スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

リエゾン・サクソフォン・アンサンブル 第1回定期演奏会

このご時勢、職場でも残業を極力削減するよう指示が出てるので
平日でもわりと演奏会に行きやすいという、ちょっと複雑なこのごろ。

リエゾン・サクソフォン・アンサンブルリエゾン・サクソフォン・アンサンブル 第1回定期演奏会
指揮 家田厚志 浜離宮朝日ホール 19:00~
・アイネ・クライネ・ナハトムジーク (モーツァルト)
・ピアノ協奏曲 (グリーグ) ソロ:野原みどり
・マ・メール・ロワ (ラヴェル)
・ホルベアの時代より (グリーグ)
[・アンコール トレパック/ロシアの踊り (チャイコフスキー)]


野原武伸氏が中心となって結成された団体だそうで、おそらく、野原氏が留学中に参加されていた、セルジュ・ビション氏率いるフランス国立リヨン音楽院のサクソフォン・アンサンブルを意識されたのでしょうか。関西で活動しているミ・ベモル・サクソフォン・アンサンブルの前田昌宏氏も、やはりリヨン音楽院に留学していたことは、けして偶然ではないのでしょう。

メンバーは、野原氏のほか、アルトが貝沼拓実氏、テナーが大栗司麻さん、バリトンが原博巳氏、と、国内の中堅サクソフォン・プレイヤーの豪華顔ぶれですし、さらに成田徹氏、持田崇氏、小山弦太郎氏、鈴木啓人氏、今回は、メンバーの代理で、先日の管打楽器コンクールで2位に入られた伊藤あさぎさんも参加、と各所でご活躍されている方々ばかり。

それにしても、アイネクライネやホルベアの時代は、私自身もサクソフォン・アンサンブルで演奏してみたことがあるので、およその響きは想像つくのですが、精緻なガラス細工のようなオーケストレーションのマ・メール・ロワが、どんな響きになるのか、実に楽しみでした。

また、指揮者に家田厚志氏という非サクソフォン界の人材を起用したのも、注目に値すると思います。個人的な意見ですが、クラシックのサクソフォンは、歴史的な背景もあって、サクソフォンの横の繋がりはとても固いのですが、クラシック界全体との繋がりが少し薄いと思うのです。独善的・井の中の蛙にならないためにも、このような非クラシック界の血を取り込むことは重要なんじゃないかと思います。(日本の吹奏楽だって、非吹奏楽界の血が入ってきてから、ずいぶん活性化したように思うのです)

前置きが長くなりましたが、予想通りの非常に高い次元のアンサンブルは、さすがというほかありません。フレーズの一つ一つのベクトルがきちんとそろえられていて、音楽の向かっている方向が明確。あいまいなところがなく、ある意味濃厚、でもすっきりした演奏です。

ピアノのソロは、日本を代表するピアノ奏者の一人といってよい、野原みどりさん。野原武伸氏の奥さんということで、こうしてゲストが実現したのでしょうけど、サクソフォン陣が霞んでしまうような(すみません)すばらしい演奏でした。それにしても、手の動きが自然(不必要に手を高く上げたりしない)なのに、なんでこんなに打鍵がしっかりしてるんでしょう。無理のない演奏方法ゆえでしょう、流れがよどむことなく幅の広い表現が実現しています。うーん。すごい。

楽しみにしてたマ・メール・ロワは、さすがにアタマに刷り込まれているクリュイタンス/パリ音楽院の響きには少々遠いものの、曲の後半に進むにつれて、どんどんいい響きを感じるようになりました。サクソフォン・アンサンブルでもここまで表現が可能かとあらためて驚きました。

ホルベアの時代は、先述のとおり自分でも演奏したことがあるわけですが、さすがに次元が違いました。弦楽合奏を意識しつつも、サクソフォンのよさも同時に感じる演奏でした。

