スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

セカンド・バトル

セカンドバトル


「セカンド・バトル ブレーン・アンサンブル・コレクション Vol.15」
  ヴィーヴ!サクソフォン・クヮルテット
 ・アリオンの琴歌(八木澤教司)
 ・のっぴきならない虹~サクソフォン3重奏のための3つの小品(福島正和)
 ・セカンド・バトル2(天野正道)
 ・海にまつわる三章(石毛里佳)
 ・喜歌劇「メリー・ウィドゥ」セレクション(鈴木英史編)
 ・グリーン・スリーヴス・ファンタジー(戸田顕)
 ・アミューズメント・パーク組曲(高橋宏樹)
 ・サクソフォンズ・スタディーズ第2番(菊池幸夫)
 ・リベルタンゴ(ピアソラ/浅利真編)


ブレーン・ミュージックから楽譜が出版されている曲を収録したCD。いわば、デモ演奏的なCDといえるでしょう。既にサクソフォンはこれが「サクソフォンズ・スタディーズ」「イマージュ」に続く第3集となり、第1集からからすべてヴィーヴ!サクソフォン・クヮルテットが演奏しています。

すみません、以下辛口でいきます。

このCDですが、演奏は技術的にはまったく破綻なく、音符を音にするという点はみごとです。ですので、楽譜を購入するか検討するかどうかの判断材料とするか、あるいは楽譜を購入して実際に演奏する際に曲の概要をつかむための材料とするか、いずれかの目的のためならば購入の意義があるでしょう。しかし、これらの曲をクラシック音楽の一部として聴いて楽しむ、という点にはちょっと無理があると感じました。

録音は、埋もれやすい内声部の動きはかなり明確に聴こえますが、ヴィーヴ!SQの特徴(と私が勝手に思っている)である、バリトン・サクソフォンがリードする生き生きとした音楽がこの録音からあまり聞こえてきません。全体によく鳴っているし、バランスもけして悪くはないのですが、音の生々しさが後退しているからか生命力があまり感じられないのです。セカンド・バトルは、音符は綺麗に揃っているのに、曲のドキドキ感、掟破り感が伝わってこなくてもどかしく思いました。小串さんのバトルの演奏が耳に刷り込まれてるせいだとは思うんですけど、この曲は吹き流すなんてことをせず、ゴリゴリやってほしいなぁ。この曲に関しては、ヴィーヴ!さん、そこまでこの曲に思い入れはないのかなぁ、ちょっと腰が引けてるような。その点リベルタンゴは思い入れの入り具合がぜんぜん違います。。

あと、録音そのものにも原因があると思いますが、作品そのものの魅力も不足しているようにも感じました。作曲者がストーリーを描きすぎてその結果曲の説得力がなくなってると感じる作品、このフレーズってサクソフォン向きか?と疑問を感じる箇所が多かった作品、同質性の強い音色で演奏されるゆえにせっかくの細かい仕掛けが聞こえてこない作品。このCDを聴いて楽譜を買って自分でも演奏してみたい、という曲は残念ながらほとんどありませんでした。それにしても、なんでサックスというとすぐにジャズやポップス系要素を前に出してくるのかな。ジャズやポップスを持ち出す必然性が感じられない限り、クラシック音楽としての意味はないと思うんですが。。

一方、楽しめたのは、メリー・ウィドゥのセレクション、これは元の曲の良さを活かした編曲が印象に残りました。さすがに吹奏楽大編成と比べると表現の多彩さは後退しますが、せめてAATBではなくSATBで聴いてみたいな(楽譜はオプショナルでソプラノあり)。これと、単純明快で楽しいアミューズメント・パーク組曲。ストーリをいじくりまわさず、ストレートでいい。せっかくだからもう少し曲が長いとさらにおもしろかったと思うんですが、3重奏なのに4重奏の表現力にも劣らないのはすごい。

ネガティヴで上から目線的なことを書きましたが、これがこのCDを繰り返し聴いた正直な感想ということで。。


スポンサーサイト
  1. 2010/08/31(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

家族サービス中


休暇取って、子供たち連れて海に来てます。まだまだ秋の気配はまったくなし。
  1. 2010/08/30(月) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

