スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

勢正宗




遅くなってしまったが、火曜日に地酒屋こだまで開催された
「第三回こだま酒の会 長野県信州中野より丸世酒造さんをお迎えしての酒の会」
に参加してきました。

地酒家こだまは、5月にお店のご主人たけさんが開いたお店。
早く訪れなきゃ、と思ってながら、なかなかお邪魔できなかったのでした。

タイトル通りこの日は丸世酒造の社長さんを招いてのイベント。
丸世酒造の主力銘柄は勢正宗。わずか100石/年ほどしか造っておらず
限りなく地元中野市のみでしか流通していません。
私も存在は知っていたのですが、これまでにいただく機会がありませんでした。

こちらの造りの特徴は、もち米四段仕込みという独特な方法をとられてるとのことです。
詳しい説明は以下お蔵のサイトをご覧いただくとして(あれ、管理者はもしや??)

http://ameblo.jp/marusesyuzouten/

独特の甘い味わいのお酒です。甘いといっても上品であとを引きません。

軽やかできれいな香りの大吟醸に始まり、四段仕込みの純米酒、
特別本醸造、1年寝かせたもの、2年寝かせたもの、などなど、
いろいろ試飲させていただきました。うーん、どれも美味しい(笑)
でも、やはりぬる燗が私の好みかな。

信州味噌や漬物高祖豚など長野にこだわったぴーさん手作りの食べものも
甘い酒質にどんぴしゃでした。

ほとんど初対面の方々でしたが、そこはお酒がつなぐ縁、楽しい時間を
過ごさせていただきました。ありがとうございました。

いやー、さすがたけさんが推すお蔵、すっかり私も気に入りました。
最近長野県北部まで行くこともないけど、機会があればお蔵にも行ってみたいです。


PS 間に合わないからてきとーに作ったとおっしゃるラベルも、妙に味があります (^^;
スポンサーサイト
  1. 2010/07/29(木) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

本日のセットリスト

本日、川口市某所でのイベントにて、しらこばと音楽団4曲ほど演奏。

セットリスト
 ・Love
 ・Close to You
 ・トトロメドレー
 ・長崎は今日も雨だった

メンバー
 わんわんさん、ニジマスさん、kuri_saxoクン、私(以上sax)、やまーさん(perc)

詳しくは気力があったら明日にでも書きます。。
  1. 2010/07/25(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Liberation

Liberation


「Liberation」
  Brain Music OSBR27001
  ・リベレーション~シンフォニック・ウィンド・アンサンブルと合唱のための(マスランカ)委嘱作品・世界初演
    楊 鴻泰 指揮 JWECCスペシャル・バンド
  ・アルト・サクソフォンとウィンド・アンサンブルのための協奏曲(マスランカ)日本初演
    雲井 雅人(sax) 仲田 守 指揮 名古屋アカデミック・ウィンズ



吹奏楽で人気の高い、1943年生まれの作曲家マスランカの2作品を収録したライヴ盤。1曲目のリベレーションは、グレゴリオ聖歌「我を解き放ち給え」をベースに展開される、叙事詩のような壮大な作品。心の奥深くから湧いてくるような合唱を前にすると、ただただ謙虚になるしかない自分に気づきます。曲の最後にある長いサクソフォンのソロが、解き放たれた素の心のもつ穏やかさを表しているようで、とても印象的です。

協奏曲のソロは、日本でこの曲を初演するならこの人しかいないと思っていたとおりの雲井雅人氏。それにしても5曲約40分は、管楽器の協奏曲としては体力・精神力の限界ではないでしょうか。心の不安定さを感じさせるような1曲目に始まり、時にバッハの引用をはさみながら、人の心の深みを垣間見つつ、そっと終わっていく5曲目まで(解釈的にあっているかどうかは知りませんが)圧倒的な音楽が展開されていて、途中で息つく間もないほど。この曲は先にオーティス・マーフィー氏のソロの録音を聴いていますが、雲井氏のソロはより人間的な苦悩やあこがれ、ストレートな喜びといった多彩な表情が伝わってくるような気がします。そして、それこそがマスランカ氏の曲の本質じゃないか、と思うのです。
  1. 2010/07/23(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Maple & Rose Saxophone Orchestra

Maple&Rose Saxophone Orchestra

「メイプル&ローズ・サクソフォンオーケストラ」
  Brain Music OSBR27002
  ・歌劇「魔笛」序曲(モーツァルト)
  ・ワルツ「春の声」(J.シュトラウス)
  ・バレエ「眠れる森の美女」より ワルツ(チャイコフスキー)
  ・アダージョとアレグロ(正門研一)委嘱作品・初演
  ・屋根の上の牡牛(ミヨー/ロンデックス)
  ・日本抒情歌メドレーII(上田啓二編)
  ・コール・ポーター・メドレー(C.ポーター)
  ・ヘンリー・マンシーニ・メドレー(H.マンシーニ)
  ・デューク・エリントン・メドレー(D.エリントン他)