終わってみれば、もちろん全体の響きもよかったのですが、マ・メール・ロワでの大栗さんのソロ、ホルベアの原さんのソロ、そして、曲の随所をすっかり貝沼ワールドに染め上げていた貝沼氏のリードが印象に残るという不思議な演奏会でした。貝沼氏の演奏は、アンサンブル以外では初めて聴いたのですが、第4回アドルフ・サックス国際コンクール3位入賞だけあって、こいう演奏でもその実力を感じることができました。そういえば原さんは第3回の1位ですし、すごいメンバーが揃った団体だ。。
スポンサーサイト
  1. 2009/02/27(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

杉並木@栃木県西方町(東京近郊の地酒64)

すぎなみき 飯沼銘醸
日光街道の杉並木にあやかった名前ですが、お蔵があるのはちょっと離れた栃木市の北に位置する西方町。東北道の西方パーキングエリア、といえば、ああ、と思い出す方もいらっしゃるでしょうね。たしか、西方町は日光街道が通過していないはずですが、ま、細かいことは気にしない (^^;
無濾過生原酒でごく軽い酸味がありますが、意外とバランスがよく、白ワインのようにスイスイ呑めちゃいます。あれ、ウマい。もういっぱい。ワハハ。うまい。もういっぱい。あーウマイ。って感じ。今回は冷でいただきましたが、軽く燗をつけてみてもおもしろいかもしれません。次に買ったら試してみよう。
このお酒、先日清瀬の降矢酒店さんを訪れたとき、冷蔵庫の中でまだ値札も貼られずに数本まとまって置いてあったのを目ざとく見つけ、さっそく購入しました。いろいろいいお酒が置いてあるようですので、また機会があればお邪魔したいと思います。
  1. 2009/02/26(木) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

フランス&イタリア

フランス国立リヨン音楽院サクソフォン科の教授、Jean-Denis Michat 氏の新譜「Una voce poco fa」を聴いています。サブタイトルが「Airs d'Operas francais et italiens」となっていて、ビゼーやトマ、ロッシーニ、ドニゼッティなどのオペラのアリアが集められています。曲によってアルト、ソプラノ、テナーを持ち替えているようですが、ヤナギサワという楽器のせいか、伸びやかで繊細な音色が印象的です(ちなみに、A28・S15・T20にヴァンドレンの3.5のリード・BGのリガチュアをつかってるとのこと)。時々2重奏になったり(多重録音?)、ピアノソロになったり、適宜音色に変化があるのも、聴き手にとっては嬉しい限りです。





Una voce poco fa
 ・花の歌~歌劇「カルメン」より (ビゼー)
 ・セビーリャ~歌劇「カルメン」より (ビゼー)
 ・ジプシーの踊り~歌劇「カルメン」より (ビゼー)
 ・舟歌~歌劇「ホフマン物語」より (オッフェンバック)
 ・私は夢に生きたい~歌劇「ロメオとジュリエット」より (グノー)
 ・耳に残るは君の歌声~歌劇「真珠とり」より (ビゼー)
 ・私はティタニア~歌劇「ミニヨン」より (トマ)
 ・花の二重唱~歌劇「ラクメ」より (ドリーブ)
 ・私のお父さん~歌劇「ジャンニ・スキッキ」より (プッチーニ)
 ・さようなら、ふるさとの家よ~歌劇「ラ・ワリー」より (カタラーニ)
 ・今の歌声は~歌劇「セビリャの理髪師」より (ロッシーニ)
 ・人知れぬ涙~歌劇「愛の妙薬」より (ドニゼッティ)
 ・どんな海、どんな地が~歌劇「群盗」より (ヴェルディ)
 ・清らかな女神よ~歌劇「ノルマ」より (ベルリーニ)




歌劇のワンシーンが目に浮かぶような見事な演奏です。特に、ピアノの音量での細やかな表現力に聴き惚れました。ただ、個人的には、オペラのアリアなので、意図的にヴィヴラートをもう少し使ってもよかったんじゃないかな、とも感じました。(オペラの歌唱って、ヴィヴラートを盛大に使いますからね。。)

