定委員会、協力(株)フルネット
ゴクゴクの日記念の宴席に参加してきました。

ゴクゴクの日勝手に協賛ということでは、既に過去2年勝手に協力させていただいてますが
今年はついにイベント参加です。いや、要は宴席なんですけど(笑

ちょうど同じテーブルについた、某iの中常連のSさんや親父弁当のBさんと話が弾み、
おいしいお酒と楽しいお話であっというまの数時間。お酒の力って不思議ですね。
きき酒師ちえさん・フルネットや他の方々とゆっくりお話しする時間がなかったのが残念でした。

ちえさん・フルネット代表中野氏はじめ、みなさん、ありがとうございました。
来年は、このblogをみたあなたも、ぜひ「ゴクゴク」しましょう!

 #その前に、裏ゴクゴクの日(9月5日)もあるよ~~
  1. 2008/05/10(土) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

本日はゴクゴクの日です!

しまった、当日になってしまった。。。




本日は、ゴクゴクの日です。

http://5959day.org/

5月9日、ゴクゴクの日は、みんなでゴクゴク」しましょう!!
  1. 2008/05/09(金) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

仁義なき戦い

朝、ソラマメに水をやりに庭に出ました。

ソラマメ まだ直立中


まだサヤは小さくて、しっかり上を向いてます。
これが大きくなって、下にたれてきたら、食べごろ♪
昨年は惜しいところでほぼ全滅だったので、今年こそは
おいしいソラマメにありつきたいところです。

が。

天道虫。ということは。。。


テントウムシ君発見。

ということは。。
[仁義なき戦い]の続きを読む
  1. 2008/05/08(木) |
  2. ガーデニングもどき|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ぼーっと

クラシカル・サクソフォンのCD聴いていると、どうも批評的になっちゃうんで
もっとゆっくりのんびり音楽聴きたいなぁ。。

ということで、オーボエでサン=サーンスの歌曲を演奏したCDを聴いて和んでます。
あえて、奏者の経歴とか、調べない。
いいじゃないですか、美しい小品が品よく演奏されてるだけで。

オーボエによるサンサーンスの歌曲


http://music.brilliantclassics.com/epages/joan.storefront/4821ba650025ecf0271dd5d385f406fd/Product/View/93688
  1. 2008/05/07(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

大台

別に年をとったわけではありません(笑 体重の話題でもありません(猛爆

私のサイト(http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/)で紹介している、クラシカル・サクソフォンのCDが、ついに1000タイトルの大台になりました。前世紀のうちに立ち上げたお気楽サイトですが、ここまでしぶとく続けてこられたのも、サイトを通じて知り合うことのできた方々や、旧知の方々のあたたかいお言葉のおかげです。

まだ紹介していないCDが手元にけっこうあったりするので、しばらくはネタには困らないです(笑 誤字脱字、変な文章だらけのサイトですが、引き続きマイペースで続けていくつもりですので、気長にお付き合いくださいませ。

それにしても、年々、音楽を聴いて「感動」ができなくなってきている自分が悲しいです。10代後半から20代前半が一番よかったなぁ。やっぱり頭が固くなってきているのでしょうか。それでも、まだまだ感動を与えてくれる演奏に出会うことができるのは、とても幸せなことだと思っています。
  1. 2008/05/05(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

GWですから

遠出はやめて、午後から息子8歳と青梅線に乗って出かけます。
青梅ではお祭りがあるようで、電車もけっこう混んでます。
単線になり、山も両側から迫ってきて、小旅行気分。

終点奥多摩駅からちょっと歩いて、奥多摩温泉もえぎの湯に着きました。
混雑のため入場制限中との看板が出てましたが、
ちょうど空いてきたところで待たずに入れました。
なるほど、あまり大きくないお風呂ですね。
露天風呂は多摩川の渓谷がゆっくり眺められて、いい気分です。

奥多摩温泉 もえぎの湯

今日は車じゃないので、風呂上りにビールが呑める~~~~
タラの芽の酢味噌和えを肴に、ハーフ&ハーフ~~~~
息子8歳はケーキとココアのセット。くつろぎました~~~

戻る頃には、また入場制限が。キャンプを楽しむ人たちがたくさんいる河原を歩いて
ゴトゴト電車に揺られて、暗くなっていく窓の外を眺めながらゆっくり帰ってきました。
次にくるときは、もう少し早く出て、鍾乳洞にも寄ってみたいです。。
  1. 2008/05/03(土) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ついつい、、

昨日は、仕事でこの4月に着任された常務と
コミュニケーション・ミーティング~懇親会でした。
3月まで赴任されてた中国でのご苦労に話しをふると
アルコールの勢いもあって、オープンにできない話のオンパレード(笑
会社や組織へのストレートな発言もどんどん飛び出して
いや~、おもしろかった(でいいのか??)

で、もう1軒。こちらは、なぜかその場に居合わせた若いご夫婦と
「なぜ男は風俗店に行くのか」などなど、について真面目な(?)討論。

というわけで、昨日は予定外によく呑んじゃいました。


あ、先日紹介した、須川展也さんのCD、「アリア」に続いて
佐渡裕指揮BBCと共演の「Saxophone Concertos」発売になってます。
早速聴いてます。感想はあらためて。。






  1. 2008/05/02(金) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。