猫・ねこ・ネコ

猫・ねこ・ネコ 河西麻希&船橋登美子

「猫・ねこ・ネコ」
 河西 麻希(saxophone)船橋 登美子(piano)
 KossakKCD-2025
  ・猫・ねこ・ネコ~アルト・サクソフォンとピアノのための(船橋 登美子)
  ・つゆ草(船橋 登美子)
  ・れんげ草(船橋 登美子)
  ・庭の子猫(船橋 登美子)
  ・猫日和♪まがちゃんの気ままな一日~アルトサクソフォーンとピアノのための(船橋 登美子)
  ・メロディー~ソプラノサクソフォンとピアノのための(船橋 登美子)
  ・早春賦(中田 章)
  ・たなばたさま(下総 皖一)



河西麻希さんのセカンドアルバム(というべきか、ユニットの作品を数えればサードアルバム)は、むむむ、こうきましたか。はい、完全にコンセプト勝ちです。ジャケットからブックレットの内側から、かわいいネコ写真がいっぱい。曲も河西さんの飼い猫を曲にした猫・ねこ・ネコ、船橋さんの飼い猫を曲にした猫日和をはじめ、肩肘はらない自然体な曲で構成されています。どことなくドビュッシーやフォーレの歌曲のような響きがするのは、船橋さんの個性なのか、それともサクソフォンという楽器が自然とそういう響きを導きだすのか。。ところどころ猫の鳴き声やグルーミングのような響きが取り入れられたりして、おもしろい効果を出しています。猫日和では「ケンカをうるように」「猫パンチのように」なんて指示が楽譜に書かれてるらしいです。ちょっと楽譜を見てみたいかも。

つゆ草れんげ草といったネコ系以外の曲も、やはりフランスの歌曲のようなテイストがすてき。フルートのための作品をソプラノ・サクソフォンに書き直したというメロディだけは、明らかに器楽曲的なフレーズが多く、このアルバムの中では一番クラシックっぽいかも。

河西さんのサクソフォンは、水彩絵の具のような透明感があります。録音は残響がやや多めに捉えられていますが、その中でもすーっとどこまでも伸びて行きそうな音色の特性が印象的です。全体にとてもお行儀のよいネコさんたちに聞こえるのは、曲のせいか、それとも録音のせいかな。フレーズひとつひとつの躍動感やどんどん変わっていく曲の表情が、録音のせいか十分伝わってこないのが惜しいです。

  1. 2010/08/24(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Sax Antiqua

Sax Antiqua

「Sax Antiqua」
  自主制作盤? r.2009/8/14-17 Madrid
  ・歌劇「オルフェオ」より トッカータ(モンテヴェルディ)
  ・王宮の花火の音楽(ヘンデル)
  ・協奏曲集「調和の霊感」より(ヴィヴァルディ)
  ・歌劇「アーサー王」より シャコンヌ(パーセル)
  ・ブランデンブルグ協奏曲第3番(バッハ)
  ・協奏曲第2番ト短調「夏」(ヴィヴァルディ)



サックス・アンティクアは2003年にマドリッドで結成されたサクソフォン・アンサンブル団体。現在はディレクターのアントニオ・フェリペ(最近 http://kurisaxo.blogspot.com/2010/01/stockhausen-knabenduett.html で名前を見たっけ)の下、ソプラノ×3、アルト×2、テナー×3、バリトン×2の10名で活動しています。団体名どおりレパートリーはバロック期以前の曲に限られているというのがユニーク(あれっ、1曲だけドヴォルザークが紛れているのがお茶目 ^^;)。既に活動7年目となる彼らのCDが届きました。

全体を通した印象は「とにかくフルスピード全力疾走」。王宮の花火の音楽でも、ブランデンブルグ協奏曲でも、すごい勢いで飛ばしていきます。実質的な序奏となるモンテヴェルディのすっきりとした響きは爽やかですが、王宮の花火の音楽では、序奏のアレグロ部分に入ったところからスイッチが入ってしまったかのようにスピードがあがります。アンサンブルがしっかり揃っている点も、ますますスマートに感じる理由のひとつ。さすがにヴィヴァルディやパーセルは少々落ち着いて聞こえますが、それでも停滞することなく、音楽が前向きに展開していきます。そしてブランデンブルグ協奏曲のプレストは、主題があちこちに飛び回り、音の洪水に巻き込まれてしまったかのように錯覚します。夏のソロ部分やエンディングもすごいスピード。でも、まったく破綻せず、響きが整っているのがスゴイ。

