スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ブエノスアイレスの四季 by イタリアSQ



フェデリコ・モンチーニ、マリオ・マルツィらが参加して1982年から活動を続けている、イタリアのトップ・サクソフォン・カルテット、イタリア・サクソフォン・クヮルテットの新譜が間もなく発売されます。


収録曲の詳細はワカリマセンが、タイトルからピアソラの「ブエノスアイレスの四季」が収録されてることは間違いなし。これまでもオチャメでブッとんだ録音をリリースしている彼らのことですから、今回も期待できるでしょう!(↑クリックするとアマゾンで予約できます。と宣伝してみる)

ちなみに前作はこんなかんじ。写真でもお分かりの通り、脂ののった伊達なラテン男たち (^^)  






本家サイト(http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/)、先日さりげなく10周年を迎えたのですが、特別企画も考える気力なく、毎月最低1回更新もついに先月はサボってしまい、今日ようやく更新。。そろそろ潮時かなとも思うこのごろです。
スポンサーサイト
  1. 2009/08/29(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

酒屋八兵衛(三重県大台町 元坂酒造)




先日の伊勢旅行で、自分用の土産に買ってきたお酒です。
現地では有名な「義侠」なども置いてありましたが、せっかくなら東京では簡単に入手できないようなお酒を、ということで、山深い大台町のお蔵のお酒を選んでみました。

日本酒らしいしっかりした味わいとふくらみを感じながら、味のキレもいいです。軽くお燗をつけると、引っ込んでいた甘さが少し出てきて、また違った味わいになります。際立った個性がはありませんが、安心しておいしくいただけるお酒。これ、真面目に造られてますね。味の強い料理にも負けないので合わせられそうですし、お酒だけそのままいただいても、、あ、呑みすぎてもうなくなっちゃった。。

蔵元のサイト: http://gensaka.com/
蔵の女将のブログもありました: http://gensaka.seesaa.net/

  1. 2009/08/28(金) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その11

再び鳥羽に戻り、お昼ごはんは七越茶屋

鳥羽市の七越茶屋で手こね寿司と伊勢うどん


うどんと手こねずし、両方を楽しんで、伊勢湾フェリー経由で帰路に。

左右に島々を眺めて、イルカのジャンプまで見ることができて、ラッキー。


浜松ICから高速経由、SAごとにポケモンスタンプラリー休憩をとって、
家にたどり着いたのは22時。走行距離約1,200km、さすがにちょっと疲れました。
  1. 2009/08/19(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その10

混雑しないうちに伊勢神宮参りへ。
外宮、内宮とまわって、うっそうとした境内の雰囲気に圧倒されながら、無事お参り終了。

疲れたら、まずは休憩♪

伊勢参りのあとは赤福へ


縁台に座り、赤福餅と赤福氷をいただきます。表の人通り、裏手の緑、、
すべてが心地よいです。

次は(爆)おかげ横丁の伊勢うどん屋さん ふくすけ へ。
奥さんや子供たちが付近をうろうろしている間、休憩と称してうどんを一杯。

おかげ横丁のふくすけで伊勢うどん


つるつるっではなく、ずずずずっとすすると、口の中でほろっと砕ける、、
ふくすけのうどんは、特にその傾向が強いように感じました。
濃そうな醤油ダレも意外とあっさり旨みが強く、これはこれで美味しい。
ジャンクな味です。娘7歳、かなりこのうどんが気に入ったみたい。

その11に続く。



  1. 2009/08/19(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その8

今日のお宿は、二見浦の旅館浜千代館
何気に、子供たち、旅館初体験かも。(いつも安いシティホテルか民宿だからなぁ。。)
夕飯には舟盛りに加え、松阪??牛の陶板焼もあって、魚<肉派の娘7歳も大喜び♪

今回唯一の旅館で夕食


お酒は伊勢の「おかげさま」。美味しくいただき、バタンQ。。

翌朝は、二見浦の夫婦岩までお散歩。

朝の散歩は夫婦岩まで


朝だからのんびり、、、と思ったら、かなりの人が6時台からお散歩に出てました。。

その9へ続く。
  1. 2009/08/19(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その7

今回の旅行は天気に恵まれてるようです♪

朝から2時間ほど、再び海で遊びます。
水も白砂も綺麗、内湾なので波もおだやかなビーチです。
息子10歳、小さな魚をつかまえました。
娘7歳は、体が冷えて、たこ焼きを食べたいと騒いでます(笑

さて、パールロード経由で鳥羽へ。
途中、鳥羽展望台で、休憩。
軽食コーナーの伊勢うどんをいただきました。
(もちろん、景色も眺めましたが、なんせ暑くて。。)

鳥羽展望台で伊勢うどんをいただく


次に向かったのは鳥羽水族館。(奥さん的にはこれがメインとも ^^;)

