スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

自分なりに整理

この10日ほど、サクソフォンを聴く/演奏の両面でとても濃い経験が続きました。次につながるように、自分の中で整理しなきゃ、ということで書き残しておきます。

まずは聴いたほう。

・国立音大&ヘムケ氏の演奏「Saxophone Ensemble 2010」
ヘムケ氏の演奏はこれまで録音ではいろいろ接して、その素晴らしさは重々理解してましたが、やはり生の演奏はすばらしい、を越して凄みを感じました。楽器を吹ききること、そして楽器を吹くという行為がヘムケ氏の存在そのものであることが音の一つ一つに込められていて、久しぶりで聴いていて涙が出そうな経験をしました。
国立音大のアンサンブルの各演奏は、4重奏だと各楽器の音色の方向が違っていたりということはあるものの、総じて熱演といっていいかと感じました。柏原卓之氏による「サクソフォーンオーケストラのためのアイリッシュフェアリー組曲」も、シンフォニックさと繊細さの両面を備えたすばらしい曲でした。これ、ぜひ再演してほしいなぁ。

・波多江史朗氏「サクソフォン サロンコンサート」
久しぶりで波多江史朗氏のソロ演奏を聴きました。小さなホールですが、選曲はドビュッシー、デザンクロ、クレストン、ボノー、トマジ、プーランクとある意味コテコテのフランスもの。波多江氏が留学から帰ってきて最初のソロリサイタルは、フランスの空気をそのまま等身大で日本に持ち帰ってきたような印象を受けましたが、それから10年近く経った今回の演奏は、どの曲も一度波多江氏の体の中で構成し直された"波多江流"の演奏に仕上がってるように感じました。その結果が、フランスのアカデミックな流れをきちんと継いでいることも、ポイントでしょう。早いパッセージ一つ一つに意味を見出し、意図的に駆け抜けたり溜めたりを節度の中で繰り広げられていました。また、ご本人もお話されてましたが、ピアノとのアンサンブルも十分練られていて、ソロと伴奏という構図ではなく室内楽のような一体感があります。それにしても、ピアノの羽石さん、デザンクロを譜めくりなしで弾いちゃうんだからすごいよなぁ。。

ある意味、この2つの演奏は規模や選曲など対極的ですが、とても充実した内容だったという点は共通していました。


さて、自分の参加した演奏のほうですが、

・「サクソフォンアンサンブル なめら~か」第10回定期演奏会
ごそんじThunder氏が主宰する十数名のアンサンブル団体。設立当初2年ほど私も参加していましたが、いまだに人数が厳しい時に声をかけていただけるのは、本当にありがたいことです。今回は曲数も多く3部構成。私は後半のラージアンサンブルで、ホルストの「2組」や「シェヘラザード」などをアンサンブルの一員として吹かせていただきました。それにしても2組もシェヘラザードも、難しさの方向は違うけどかなり難しい。。でも、みなとみらいの小ホールにかなりお客様におこしいただきました。今回は演奏会が土曜日ということもあり、22時過ぎから始まった打上げは0時過ぎても終わらず、中座して家にたどり着いたのは2時過ぎ。みんなよく飲むなあ (^^;

・「しらこばと音楽団」おんがくの広場@岸町公民館(浦和)
公民館の文化祭に、しらこばと音楽団が参加。メンバーはわんわんさん、ニジマスさん、kuriクン、私(以上sax)、やまーさん(perc)。いつものサックス4+パーカッションの他、ドラムサークル体験コーナーや、Dagappia(ピアノとパーカッションのデュオ)なども。上の定期演奏会とはまったく違う、選曲・曲順や進行はその場ですべて決まり、演奏が始まってからもお客さんの客層を見て曲順や演奏曲を変えるというフレキシブルなイベント。これはこれでなかなか楽しく演奏させてもらいました。一応セットリスト(記憶が正しければ)。
 ・セプテンバー
 ・勇気100%
 ・となりのトトロメドレー
 ・テキーラ
 ・LOVE
 ・赤い靴~青い目をしたお人形~七つの子
 ・長崎は今日も雨だった
 ・崖の上のポニョ

自分の参加した演奏2つも、規模も方向性も全く異なるベクトルということがまた不思議。


いや、いろいろな方にお世話になりながら音楽を楽しませていただいてるということが身にしみた、本当に濃い約10日間でした。
スポンサーサイト
  1. 2010/10/25(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ご案内 しらこばと音楽団「おんがくの広場」@岸町公民館(浦和)