CDで聞いてしまうと演奏のスケールの大きさが分かりかねるのですが、きっとしっかりとしたホールでの演奏ならば、整然としたアンサンブルとグルーヴ感がいっそう映えるんじゃないかな。アンティクヮという団体名が付いているけど、禁欲的な演奏ではなく、現代的でノリノリのバロックが聴けるんじゃないかな、と想像しちゃいます。実演を聴いてみたいものです。

彼らのサイトは以下URL。
http://www.saxantiqua.com/

をっ、写真を見るとラテンなナイスガイ揃いじゃないですか。
ちなみに、サイトから mp3フォーマットで購入もできるようです。
円高の今、ポチポチしちゃってください。
  1. 2010/08/18(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

8/29 MIYA de SALSA(@宇都宮)お越しください

8/29 MIYA de SALSA お越しください


オルケスタ・デ・ラ・カンダ @ MIYA de SALSA
 日時: 8/29(sun)12:00~18:00 雨天決行
 会場: 宇都宮市オリオンスクエア http://www.orion-square.com/
 料金: 無料

出演時間:
 12:30~13:15 Banda la mina de oro
 13:30~14:15 Guarapo de la bomba
 14:45~15:15 SALSA No.9
 15:45~16:30 ORQUESTA de ごじゃる!
 16:45~17:30 Orquesta de la canda

毎年11月の宇都宮マンボナイトが、今年は夏の終わりの野外イベントとして開催されます。
今年も、Orquesta de la Canda 出ますよ~。
今回もゲストに、元でラルスのトランペットの福本さんにご参加いただくく予定です。
他にも、注目のサルサバンドがせいぞろい!

イベントブース内には、ビール等の販売、から揚げ、餃子等のお店が出店予定です。
踊るもよし、呑み喰いしながらライヴの響きを楽しむもよし。
都内からも気軽に遊びにきてくださいね。
  1. 2010/08/15(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

北海道で食べたもの

番外編です (^^;

北海道到着後まず最初は、新千歳空港から車で30分ほど「東千歳バーベキュー」。
炭火で焼く鶏が絶品!ですが、私以外はあまりの煙モクモクにタジタジ。。



東千歳バーベキュー



ひまわりの里近く、北竜温泉の「レストラン風車」でアイスクリーム。
(写真なし。私は自粛)
レストラン 風車




旭川市、サンロクの「居酒屋 大舟」で、おすすめ刺身7点盛り、トマト盛り合わせ。
トマトがすばらしく美味しい。
 

大舟



東川町のキトウシ川を遡り、人家もまれな場所にある「北の住まい設計社 カフェ」。
自家栽培のベリーや、新鮮なトマト、ミルクなどの素材の良さが感じられました。
 

北の住まい設計社 カフェ



宿泊は「ペンションジャタガラ」夜は炉端焼きでした。
 

ペンションジャタガラ




美瑛の西、五稜の丘の麓にある素敵なカフェ「ries cafe」ベーグルプレート、チキンカレー。
ロケーションも素敵ですが、オーナー夫妻のお人柄も魅力的でした。
 



「ファーム富田ラベンダーイースト」でラベンダーアイス(写真なし)。
ラベンダーの香りが意外とソフトクリームにマッチ。


「星人の宿ペンション和田」で、野菜中心の美味しい食事。
肉料理ありませんが、ほとんどが自家栽培の野菜の美味しいこと。。
  


麓郷の「富良野とみ川」で、石臼挽き中華そばと味噌チャーシュー。
無化調の個性的なラーメン、なかなか美味しかったです。
 



江別市「まちむら農場直売所」でアイスクリームや牛乳、飲むヨーグルトなど。
オーソドックスだけど、飽きない味で、これはこれで美味しい。
(写真なし)


札幌すすきの「鮮場しゃも次郎」で夕食。時代館をコンセプトにした不思議な居酒屋。
 



最後のランチは札幌駅隣接「回転寿司 根室花まる JRタワーステラプレイス店」で。
リーズナブルだけど、なかなかネタの質はいいです。
  



新千歳空港「花畑牧場カフェ&ホエー豚亭 新千歳空港店」でお茶。




以上~
  1. 2010/08/13(金) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

北海道でみた風景3

その3、富良野と札幌。これで風景編(謎)は完結です。

かんのファーム


これは何の花?


