スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Selmer Saxharmonic

Flying Sax Circus  Selmer Saxharmonic


ドイツからサクソフォン・アンサンブルの新譜情報です。

「Flying Saxophone Circus」
 by Selmer Saxharmonic
   MDG 910-1625-6 (SACD)
 ・ジャズ組曲第2番(ショスタコーヴィチ)
 ・スラヴ舞曲 第1・7・8番(ドヴォルザーク)
 ・スカラムーシュ(ミヨー)
 ・アメリカ物語(ガーシュウィン/ロンデックス編)
 ・悪魔のラグ(マティシア)

ドイツで活動する若手奏者を中心に2006年に結成されたアンサンブルとのこと。名前からすると、みなさんセルマーの楽器を使われてるのでしょうね。
編成は
Sopranino 1
Soprano 2
Alto 3
Tenor 3
Bariton 2
Bass 1
メンバーにはクレア・オブスキュア・サクソフォン・クヮルテットのメンバーの名前がある他、アルトにはジュンコ・クリモトさんという日本人と思われる方が参加されています。そして、なによりびっくりしたのは、指揮が世界的なバスーン奏者、ミラン・トルコヴィッチ氏ですよ。。

ショスタコーヴィチからドヴォルザーク、ミヨー、ガーシュウィンと、様々なスタイルの曲を集めているし、オリジナル曲であるマティシアのラグまでバランスのとれた選曲も秀逸で、これはどの曲も聴きものでしょう。トルコヴィッチ氏がどのようにリーディングされてるのかも含めて、実に楽しみなアルバムです。それにしても、最近のドイツのサクソフォン界は、次々と充実した録音が発表されていて、目が離せません。

現時点でMDGレーベルのサイトには情報なし、アマゾンでは入荷次第発送(ただし4,959円!!)、hmvでは5月20日発売予定となっています。うわーまだ2ヶ月先かよ。待ちきれないー。

セルマー・サックスハーモニクのサイトはこちら。
http://www.selmer-saxharmonic.de
スポンサーサイト
  1. 2010/03/31(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

日常

久しぶりで平日に夕飯を担当。

ブリ黒酢照焼
のらぼうお浸し
独活とレンコンと春人参のきんぴら
山芋のとろろ
大根と油揚の味噌汁

晩酌は五日市の地酒、喜正の生。




黒酢が中国産以外は、ほぼ国産品、なるべく地産地消。
できるだけ旬のものを使うようにしてみました。
  1. 2010/03/30(火) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

お宝

入場券の数々


近々実家が引っ越すので、未だに実家に残っている私物を処分せい、と指令が下り、現物確保に行きました。

卒業証書やら中学高校時代の写真やらいろいろ引き取ってきました。ヲタ的には、新京成バスの社内掲示用路線図とか、昭和50年代の関東自動車(関東バスにあらず)全線路線図とかいろいろありますが、いちばん懐かしかったのが、かつて各地で買った、硬券入場券の数々。

「朱鞠内」「初山別」「東赤谷」「別当賀」「沙流」「高千穂」「北見滝ノ上」などなど。開業早々の「東戸塚」もあります。現存しない駅のものが数々。現存する別当賀だって、いまや一日平均乗降人数2人らしいです。それが有人駅で入場券も売ってたなんて。ほんの30年ほど前のことです。当時の北海道の入場券を買ったという、高校時代の鉄道研究同好会(私は部員ではなかった)の面々ほど気合の入ったコレクターではありませんが、それでも懐かしい。ああ、ゆっくり鉄道旅行したいな。
  1. 2010/03/28(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

満漢全席

「満漢全席」Crazy Ken Band Show 2004 日本武道館+神奈川県民ホール DVDを見てます。


いいねー、ケンさん。ダサかっこよい。あんなオトナになりたい。
って、私と6歳しか違わないんだけど。

クレイジーケンバンド、トロンボーンが河井わかば氏、
パーカッションに伊達弦さんがいたりして、なにげに豪華です。

このところ、ちょっとお疲れ気味なんですが、このDVD見てると元気出てきます。
さ、今週もあと1日。
今期もあと4日。

4月からは新しい職場に。仕事は変わらないけど。


  1. 2010/03/25(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

明日22日はパーシモンホール@目黒%Orquesta de la Canda

おかげさまで、Orquesta de la Canda、いろいろお声をかけていただいてます。
今回はRT Grupoさんのイベントで演奏します。
ぜひ、盛り上がりましょう!