私は不遜にもこの団体のことは全く知らなかったのですが、上田啓二氏の主宰で広島を拠点に30名近くで活動するサクソフォン・アンサンブルとのこと。広島の県木「かえで」と県下第二の都市福山市の市花「バラ」に由来した、なかなか洒落た団体名ですね。このCDでは、ソプラニーノからバスまで23名のサクソフォン奏者と、3名の打楽器奏者で録音されています。曲目はクラシックアレンジから委嘱のオリジナル作品、ポップスまで幅広く、編曲は一部を除いて上田氏が手がけています。

失礼ながら、これだけ整った響きがするとは思っていませんでした。アンサンブルやテクニックが破綻しているところはほとんどなく、単一楽器属による厚い響きを楽しむことができました。おそらく、上田氏の無理のない編曲が、成功の理由の大きな要素になっているのでしょう。やや癖のある吹き方をする奏者が目立ってしまったり、音程のせいか中音域がクリアに聴こえてこなかったりといった点は気になりましたが、幅広い曲想に対応できる実力を感じる演奏です。

ミヨーの「屋根の上の牡牛」を、ロンデックスがサクソフォン・オーケストラ版に編曲したのを取り上げられているのも興味深いところ。かなり短縮版ですが、サクソフォンの器用さとリリカルでコミカルな面を楽しめる演奏です。個人的には好きなコール・ポーターの名曲がメドレーで聴くことができるのがウレシイ。特に、最後が「Love for Sale」というところがツボです。
  1. 2010/07/21(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

この夏、初

ミニトマト 2010/7
ゴーヤー 2010/07

梅雨の合間、庭は野菜苗も雑草も伸び放題。。

いつのまにか、この夏初収穫。

トマトは数日前の雨でちょっと割れ気味。
(トマトは、水を吸い上げると割るんです。。)
割れたところを除いて、加熱してピザに。

ゴーヤも小さな実がなってました。ちょっと様子見。

ナスも幾つか実がなってましたが、もう少し大きくなるまで待ちましょう。

セロリは支枝を間引き。採れたては香りが鮮烈。

キュウリは、長さ50cmの巨大な実が。。。
大きいと水っぽくて美味しくなくなっちゃうんですよ。

ということで、今日の昼は自家製野菜のピザ、
夕飯は餃子(セロリ多め)でした。
キュウリは塩をまぶして、すこし水分を落としてみます。
  1. 2010/07/10(土) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

町田酒造

町田酒造店「町田酒造」特別純米55・無濾過


先日、お蔵に近い酒屋さんで、たまたま見かけて購入しました。
前橋市駒形(関越道のPAがありますね)の、
町田酒造店(主要銘柄 清りょう:りょうは瞭の左が口扁)のその名も「町田酒造」。

酒屋のご主人曰く

「昨年はまだまだだめだったけど、今年のは全国に通用するよ」

と、とても嬉しそうでした。

特別純米55は新潟の五百万石を55%まで磨き、純米生・無濾過。
うん、これは美味しい。お米の特徴を上手に使った、
華やかさももちながら喉元で旨さが広がります。

地元で応援されてるお酒、まだまだ伸びしろがありますが
このお酒を「美味しい」と言って呑んでくれる人が増えますように。
私も応援したいです。 [町田酒造]の続きを読む
  1. 2010/07/05(月) |
  2. 東京近郊の地酒|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

自分用メモ 道南バス 佐呂間町

道南バス厚賀太陽線 2011/3廃止予定
→厚賀ハイヤーによるデマンド運行を実証運行予定
静内泉線の新冠市街地~泉間 2012/3廃止予定
スクールバス混乗化・健康推進バスの活用を検討
http://www.niikappu.jp/kikaku/kutu/keikaku.pdf


湧網線廃止代替バスの廃止に伴う、佐呂間町町営バス拡充計画
 ・若里・トカロチ線
 ・知来・仁倉線
 ・大成・共立線
 ・栃木線
 ・浜佐呂間線
 ・富武士線
 ・遠軽線(月水金曜)
 ・北見線(火木曜)
 ・常呂線(水曜)
 http://www.town.saroma.hokkaido.jp/kouho/kouhou/2010_04koho/100404.pdf

ええと、湧別町の対応が見えない。。。
  1. 2010/07/03(土) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ご案内 7/4 Salsamania Special 2010

直前になってしまいましたが、ライヴのご案内です。
Orquesta de a Canda として参加します。
お近くの方、どうぞお越しください。

「SALSAMANIA Special 2010」

2010/7/4(Sun.)
17:00open / 18:00start
前売&予約¥3,000/当日¥3,300(ドリンク別)

出演:
18:00- Banda La Mina De Oro
19:00- Tokyo Libre
20:00- Orquesta de la Canda
21:00- Conjunto Jibaro

場所:江古田 Buddy(03-3953-1152)江古田駅南口広場右手

 *メンバーにご連絡頂ければ、前売料金で入れます!
 来れるかわからない、という方もぜひお知らせください。
BuddyHP:http://www.buddy-tokyo.com/map_m.html
デラカンダHP:http://www.delacanda.com/

  1. 2010/07/01(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。