スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

OEK/井上道義氏の新譜



グノー、ブトリー、グルダ
 井上道義指揮 オーケストラアンサンブル金沢
 須川 展也(sax)、ルドヴィート・カンタ(vc)
 Warner WPCS-12385 2009/9・2010/3 石川県立音楽堂コンサートホール[Live]
 ・小交響曲 変ロ長調(グノー)
 ・アルト&ソプラノ・サクソフォンと管弦楽のための協奏曲(ブトリー)
 ・チェロとブラス・オーケストラのための協奏曲(グルダ)



オーケストラのアルバムではあるものの、実質的に管楽器が主役の曲ばかり。もちろん、チェロの協奏曲はメインは弦だけどバックがブラオケ。グノーは9本の管楽器のための曲。

小交響曲、これまでにも何度か聴いたことがあります。しかしこういう演奏で聴くと、フレーズの取り方や楽器の重ね方など、やっぱりグノーっぽいチャーミングで端正な曲だな、と思いつつ、どことなくアグレッシブに聞こえるのはグノーにイギリスのテイストが混じっているから、井上氏のバトンゆえか。

サクソフォン協奏曲は、コンポーザ・イン・レジデンスだったロジェ・ブトゥリー氏の委嘱初演作品。フレーズがあまりメロディらしくないことを除けば、曲の構成、和音など、これはまっとうなクラシックの作曲技法を用いた作品。弦楽器が激しく刻む上を木管楽器が動きまわるようなオーケストレーションは、どことなく吹奏楽曲を思い浮かべておもわずニヤリとしてしまいます。須川氏のソロはライヴということもありもちろん大熱演。後半、やや技術的に苦しくなるところもありますが、それは須川氏のせいというよりは「そんなにソリストをいじめないでよ!」と作曲者に言いたくなるような (^^;

しかし、グルダの協奏曲の演奏にはぶっとびました。1楽章最初からドラムセット、エレキベースなどがビートを刻み、弦楽器はおらず(正確にはコントラバス1名)基本的にオーケストラの2管編成(フルートとバスーンは1本、当然サクソフォンはいない)。こんな妙な編成でロックやジャズがビッグバンドばりに赤面なく演奏され、かと思うと室内楽的な響きになったり、民謡やバッハをパロってみたりとハチャメチャな怪作。この曲、他にも何枚かCDを持ってるのですが、これまでは単に変な曲としか理解できていませんでした。が、今回のこの演奏は、それぞれの音楽的特性を徹底的に表に出しながら、場面転換がみごと。聞いていてなるほど、と目からウロコな演奏でした。チェロのソロにはまるでエレキギターの速弾きのようなフレーズが求められたり、超高音の高速フレーズが多用されたり、これまたソリスト泣かせ。最後の楽章は、村の楽隊の行進曲! もう、あまりに想像通りの行進曲、ピッコロのトリル、エンディングは、じゃ><<<<<ん|じゃん!とお決まりのパターン。。さすがグルダ、クラシックを壊してくれます。なんでも演奏会では、ソロのルドヴィートさん、ジーンズで登場して演奏したとか(ミラーボールがまわったとpかまわらないとか)。演奏後のオベーションもすごい(録音されてます)。すみません、この強烈な演奏を聴いてしまうと、その前のサクソフォン協奏曲の印象なんか完全に吹っ飛んじゃいます。。グルダさん、きっと天国でほくそ笑んでるんだろうなぁ、それとも苦笑いかな。。
スポンサーサイト
  1. 2010/09/30(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

テストを兼ねて 焼きました



FC2ブログのiPhoneアプリが出てたのを知りませんでした。テストを兼ねてポスト。ランチにピザを焼きました。これはベーコンとポテトのピザ。
  1. 2010/09/25(土) |
  2. 呑み、食べ♪|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

TheLastCountry

「The Last Country」

 國末 貞仁(sax) 中村 真理(p) CAFUA CACG-0157
 ・ファンタジー(ベダール)
 ・Down down down(石毛里佳)
 ・プロヴァンスの風景(モーリス)
 ・スカラムーシュ(ミヨー)
 ・天国の月(長生淳)
 ・The Lsat Country(高橋宏樹)


香川出身・東京藝大卒、既に若手サクソフォン奏者として精力的に活動をされている國末氏のファースト・アルバム。この選曲を見たときにまず感じたのが、バランスの良さ。フランス系のクラシカル・サクソフォンの有名なレパートリー(ベダールは正確にはフランス系カナダ人ですが)と、国内の若手~中堅の作曲家によるサクソフォンのオリジナル作品が3曲づつバランスよく收められていrます。実際、CDを聴いてみれば、これも予想どおりバランスの良さが一番印象に残りました。これまで主流だったフランス系の華やかな音色と奏法をベースにしながら、それだけに偏らず確実なテクニックとスタンダードな表現方法が印象に残ります。もちろん、それは無個性ということではなく、若々しさも大胆さも備えつつ、それらが必要以上に前に出過ぎることのないバランスがみごとです。ただの優等生的な演奏とは紙一重ではあるけれど、次々と転調しては表情が変わっていくファンタジーではまるで宝石が角度を変えながら様々な色に輝くのを見ているようです。