--------------------------------------------------

●踊るのが好きな方!はもちろん、
●ラテン音楽を聞くのが好きな方!
●ライブハウスに対して、敷居が高いと感じている方!
●サルサに対して、興味はあるけど、キッカケがなかった方!
●未知の世界、ラテン音楽の醍醐味を知りたい方!

RT Grupoのホームパーティーにフラッと立ち寄ってみてください。
そして感じてください ラテンワールドを♪

場所 :  めぐろ パーシモンホール B1F           
  (東急東横線 都立大学駅から一本道で徒歩6分程度。
東京都目黒区八雲1-1-1 TEL:03-5701-2924)
時間帯 : 18:10~21:30 (Live は 19:00~ 20:15~ の予定)
参加費 : 2,000円(飲食持込自由)

主催: RT Grupo
お問い合せ: salsapromoter@yahoo.co.jp

--------------------------------------------------
  1. 2010/03/21(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Sonic Art Saxophonquartett


「Ligeti, T��r, Katzer, L�vy Neuwirth, Xenakis」
  sonic.art saxophponquartett
  Genuin GEN 10164 (P/C)2010

  ・6つのバガテル(リゲティ)
  ・ラメンテティオ(テュール)
  ・Wie ein Hauch ... doch machmal(Katzer)
  ・Durch(Levy)
  ・Ondate(Neuwirth)
  ・XAS(クセナキス)


ドイツの若手奏者による、サクソフォン4重奏団。既にギリシャのテッサロキニ国際現代音楽室内楽コンクール、第11回ペンデレツキ国際現代音楽コンクールなど、現代音楽系のコンクールを中心に数々の賞を獲得している実力派団体です。ファーストアルバムも、硬派そのもの、ハードな曲目が並び、しかも恐ろしく知的な演奏を繰り広げます。リゲティではスウィングしてるのではないかというくらいスピードにのった演奏を展開。切々とした響きが印象的なテュールの曲でも、澄んだ川の水のような透明感と緊張感は最後まで保たれています。XASでのテンションの高さも尋常ではありませんが、それでも音程やアンサンブルが崩れず冷静なのはすごい。。

現代音楽にアレルギーがない方にオススメです。

sonic art saxophonquartettのサイトはこちら。
http://www.sonicartquartett.de/

以下で参考音源が聴けます。グラズノフの4重奏曲の演奏があったりして、これもなかなかイイです。
http://www.sonicartquartett.de/quartett/en/audio/index.php
  1. 2010/03/16(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

月曜日から




来月のサクソフォン交流会の準備のため、N先生と事務局で打合わせ。と言っても、決めることは決めつつ、なぜかビールがすすむ。マスランカ氏の来日のこぼれ話にはじまり、とても文字にできない話で盛り上がりました。で、ようやく電車で帰宅中。今週は長くなりそうです。

写真は本題と関係ない、街角スナップ。
  1. 2010/03/15(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

西尾さん



というお店@新宿で呑んでます。 
お友だちの名前のことではありませんw
画像は塩辛いジャガバター(のようなもの)
  1. 2010/03/11(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

この先の予定

いろいろやります (^^;
お近くの方、ぜひ遊びに来てください


3月20日(土) しらこばと音楽団「癒しのコンサート」@わくわく☆さいたま☆いきいき祭り
@さいたま市市民活動サポートセンター(浦和駅東口パルコ上)
しらこばと音楽団の出番は11:30~予定
http://music.geocities.jp/saitamaarts21/details/wakuwaku2010.html

 #2月21日の演奏の写真はhttp://music.geocities.jp/saitamaarts21/details/machizukuri_dtls.html#n33

3月22日(祝) Orquesta de la Canda 「RT Salsa」
@めぐろ パーシモンホール
時間帯 : 18:10~21:30 (Live は 19:00~ 20:15~ の予定)
参加費 : 2,000円(飲食持込自由) 主催: RT Grupo
http://mixi.jp/view_event.pl?id=51060199&comm_id=1042646

4月10日(土) しらこばと音楽団「親子でスイング!」
@国立駅前エソラホール(西友上) 14:00~
大人500円 子供300円 主催:立川子ども劇場国立ブロック
http://d.hatena.ne.jp/banka-an/20100227/p1

4月17日(土) 「第1回サクソフォン交流会」(アマリリス合奏団として参加)
@中目黒GTホール 13:30~ 入場無料
http://enjoysax.web.fc2.com/info.html