西11線「ジェットコースターの路」


千望峠から十勝岳


富良野岳(だと思う ^^;)


蝶舞う庭


麓郷展望台より 地元の方が花をていねいに手入れされてました


メルヘンの木


旧道庁


時計台


ポケモンと遭遇
  1. 2010/08/12(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

北海道でみた風景2

その2です。美瑛町の丘めぐり。

新栄の丘



マイルドセブンの丘(多分)



赤麦の丘(前田真三氏に敬意を表して)



小鹿遭遇



ルベシベ地区の夕暮れ



パフィーの木



夕暮れ近く



美瑛の朝靄



朝焼け



朝のとうきび畑から



一本道



朝日燦燦



農作業小屋



はるか遠くに一本の木



哲学の木



ケンとメリーの木



親子の木



セブンスターの木



五稜の丘(天気があまりよくなくて残念)



晴れてきました



まだ続く(笑)
  1. 2010/08/11(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

北海道でみた風景1

一部先のエントリーとダブりますが、写真をずらっと。
一応3部に分けましたが、重いので覚悟ください (^^;


北竜町ひまわりの里



北竜町 眺望の丘



東川町 キトウシ谷の夏 北の住まい設計社カフェより



蕎麦の花咲く丘



丘に立つ二本の木



木の群れの上、雲泰然



就実の丘より



就実の丘への直線道路



町境のポプラ



続く(笑)
  1. 2010/08/10(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

週末日記(汗)

恒例となりつつある(大汗)週末日記。


金曜日

まだ夏休み。息子11歳を連れて、某企業主催の電子工作教室へ。
なんだか、せっかくの夏休みなのに、職場の近くまで出かけるって、なんだか悔しい(笑)
息子の工作は、ハンダ付けでLEDや各種のセンサーや電線を固定して作る
振動に反応するリモコンと、そのリモコンで動く簡易ロボット。
http://www.murata.co.jp/new/news_release/2009/0928/index.html
無事完成してよかった。。。
帰りは電車が混まないうちに急いで帰ってきました。


土曜日

娘8歳の、保育園時代の同窓会。
まあ、本人たちよりも、親が集まって飲みたいだけ、とも言いますが(笑)
地元駅近くの中華料理屋さんで、親子総勢30名くらいかな。
予想通りにぎやかな会となりました。
一部お父さんはたまに一緒に呑んでるので、あまり久しぶり、という
わけではないのですが、1年も見ないと子どもはどんどん大きくなりますね。
特に女の子は変わります。男の子は、、だんだんみんな見分けがつかなくなります(笑)
というのも、自分が女の子の親だからでしょうかね。。


日曜日

アマリリス合奏団の、今年の演奏会に向けた第1回練習、というか譜読み。
今年は練習できる回数がかなり限られそうなので、選曲に悩むところです。
バッハ、プッチーニ、サキソフォックス系などを譜読みしてみました。

今回はM家の長女Aちゃんが、中学でサックスを始めたとのことで
はじめて親たちに混じって一緒に音出しをしてみました。
いやー、ついに子供世代と一緒に吹くようになっちゃいましたね~
Aちゃんが生まれる前からこのメンバーでアンサンブルをやってるわけですが
いやー、なんだか感慨深いものがあります。

練習終了後は、いつもの通り宴♪

さて、ようやく社会復帰、一週間頑張って乗り切りましょう~
  1. 2010/08/09(月) |
  2. Family|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

大喜び


帰京はポケモンジェットで。娘8歳大喜び。
  1. 2010/08/05(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

花畑


搭乗前に花畑牧場カフェでまったり
  1. 2010/08/05(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

脱出


ようやく電波が届くところに戻って来ました。
  1. 2010/08/04(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

美瑛の朝焼け


おはようございます!
  1. 2010/08/03(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

格闘中


旭川の三六で海鮮や新鮮な野菜と格闘中。
  1. 2010/08/01(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

東京脱出


ヒマワリ満開。
  1. 2010/08/01(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。