鳥羽水族館


アシカのショーは、やっぱりどことなく関西系オチがついてました :-)
スナメリやジュゴンを見てなごみ、
餌を食べるため大ジャンプするラッコを見たり(必見)、
結局閉館時間直前まで楽しみました。

その8へ続く



  1. 2009/08/18(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その6

再び車を東へ走らせ、英虞湾を時計回りに半周し、
16時ころ半島先端の御座白浜の民宿に到着。
お世話になったのは民宿森源さんです。

子供たち、早速海岸へ遊びに行きます。
私は、今日の運転から解放されたので、ビール♪

ビーチでビール


子供たちも、とりあえず海で遊べて満足。
宿に戻ると、お待ちかねの晩ごはんです。

民宿森源の夕食


今回は豪華に、イセエビ、アワビつき♪♪♪

今回はちょっと豪勢に


もちろん満腹、大満足。

で、疲れてあっという間に寝てしまいました(笑)

その7へ続く
  1. 2009/08/17(月) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その5

せっかく山添村まで来たので、村内を一回りしてみます。
神野山の中腹にある、めえめえ牧場に向かいます。
私たち以外だれもおらず、のんびり。
事務所で鹿せんべいならぬ羊せんべいを買い
動物ダイスキな子供たち、大喜びで羊たちによってきます。

めえめえ牧場で羊せんべいを手に


さて、ここから三重県を横断、大移動です
伊勢志摩の半島の南側、リアス式海岸を縫うように半島の先端へ。
途中、休憩を兼ねて、五ヶ所浦を見渡せる南海展望台へ。

南海展望台から五ヶ所湾を望む


いや、いい眺めです。が、駐車場から展望台まで階段が200数段。。
休憩にならなかった(苦笑

その6に続く
  1. 2009/08/17(月) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その4

翌朝もいい天気。

朝食は囲炉裏端で。
山添村名産の茶を使った茶粥がメイン、穫れたての卵、野菜、自家製梅干など。

朝ごはんは囲炉裏で


そのあと、おかみさんに呼ばれてお弁当用の大豆おにぎりを蕗の葉んだり、
子供たちは腹ごなしにあたりを探検。

帰りも、下の酒屋さんまで畑の間の道をとぼとぼ歩き。
どうもお世話になりました>宿のみなさま


里舎(みちのりのやど) http://joysite.jp/michiyado/

その5に続く
  1. 2009/08/17(月) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その3

さて、そろそろ本日の宿へ。上野からは車で20分ほどで、もう奈良県の山添村。
住所を頼りに宿に向かおうとするのですが、どうも細すぎる道しかなく。。。
旧国道沿いの酒屋さんで道を聞こうとしたら、その酒屋さんこそ宿のご主人が経営するお店でした。

関西弁のご主人に言われるまま、荷物を降ろし、晩酌用のお酒を選び(笑)、
花火の金額を申し出て(?)、そのまま子供たちと脇の畑に野菜の収穫へ。
そして、おじさんについて細い道をとぼとぼ、時々脇の田や畑のあぜ道を通って
カエルや木の実を探しながら進みます。

民宿のおじさんにつれられて畝を歩く


30分ほど散歩?しながら、ようやく宿に到着。
荷物は宿のおかみさんが先に車で運んでおいてくれました。
(道が細くて、小型車じゃないと入れないんです。しかも片側はガケ。。)

里舎に到着


娘7歳と息子10歳、たまたま遊びに来ていた子供たちと遊んでいるうち
お風呂が沸いたよ、と声がかかります。
こちらのお風呂は五右衛門風呂。裏にはパン焼き釜やピザ釜もありました。

どうやら、今日は集落のお祭りで、遊んでた子は
地元の子ではなく街から遊びに来てたようです。
その子たちがお祭りに行く、と聞いて、娘7歳、行きたい、と騒ぎ
夕食そっちのけで連れてってもらいました(笑)

息子10歳は、こういうところはマイペース。おじさんが用意してくれた
U字溝でのバーベキューで、穫れたて野菜を焼いて、夕ごはんです。

夕ごはんは野菜バーベキュー


はっきりいってすっごい量の野菜でしたが、意外にもお腹に収まっちゃうんですね。
晩酌用に買った、隣村の都祢村(現奈良市)倉本酒造の嘉兵衛が、
いいペースで開いてきます(笑)

 #後でわかるのですが、どうやらご主人の経営する酒屋「凡壺」、
  地元では有名な頑固酒屋さんだそうです。
  和歌山の銘酒「黒牛」名手酒造さんの蔵日誌にも紹介がありました。
  
どうやら、娘7歳がビンゴで大興奮し、終わったら帰りたくなったらしく(迷惑なやつ ^^;)
宿のおかみさんが迎えに行ってくれました。
結局、お祭りの花火を見られたなかったらしく、
宿でこじんまりと花火を楽しみました。