出版社である Robert Martin 社からのリリースらしいので、CDショップよりも楽器店で取り扱われることが多くなるかもしれません。
  1. 2009/02/24(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

日々是学習

サクソフォンのラージアンサンブルの練習で、某音大へ。波多江史朗氏の指揮の下、音大生にまじっての練習、緊張しながらもいろいろ勉強させていただきました。年齢が私の半分以下のメンバーがたくさんいます(苦笑

Happy Birthday Dear Hatae san !


練習後は、懇親会兼波多江先生のバースデイパーティ。
本番もよろしくおねがいします!>関係みなさま



  1. 2009/02/22(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

しらこばと

本日の演奏、無事終了しました。おつかれさまでした>ニジマスさん、まきまきさん、やまーさん、MJクン
今回初参加のまきまきさんも含め、それぞれの長所が演奏に反映できたんじゃないでしょうか。

本日のセットリスト
 ゴールドブレンド・コンチェルト(活動紹介タイム)
 ピタゴラスイッチ オープニング・テーマ
 ミッキーマウス・マーチ
 星に願いを
 いつか王子様が
 本居長世メドレー(赤い靴/青い眼の人形/七つの子)
 見上げてごらん夜空の星を
 名探偵コナンのテーマ
 崖の上のポニョ

ピタゴラで通りがかりのお子様方の足を止めるのに成功、ポニョでは小さな子たちが踊ってくれてました。いやー、うれしい。

某新潟系魚屋さんで買い物をして帰宅。夕食時に「世界一受けたい授業」を見てたら、演奏したばかりの名探偵コナンのテーマが使われてて、思わず箸が止まりました。

しらこばとは3/1にも演奏予定ですが、私はその次の3/15に参加予定です。
さて、明日はまたサックスのラージアンサンブルの練習だ。。
  1. 2009/02/21(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

Japanese Love Songs

パリ国立高等音楽院のサクソフォン科の教授≒クラシカルサクソフォン界の最高峰の奏者といって過言ではない、クロード・ドゥラングル氏の新譜をようやく入手しました。

Japanese Love Songs といっても、もちろん甘い歌などではなく、コンテンポラリーな邦人作曲家を中心にした曲ばかりです。

Japanese Love Songs  Claude Dlangle
 ・良寛による二つの詩 (夏田昌和)
 ・細川俊夫:恋歌I-III (細川俊夫)
 ・アイヌの叙事詩に依る対話体牧歌 (伊福部昭)
 ・デュオ-メゾソプラノとサクソフォンのための (棚田文紀)
 ・インプロヴィゼーションI (野田燎)
 ・舵手の書 (野平一郎)
 ・松風 (ラルビ)
 ・�a va commencer, �a commence (デュベドゥ)
 ・君が心は(日本語朗読) (島崎藤村)
 
 メゾソプラノ:小林真理
 サクソフォン:クロード・ドゥラングル
 パーカッション:ジャン・ジェオフロイ


各奏者それぞれに、高い技巧とセンスが要求されるにもかかわらず、まったく不安を感じない完璧な演奏は、恐ろしいほど。ドゥラングル氏の、ストレートで全く躊躇のない、それでいて不思議な色気を感じさせる音色は相変わらずです。それにしても、正直なところ、あまりにコンテンポラリーすぎて、私には理解できない曲ばかり。残念ながら、演奏者と作曲者(曲)、聴き手(私)の3者で同一の感情、思いを共有できるレベルではありませんでした。これ以上、コメント不能です。
  1. 2009/02/17(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

白隠正宗@沼津市高嶋酒造(東京近郊の地酒63)