日本人による3曲は、三者三様の個性があるのがおもしろいです。どれも調性が明確ですが、自らもサクソフォンを吹くことがあるという石毛氏の作品は、もちろん技巧的な箇所もあるけれども全体としてはリズムが曲の推進力となってあまり演奏上無理なく書かれているのに対して、長生氏の作品は最初から最後で技巧的で散文詩的な響きに支配されています。高橋氏の作品は単刀直入・楽しくて何が悪い!とでも言いたげな内容。楽器用法にも無理がなく、サクソフォンのメロディアスで機動力がある「おいしい」ところをうまく使っています。解説によればチャルダッシュのような曲をという委嘱で書かれているのを見て、やっぱりとうなずいてしまいました。私はやっぱり高橋氏の曲がわかりやすくて好きですね。


高橋氏の曲で終わるので、はじけた演奏も聴きたいなーと思いますが、それなら生の演奏を聴きに行くのが一番いいんでしょうね。


  1. 2010/09/17(金) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

John Cage Works for Saxophone (Vol.3 & 4)

ジョン・ケージといえば。。

多分、現代音楽に興味がある人なら「4'33"」を作曲した人ねー と答えが返ってくるでしょうか。あ、そういえば私の結婚祝いに4'33"のCDをプレゼントしてくれた人もいましたね (^^) もう少し現代音楽オタクな人なら「偶然性の音楽を提唱した人」「プリペイドピアノを作った人」「キノコの研究した人」なんて答えが返ってくるかもしれません。

実は私の知識もこれしかありません。だから、けしてよいケージ作品のよい聴き手ではないかと思いますが、アメリカの mode レーベルからリリースされた「A Cage of Saxophone Volume 3 & 4」を聴いてみました。あ、当然 Volume 3 というからには、Volume 1 や 2 もあるわけで。。


「A Cage of Saxophone Volume 3 & 4」(2CD)
 Ulrich Krieger (sax) and V.A.
  ・パーティー・ピース
  ・Four 6 
  ・カートリッジ・ミュージック
  ・フォンタナ・ミックス(木管低音6重奏のための)
  ・フォンタナ・ミックス(エレクトリック・バージョン)
  ・One 7(ソロ・サクソフォン・バージョン)
  ・4'33"(オープン・ウィンドウ・バージョン)
  ・スカルプチャー・ミュージック
  ・4'33"(スタジオ録音バージョン)



サクソフォンで演奏されるケージの作品といえば、アメリカのコンテンポラリー曲に強いジョン・サンペン氏に捧げられた Four 5 や、ステファン・ヴォルペ氏の追悼のために作曲された Five 4 が有名ですが、ここでは楽器が指定されていない One 7Four 6 が収録されています。

これらの曲は、ケージの作品の中でももっとも抽象的なもので、例えば One 7 は One は 1人の奏者のための7番目の作品、という意味になります。ケージは「タイム・ブラケット」という方法論で曲を書いていて、これは音とそれを演奏する時間域(たとえば1分から1分30秒の間とか)を指定し、実際にそれを奏者がいつ演奏するかは奏者自身の判断できめるというものです。あらためてここで様々なナンバーピースの作品群を聴くと、どの曲も音と音(またはノイズ)の間に沈黙と緊張感があります。4'33"は最初から最初まで演奏音を発しないという過激さゆえどんどん曲解されていったフシがあると思っているのですが、そのポリシーをさらに抽象化・純化していったのがこれらのナンバーピースなのかと察してますが、さて。

アルバムから聴こえてくるのはあちらこちらで立ち上がる音ばかりで、例えばスカルプチャー・ミュージックではすべての楽器の音がマイクで拾われ混ぜられ、ホワイトノイズのように迫ってきたかと思えば次に沈黙が続くという繰り返し。でも、けしてケージの音楽が理解できるようになったわけではないのに、抵抗感は薄れて音を聴き込むようになってしまいました(笑)

ちなみに有名な 4'33" も、オープンウィンドウバージョンと、スタジオ録音バージョンの2種類が録音されているので、聴き比べてみるのも一興でしょう(笑)
  1. 2010/09/13(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

リレー・フォー・ライフinさいたま

というイベントに、しらこばと音楽団として参加。

イベント詳細はこちら。http://saitamarfl.web.fc2.com/

音楽団は昨年に続き2度目の参加ですが、私としては初めて。
PA担当がかつて音の輪や多摩ウィンドで一緒だったDクン。
気心知れたメンツということもあって、やりやすかったです。

予想外の真夏のような日差しの下、風もある屋外はけして条件のいいステージではありませんが、
こういう市民イベントには積極的に関わっていきたいです。

メンバー(王道メンバーですね ~~;)
 ・Sop/Alto ねぇ。さん
 ・Alto ニジマスさん
 ・Tenor Kuriクン
 ・Britone 私
 ・Perc やまーさん

セットリスト
 ・崖の上のポニョ
 ・世界に一つだけの花
 ・川の流れに身をまかせ
 ・ふるさと
 ・太陽にほえろのテーマ
 ・勇気100%(ラストウォークに合わせて)
 ・名探偵コナンのテーマ
 ・トトロより さんぽ、トトロ
 ・手のひらを太陽に(エンディング合唱)

関係の皆様、おつかれさまでした!