日曜日、浦和の公民館で、しらこばと音楽団のイベントがあります~。
お近くの方、どうぞお気軽にお越しください~

-----------------------------------------------
しらこばと音楽団 presents おんがくの広場
日時:2010年10月24日(日)9時~15時
場所:さいたま市岸町公民館(1階 第3講座室)
    ※JR浦和駅西口徒歩10分 調神社はす向かい

 0) 9:30~ 
   ”しらこばと音楽団公開リハーサル” 
 1)10:30~
   ”ドラムサークル体験 ” ※参加者募集!
 2)11:15~ 
   ”しらこばと音楽団” ※ミニコンサート
 3)12:00~ 
   ピアノ+打楽器 ”ダガッピア” ※ミニコンサート
 4)13:30~ 
   ”ドラムサークル体験” ※参加者募集!
 5)14:15~ 
   フルートデュオ ”フルーツ” ※ミニコンサート

手づくりエコ楽器、キッズパーカッション、他、いろんな楽器の体験コーナーもご用意しています。
思いっきり鳴らして遊んでください。

-----------------------------------------------

以上、しらこばと音楽団のサイト(ブログ)よりコピペ
http://ongakudan.blogspot.com/2010/10/blog-post.html

えーと、公開リハもあるんですね~。
ってことはこのリハのしばらく前に現地に行けばいいのかな?
出演者なのに知らない ^^; 曲も知らない(いつものことだから大丈夫)

業務連絡 持参したほうがいい楽譜があったら教えてください
  1. 2010/10/21(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

日野市ミニバス再編・ダイヤの疑問点

マニアックなネタすみません。

16日(土)に、日野市内のミニバス路線が再編されます。
これは、日野市地域公共交通総合連携計画に基づいて実施されるもので
以下を基本的な考え方としています。

 ・市内どこからでも、三大ターミナル(日野駅/豊田駅/高幡不動駅)いずれかに乗換なしで行ける
 ・市内どこからでも、市役所および市立病院に1回以下の乗換で行ける

その上で

 ・重複するミニバス区間を整理するために一部の路線を短縮
 ・運行回数を増やした上でラウンドダイヤ(毎時×分など)にする
 ・短縮した路線は豊田駅で乗継を可能にし、待ち時間を短くするようダイヤを配慮する

という方針で再編が行われます。

しかし、発表された新しいダイヤを見て、特に乗継ぎ時間について
コンセプトが実現できていないのではと疑問に思いました。

具体的には、

 ・路線が短縮され乗継が必要になった路線について、乗継時間が長い
  →旭が丘路線、平山路線は豊田駅で市内路線or南平路線と乗継が必要となりましたが、
   それぞれについて待ち時間を確認してみました。
    1)旭が丘路線 → 市内路線or南平路線 13分待ち
    2)平山路線 → 市内路線or南平路線 14分待ち
    3)市内路線or南平路線 → 旭が丘路線 8分待ち
    4)市内路線or南平路線 → 平山路線 18分待ち
   3)がかろうじて10分を切ってますが、20分間隔のバスに/から乗継ぐにしては
   とても待ち時間に配慮したダイヤとは言えないのではない。。。

 ・高幡不動駅でのバスの乗継時間が長い
  →三沢台路線、落川路線から市役所・市立病院方面に向かうには、高幡不動駅で
   南平路線に乗継ぐ必要がありますが、この待ち時間を確認してみました。
    5)三沢台路線 → 南平路線 38分待ち
    6)落川路線 → 南平路線 10分or30分待ち
    7)南平路線 → 三沢台路線 6分待ち
    8)南平路線 → 落川路線 1分or21分待ち
   5)の38分待はひどいですね。南平路線が出た直後に三沢台路線が到着するパターン。
   一応1回乗継ぎで三沢台方面から市役所・市立病院へ行けるとはいえ、これは。。。
   7)の6分は立派、これくらいの乗継ぎ時間にしてほしいものです。
   落川路線はラウンドダイヤの間隔が違うのでやむを得ないのかなあ。

ということで、もっと乗り継ぎに配慮したダイヤに改善できないものでしょうか。
ちょっとひどいと思いますが。。

参考:連携計画 http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/13,80207,c,html/80207/090324renkei-keikaku.pdf
ミニバスについて(市のページ):http://www.city.hino.lg.jp/index.cfm/13,80207,37,51,html
  1. 2010/10/14(木) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

晴れた




雨が上がったので、山梨へぶどう狩り。
  1. 2010/10/10(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ご案内 サクソフォン・アンサンブル なめら~か 第10回定期演奏会