白隠正宗

先週の日記で「伊豆は地酒が少ない」と書きましたが、伊豆の付け根の沼津では、「白隠正宗」の高嶋酒造さんががんばってます。でも、帰りに立ち寄ったみやげ物店では、選択の余地がなかった。。とりあえず置いてあった4合瓶をいただいております。(写真、後ろの料理にピントが合ってしまった。。)

静岡県の農業試験場で開発されたという「譽富士」という酒造好適米を使ってるそうで、口の中で旨みがふっくら膨らんで、しかもさっと切れがよいです。今晩は肉じゃがに合わせてみましたが、ちょっと濃い目の味付けにも、お酒が負けてません。うーん、やっぱり一升瓶を買って、お燗や、日数経過によるお酒の変化を楽しんでみたいなぁ。また、沼津においしい魚を食べに行ったついでに、お酒を買ってくることにしましょう。

  1. 2009/02/16(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

あっぱれMちゃん

姪っ子Mちゃんが入っている金管バンドが、都の小学校管楽器演奏会に出るということで、息子9歳といっしょに聴きにいってきました。小学校の吹奏楽や金管バンドの演奏をまとまって聴くのは初めてでしたが、中学生顔負けの上手なバンドがあったり、ほほえましい演奏の学校があったり。演奏が終わって起立しても、あまり背の高さが変わらなかったりするはご愛嬌です。弟夫婦はほとんど音楽に縁がない一家のはずなのに、なぜかMちゃんは金管バンドクラブに入りたいと涙を流して両親に訴え、許しをもらったそうです。これだけ大きなホールでの演奏は初めてのようで、ちょっと緊張していたようですが、堂々とアルトホルンを吹いていました。ぜひこの先、中学、高校でも楽器を続けてほしいな。

午後、奥さんはダスビの演奏会を聴きに行ってしまったので(本当は私も行きたかったが、、、)、子供たちを連れて軽くサイクリング。まるで春のような陽気の中、橋を渡って、河川敷を10kmほどひたすら走りました。

夕方、ご近所のD氏宅にお邪魔しました。ご馳走様でした。
  1. 2009/02/15(日) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

高尾山@八王子市中島酒造(東京近郊の地酒62)

週末は伊豆に出かけてたわけですが、実は日本酒好きにとっては、伊豆はちょっと鬼門。というのも、伊豆には日本酒のお蔵がほとんどないんです(正確には修善寺に1つのみ)。当然、宿泊施設や飲食店においてあるのは地酒=伊豆のお酒ではないわけで。他の地域のおいしい地酒を扱っているお店もあるようですが、やっぱり地元伊豆のお酒を呑みたいものですよね。

その点、私の住んでいる多摩地区には、まだがんばられているお蔵がいくつかあって、偽りのない地元のお酒をいただくことができるのは幸せかもしれません。私にとって、地元のお酒で一番飲んでいるのは、多分この「高尾山」。陣場山に程近いところにある中島酒造さんのお酒なのですが、販路が限られてて意外と入手に苦労します。(お蔵からネット通販でダイレクトに購入できますが)

中島酒造 高尾山 純米


今晩は、この高尾山の純米を、お燗でいただいてます。幅の厚いうまみの中に軽いけれどしっかりした甘さがあって、しかもさらりときれいに捌けます。辛口じゃなくて、美味くてさりげない。日常的にいただくには申し分のない美味しさです。

肴は、隣の市で穫れた赤カブの自家製甘酢漬けや、庭の菜の花を間引いたものをさっと茹でて。

それにしても、昨年来、高尾山は大賑わいのようですが、これを機にこのお酒もブレイクしないでしょうか。もっとも、マイペースなこのお蔵はそんなブームにはやすやすとのらないでしょうね。
  1. 2009/02/09(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:1