4月29日(祝) Orquesta de la Canda「サルサマニア」
@江古田Buddy 詳細別途

6月13日(土) しらこばと音楽団「とびっきりまつり」
@昭和記念公園花みどり文化センター 主催:立川子ども劇場
詳細別途
参考:http://www003.upp.so-net.ne.jp/t-kodomogekijo/maturi2010/maturi2010.html
  1. 2010/03/10(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

またまた週末日記

どうも週末はゆっくりPCに向かってないので、
こうしてまとめて書くことになるんだなぁ。。

金曜:リエゾン・サクソフォン・アンサンブル演奏会@ハクジュホール
14人のサクソフォンアンサンブルを指揮するのは、数々のオーケストラを指揮してきた家田厚志氏。こうしてサクソフォン以外にルーツを持つ方が指揮されるというのは、実はいろいろと意義があるものと思っています。一番の印象は、ソロを吹かれた原博巳さんの圧倒的なパフォーマンス。実にテンションの高い、しかも余裕を持って響きを構成していくソロが印象に残りました。

土曜:つくば→大洗
つくばで夫婦共通の友人の某嬢親子とお昼ごはん。実は先週会ったばかりなんだけど (^^; 実家からだとつくばまでは車で小一時間なんだけど、今の家からだと東京を横断して延々3時間近くかかってしまいました。中華料理屋さんの奥の小部屋で、子どもたちが騒ぐ中、会食。その後、雨なので造り酒屋でお酒を1本仕入れた以外には特に立ち寄らず、、大洗の民宿に到着。奥さんの関係のお集まりに2年ぶりに参加。あんこう鍋美味し。

日曜:大洗→那珂湊
雨模様なので、町の観光パンフレットでみつけた大洗わくわく科学館という施設に行ってみました。子どもたちの科学的な興味を引くものがたくさんあり、思わず長居。那珂湊の魚市場で回転寿司を食べ、鯵、イカなどを仕入れて帰宅。

 

  1. 2010/03/08(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Tangled Loops



「Tangled Loops」Nathan NABB(sax), Winston CHOI(piano)
  Tangled Loops (J.Eckardt)
  セクエンツァIXb (ベリオ)
  Opcit (P.Hurel)
  セクエンツァVIIb (ベリオ)
  Whirled Series (M.Babbit)

ノースショア・トリオの演奏会については、先日のblogに書きましたが、会場でこのCDを買いました。トリオのうち、杉原さん以外の2人、ネイサン・ノブ氏のサクソフォンと、ウィンストン・チョイ氏のピアノによるコンテンポラリーの作品集です。

どの曲もメロディらしいメロディはなく、和音らしき響きもほとんど聴こえてこない作品ばかりです。この手の演奏を聴くと、そこはかとない不安感を感じることがよくあるのですが、この演奏はそれを全く感じさせません。音程も音色も曖昧なところがなく、音楽が必要以上に声高にならず、まっすぐに伝わってくるのです。

セクエンツァは多くの演奏者の録音があり、たとえばドゥラングル教授のCDを聴くと、精緻で巨大なガラス細工のような印象をうけますが、ネイサン・ナブ氏の演奏は、平原にどっしりと根をおろした緑が生い茂る大木のようなイメージです。木の葉は風に揺られて日差しにきらめいて様々な表情を見せるように、音楽の持っている様々な側面を過不足なくみごとに紡ぎ出しています。こういう演奏だったら、コンテンポラリーな作品も聞いてみたいなぁ。

このアルバム、iTunesで試聴・購入することができるので、興味ある方はどうぞ、、と思ったら、日本からではダメ??
http://itunes.apple.com/jp/album/tangled-loops/id329856045

当日、ナブ氏にはサインをいただいたのですが、そこで雲井先生を交えて話し始めてしまい、ピアノのチョイ氏にサインを貰うのをすっかり忘れてしまいました。。

ナブ氏のサイト↓
http://www.nathannabbmusic.com/
  1. 2010/03/04(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

武蔵野の謎

かなりヲタねたなので、興味ない方は強くスルー推奨です。


諸般の事情があって関東バスについて調べているのですが
武蔵野営業所の出庫便がどうも理解できません。
ご存じの方、ぜひぜひ教えてください。

武蔵野営業所の停留所は、西方向・東方向とも営業所(車庫)より西側にあり、
構内にはポールが立っていません。

↑      車庫
北   東  ■■
    行  ■■営
    き  ■■業
    ♀  ■■所
==============(五日市街道)
    ♀
    西
    行
    き