さすがに今日は大移動、親子共々疲れ、すぐにそのまま
縁側の隣の部屋でパタリと寝てしまいました。

その4に続く。
  1. 2009/08/16(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その2

次に向かったのは、伊賀上野。

お城を見てから、忍者博物館へ。
カラクリ屋敷の説明を受け、子供たちのテンションはだんだん上がっていきます(笑)。
水蜘蛛に乗ってみたり、鎖帷子を着てみたり。
娘7歳の夏休みの自由研究は「忍者」に決定しました(爆)
そして忍者ショーを見学。

忍者博物館でショーを見物


もちろん技も見事なのですが、しっかりオチがついてるあたりに、
関西が近いことを感じさせます :-)

その3へ続く。

  1. 2009/08/16(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

伊勢旅行記その1

突然ですが、家族旅行で伊勢・伊賀方面に行ってきました。
しばらく旅行記にお付き合いください。

朝6時に家を出て、ちょうどこの日まで東名復旧工事対応で乗継の指定区間になっていた須走~御殿場を経由して、幸い渋滞も全くなく、昼前には三重県に。高速料金1,000円♪で亀山ICを降り、休憩を兼ねて東海道第47番目の宿場、関宿の街並みを訪れました。

東海道 関宿の街並み


いい感じに、昔の街並みが残ってます。

さすがに暑い、、、

なんとなく引かれた「あいづや」でお昼ごはん。

あいづやのおこわ飯


お蕎麦とおこわのお店のようです。おこわセットをいただきました。
ほっとする味です。お店には数々の有名人の色紙や写真がかざってあり、
ちょうど訪れた日の晩もどこかのチャンネルでお店が紹介される予定だそうで。

その2に続く。
  1. 2009/08/16(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Towers of Power

"Towers of Power"
The University of Arizona Wind Ensemble, Greeg I. Hanson, couductor

  • タワーズ・オブ・パワー~サクソフォンと吹奏楽のための室内交響曲第4番 (D.マッカーシー)Timothy McALLISTER (saxophone)
  • フルートと吹奏楽のための協奏曲 (A.プログ)Brian LUCE (flute)
  • 2人のティンパニ奏者と管弦楽のためのコンチェルト・ファンタジー (P.グラス)Jonathan HAAS, Gary COOK (timpani)


アルバムタイトルはスペルミスではなく、でももちろんあのファンクバンド Tower of Power(以下TOP)をリスペクトした曲から。サクソフォンと吹奏楽のための室内交響曲第4番 という長いサブタイトルもついているこの曲、各楽章は Bump City、Quite Scream、Knock Yourself Out ! とTOPの同名の曲に因んでます。なるほど、それぞれの曲のリズムやメロディラインが使われてますが、原曲とはかなり違うカッコイイ協奏曲として書かれてます。ただ、管楽合奏だとどうしてもリズムのソリッドさが浮き出てこないのは仕方がないんでしょうね。マクアリスターのソロはなかなかファンキーで、TOPの名ソリストレニー・ピケットのソロばりの超絶技巧をさらりとキメてたりして、かっこいいです。実演を聴くともっとエキサイティングなんだろうけど、かーなーりー難しそう。。どこぞの優秀な日本の吹奏楽団さま、演奏会で取り上げてくれませんかねぇ。

また、フィリップ・グラスの2人のティンパニ奏者と管弦楽のためのコンチェルト・ファンタジー(の吹奏楽編曲版)は、14台のティンパニを2人がかりでメロディを奏でるという作品で、冒頭からティンパニが暴れまくったり(笑)メロディを奏でたり衝撃的。これも、実演では視覚的にも相当おもしろいだろうし、こちらも実演を切に希望です。でもまずは原曲を聴いてみなければ。
  1. 2009/08/06(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

思わず

笑ってしまひますた /^o^/

井の頭線でも置き去り事故─走った車掌が電車追い越し遅延
http://bogusne.ws/article/124847716.html
  1. 2009/08/04(火) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

開運

静岡県掛川市の土井酒造といえば、開運の銘柄で知られたお蔵です。
名杜氏、波瀬正吉さんは、ここで安定して美味しいお酒を醸されていました。

もうご高齢と思っていたら、先日訃報が。。
長いこと、美酒を醸していただき、ありがとうございました。合掌。

開運 特別純米酒


開運というと、華やかな香りという印象がありましたが、今いただいている開運の特別純米酒、派手さは控えめですが軽い甘さの奥に深さを感じます。そして切れ味の潔さ。甘辛酸渋苦、日本酒の味わいのすべてを知り尽くした波瀬杜氏の職人技の一端を垣間見た気がしました。
  1. 2009/08/03(月) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。