  



  1. 2010/09/12(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

佐野功枝さんコンサート

名古屋で活動されているクラシカル・サクソフォン奏者、佐野功枝さんのコンサートを聴いてきました。

佐野功枝さんコンサート


「佐野功枝サクソフォン・コンサート」
  石森楽器店B1Fイベントスペース 19:00開演
     佐野功枝、雲井雅人(sax) 仲地朋子(p) 鈴木亜子(contrabass)
  1部 佐野功枝ソロ
   ・りす(デュボワ)
   ・FANTASY(山里佐和子)[委嘱初演]
   ・前奏曲と4つのおとぎ話(山里佐和子)
  (ゲスト)雲井雅人ソロ
   ・ロシアの歌(ラロ/ミュール編)
   ・美女のまなざし(グラナドス)
  2部 雲井雅人・佐野功枝デュオステージ
   ・トリオより1・2楽章(ルイエ)
   ・デュオ K.379(モーツァルト)
   ・チョコレートダモー(伊藤康英)
   ・さとうきび畑(寺島尚彦/伊藤康英)   
   ・木星のファンタジー(伊藤康英)
  アンコール
   ・めぐり逢い(北浦恒人)

佐野さんのCD「Fairly Tail」を聴いて以来、ぜひ実演を聴きたいと思っていたのですが、東京でのコンサートというまたとない機会。1曲目のりすは、小柄な佐野さんご自身のテーマ曲だとおっしゃってましたが、ちょっとまだ緊張されたかな。2曲目の FANTASY は、佐野さんの出身地静岡の民謡「ちゃっきり節」をモチーフにした委嘱作品で、日本民謡が西洋のハーモニーの中できれいに響いているのが印象的でした。いい曲だなーと思いましたが、ハイトーンや跳躍の音列など、かなり難しそう。。3曲目はCDにも録音されていた曲で、実演で聴くと一つ一つの物語の描き分けもよく伝わってきて、いっそう曲が生きて聴こえます。

雲井氏の演奏はアドルフサックス工房で約100年前に作られた楽器、つまりピリオド楽器による演奏。今の楽器の華やかで金属的な音とは違う、どことなく土臭くて温かみのある音色です。SPレコードから復刻されたCDで聴くマルセル・ミュールの音色にかなり近いものがあります。そして選曲が素晴らしい。音大の図書館の古い楽譜から発掘されたとのことで、この響きでこの曲、とても納得できます。本日は2曲だけでしたが、もっとこの楽器による演奏を聴きたいです。

休憩を挟んでデュオ演奏。こうして聴いてみると、佐野さんの自然体でのびのびとした演奏と、雲井氏の演奏スタイルが実はかなり近いところにあることにあらためて気づきました。テンポ感や細かいニュアンスの取り方が無理せずベクトルがあってます。師弟関係だからということもあるでしょうけれど、これはデュオ演奏の妙。ルイエのトリオではピアノに加えてコントラバスが加わります。説明によれば昨日の合わせで入ってもらったらよかったので、とのことでしたが、通奏低音がきれいに鳴っているようで、室内楽的ないい響きでした。やはり弦低音が入ると、音楽の動きが骨太になっていいですね。

アンコールのめぐり逢いまで、どの曲も「サックス」じゃなくて「音楽」が聴こえてきた、素敵なコンサートでした。

  1. 2010/09/10(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

バスマップの底力


「バスマップの底力」
   全国バスマップサミット実行委員会編著
   (株)クラッセ ISBN 978-4902841060



バスオタク向けの本ではなく、バスマップ作成ガイドラインの収録や
バスマップ作成を通じた市民交通とまちづくりなど、
とても興味深い内容になっています。
著者はジャーナリスト、大学教授、NPO法人など。

わかりやすい交通マップの作成などを担当されている
自治体の方には是非読んでほしい一冊です。

私の住んでいる自治体でも、現在市内のバス交通の再編を進めようとしていて
その一環としてわかりやすいバス案内図の作成を予定しているようですが
この本くらい読んで、きっちりしたものを作ってほしいなぁ。


あれ、あるページに私の名前がイニシャルで出ているような(大汗


  1. 2010/09/05(日) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。