なので、東方向への出庫便は武蔵野営業所停留所は通らないことから
次のバス停が始発停留所となります。

例)
 [吉51] 武蔵野市民会館前→吉祥寺駅
 [鷹10] 武蔵野市民会館入口→三鷹駅
 緑町一丁目→北裏
 緑町一丁目→武蔵野市役所→柳沢駅
 緑町一丁目→市営プール→電通裏
 緑町一丁目→NTT武蔵野研究開発センター

西方向へ向かう出庫便は、武蔵野営業所バス停前を通過するのですが
なぜか武蔵野営業所の掲示時刻表には出庫便が掲載されておらず、
次の停留所(第五小学校、武蔵野住宅)から該当の便の時刻が確認できます。

例)
 武蔵野営業所?→第五小学校→武蔵境駅
 武蔵野営業所?→第五小学校→武蔵小金井駅
 武蔵野営業所?→第五小学校→関前南公園
 武蔵野営業所?→第五小学校→向台町五丁目
 武蔵野営業所?→第五小学校→桜堤団地
 武蔵野営業所?→第五小学校→花小金井駅
 武蔵野営業所?→第五小学校→八幡町(→三鷹駅)
 武蔵野営業所?→武蔵野住宅→柳沢駅
 武蔵野営業所?→武蔵野住宅→東伏見駅北口
 武蔵野営業所?→武蔵野住宅→多摩六都科学館

西方向行きの出庫便は、武蔵野営業所停留所では客扱いしないのか、
それとも単に時刻表に掲載していないだけなのか。謎です。


他にも、

 ・柳沢駅→市役所→武蔵野営業所 が、通常便や出庫便は市役所構内を経由するのに
  入庫便のみ構内に入らず武蔵野市役所前で客扱い?
 
 ・武蔵野市民会館入口を通過する便が多すぎて、[鷹10]出庫便の特定が困難
  (吉51はまだなんとか。。)

など、悩みはつきません。

また、ここ数年で、延対策のためか、
折り返し時間に余裕をとるようになったようで(いいことなのですが)
趣味的はに到着時刻を推定するのが難しくなってきてます。


しかも、今日仕入れた情報だと、青梅街道営業所管内で3/16にダイヤ改正らしい。。
(まだ公式サイトに情報なし。)荻窪線・中瀬線で深夜バス増発、他立教線も改正。
不景気のこのタイミングで深夜バス増発は?だけど、アグレッシブな姿勢は関東バスらしい。
ああ、調査し直し。。

  1. 2010/03/03(水) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

週末日記

まとめて (^^;

金曜日:飲み食い仲間6人で、日本酒コーディネーターのtakeさんを頼って、四谷の酒徒庵へ。隣のテーブルで、料理や日本酒にカメラを向けているあやしい2人組がいたのですが、よく見たら仲間一味でした (^^; といことで、さらに一人呼び出して9人でさんざん飲み食い。

土曜日:同い年のN氏が名古屋に帰郷するという名目で、10数年来の懐かしい楽器&飲み仲間で壮行会。大人15人とそのお子様方、ということで、大所帯でワイワイと。私(と子どもたち)は1次会・2次会のみ参加でしたが、奥さんは0次会から3次会まで、のべ8時間のマラソン参加でした (^^; また呑もうね~>みなさん

日曜日:Orquesta de la Canda のライヴ@江古田Buddy%Salsamania!。今回も、元デラルスの名トランペッター、福本さんをゲストに迎え、本番一発勝負の演奏。福本さん、すごすぎます。対バンの Las Wepas、Latin Factory も楽しませていただきました。今回は会社同期のK夫婦が聴きに来てくれました。これまでサルサに興味のなかった彼らに「ライヴ楽しいね!」と言ってもらったのが一番嬉しかった~。

月曜日:仕事は休んで地元市立病院に検査の事前診断。せっかくなので、その後梅見に (^^;。帰ってきてから、花粉症のひどい息子10歳を耳鼻科に連れて行き、娘8歳を学童に迎えに行き、帰宅してちょっと横になったら寝てしまった (^^;。夕飯は、スズキ刺&子持ち昆布、ざる豆腐、バイ貝煮付け、ギバサの二杯酢、ほうれん草と塩昆布の和え物、プチヴェール(という葉菜)とニンジンのマヨネーズ和え、水菜・大根・ニンジンの和風ドレッシング、蕪と油揚げのお味噌汁。
  1. 2010/03/01(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。