東京の地酒

という、1980年に婦人生活社から出版された本を入手しました。
著者は國府田宏行さん。

東京の地酒 國府田宏行著 婦人生活社


今も都内で銘柄を守る12蔵のほかに、既に無くなってしまった銘柄が掲載されています。

 ・冨久浦 (鈴木酒造場・小平市小川)
 ・大綬  (川田酒造・町田市旭町)
 ・白春  (白春酒造・八王子市東中野)
 ・社会冠 (西岡酒造・八王子市八木町)
 ・宇素桜 (五十嵐酒造・青梅市大門)
 ・吟雪  (渡辺酒造・武蔵村山市中藤)

ここ数年で廃業・都外に移転した吟雪、社会冠(月丸)はお酒をいただいたことがありますし、お蔵に伺ったこともありますが、それ以外のお蔵はほぼ初耳です。どんなお蔵だったんでしょうか。かろうじて白春酒造さんは、なぜかカーナビに表示が出てるので場所だけは知っていますが。いまさらお酒をいただくことは無理としても、機会があれば、お蔵があった場所が現在どうなっているか、確認してみたいものです。
  1. 2009/02/06(金) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:1

予告編

先月末ぎりぎりに、本家サイトのクラシカル・サクソフォンのCD紹介7本追加をアップしました。が、まだまだ紹介できていないCDが溜まってるんですよ。2月はその中でも、紹介が難しく先延ばしにしていたCDをまとめてアップするつもりです。

アルカンヌSQによるラヴェル・ドビュッシー弦楽4重奏集


フランスの若手、ヴァンサン・ダヴィッド氏率いるアルカンヌ・サクソフォン・クヮルテットによる、ラヴェルとドビュッシーの弦楽4重奏曲のCD。昨年の管打楽器コンテストでサクソフォン部門第3位に入賞され、現在はフランスで活躍されている安井寛絵さんから頒けていただきました。録音がデットで少々とっつきづらいのですが、恐るべきテクニックで、気負いなく難曲を演奏してます。

piano duo + saxophone quartet


ドイツで活動するピアノデュオ竹澤-ジシュカのクレジットによる、ピアノデュオとサクソフォン4重奏のアルバム。ハラルド・ゲンツマーの作品を中心に収録されているのですが、せっかくこの編成なので、と録音されたジャン・マルティノンのサクソフォン4重奏のための協奏曲・ピアノデュオ伴奏盤を聴くことができるのが貴重です。うーん、でもやっぱりこの曲は、フランス流の華やかな音色で聴いてみたい。

Henrik Strindberg


スウェーデンの作曲家、ヘンリク・ストリンドベリ (Henrik Strindberg) の作品集 "Within Trees"に、アルト・サクソフォンのための協奏曲「Hopp」(英題「Hope」)が、献呈されたJörgen Pettersson 氏の演奏で録音されています。
これから聴きます (^^;


それにしても、特に現代音楽や民族音楽の演奏についてのコメントって、なかなか難しいんです。基本的には予備知識なしで聴いて理解、共感できるか、という点がコメントのベースなんですが、とはいえ、コメントをつける以上はやはり曲のバックグラウンドはある程度理解しておかなければならないと思うんですよ。ところが、現代音楽だとバックグラウンドを理解するための資料が圧倒的に少ないし、また民族音楽だとそれを理解すること自体が難しいのです。そして、共通して言えるのは、とにかく外国語の文献を読まなければならないこと(爆)。数十年前の学生時代、語学が赤点だったり単位を落としたりしてた(猛爆)私にとっては、これは苦痛です。しかも、英語だけではなく、フランス語、スペイン語、(ドイツ語はギブアップ)、、最近では、翻訳ツールを試みたりすることもありますが、音楽系の文献はどうしても単語が独特の意味を持つケースが多く、まともな日本語にならないことがほとんどです。


こう宣言して自分を追い込んでおかないと、モチベーションが上がらんです(爆
さて、月末までにちゃんとアップできますでしょうか。。ここ数ヶ月、7枚/月のペースでCD紹介してますが、、それでも追いつかないということは、、考えるやめよう(爆

ということで、あまりにマニアックな内容でスミマセン。
  1. 2009/02/04(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。