お手伝いしている演奏会のご案内です。

「サクソフォン・アンサンブル なめら~か 第10回記念定期演奏会」
日時 : 2010年10月16日(土)18:00開演
場所 : 横浜みなとみらいホール・小ホール
入場無料(整理券等は不要です)
曲目 :
 A.リード / サクソフォン4重奏のための「5つのカメオ」 
 三浦真理 / ティータイムの画集
 A.ピアソラ 啼鵬編 / ブエノスアイレスの夏
 G.ホルスト 啼鵬編 / 吹奏楽のための第2組曲
 N.リムスキー=コルサコフ / 交響組曲「シェへラザード」より 他
 ピアノ:古関美香 



前半はアンサンブルステージ、後半はラージアンサンブルステージで、
ラージアンサンブルにバリトンサクソフォンで参加させていただきます。

アンサンブルステージでは、この団体が故アルフレッド・リード氏に
委嘱し初演した5つのカメオを再演します。

ラージアンサンブルはホルストの第2組曲と
シェヘラザードという重量級のプログラムです。

みなとみらいホールで無料ですので、ぜひご来場ください。




いやー、それにしてもシェヘラザードは楽譜が黒い。
もう1人、エキストラのプロの方の隣でこの楽譜を吹くのは、緊張します。。


  1. 2010/10/07(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

スウィートメモリーズでハァハァ

ということで、昨日の雲井雅人サックス四重奏団の演奏の記憶が薄れないうちに。。
(妙なタイトルですみませんが、これがワタシ的にけっこうキーワードなんです)

第8回演奏会ですが、結成10周年ということで、昨日と今日の2Daysでした。
トークは違うと思いますが(笑)、プログラムは同一。

 ・サクソフォーン4重奏曲(R.R.ベネット)
 ・哀歌~サクソフォーン4重奏のための(トゥール)
 ・4重奏曲(デザンクロ)
   :休憩:
 ・演奏会用アレグロ(フローリオ)
 ・小品コーナー:
   木星のファンタジー(伊藤康英)
   スウィート・メモリーズ(大村雅明/真島俊夫)
   たんちゃめラプソディー(赤嶺康)
   ゴスペル・メドレー(星出尚志)
 ・ルーマニア民謡の主題による組曲(アプシル)
 ・アンコール:彼方の光(村松崇継/浅利真)



前半は雲井Qらしい、精神性の強い曲が並んでいます。個人的には選曲もすべて好み、特に1部は好みのストライクでした。ベネットにしてもトゥールにしても、CDなどで海外の団体の演奏を覚えるほど聴いていますが、生の演奏、しかも響きが強固なこのカルテットの演奏となると、曲の生命力が全く別次元です。ベネットの曲ってこんなにおもしろい曲ということを再認識しました。トゥールの哀歌では今回のプログラム中では唯一現代的な奏法(重音)を使いますが、それが曲のメッセージを導くために必要だからに過ぎません。この効果はやはり生の演奏に限ります。。既にサクソフォン4重奏曲のスタンダード曲と言っていいデザンクロの4重奏は、響きの華やかさよりも曲の持っている普遍的な音楽性を強調してるように感じました。

後半は少し気楽に、小品のコーナーではテナーの林田氏がマイクを持って、メンバーの紹介などをされてました。実は林田氏以外のメンバーの方とは、少しだけですが直接お話をさせていただく機会があったりしたのですが、林田氏のキャラだけはこれまで全然知らず、、楽しい方だということがよくわかりました(笑)。それはともかく、もちろん小品の演奏も、さりげないのにきちんと曲のツボが押さえられてます。スウィート・メモリーズは、松田聖子のあの曲。これを、管楽器の世界では有名な真島さんが編曲されてるのですが、苦みばしったオトナの編曲がシブイ。。聴き惚れました。これ、出版されないでしょうかねぇ。演奏はすごい難しそうですが。。プログラム最後のルーマニア民謡の主題による組曲は、多少のアンサンブルの乱れはお構いなし(失礼)。エンディングに向かってアグレッシブになだれ込む(もちろんそれだけではないですが)演奏に、10年間の活動の積み重ねで強固になったチームワークと、失われないやんちゃさを垣間見た気がしました。時間を重ねてもこのやんちゃさは失わないでほしいなぁ。。

アンコールは彼方の光。やっぱりこれしかないですよね。ホールいっぱいに響く音は祈りにも似て、最後の和音が彼方に消えて行く時、心が清められていく気がしました。最後の和音だけでもずーっと聴いていたい、、そんな気持ちでした。

うまく言葉にできませんが、雲井Qは選曲から曲作りまで、一本芯が通ってると思うのです。この芯がブレていないのがすごい。ちなみに、今回の演奏会のテーマ「ハァハァ」は、10年間の活動の積み重ねと、それを維持していくことの大変さを意味してるとのこと、、、というような趣旨だったかと。次の10年も、さらに充実した活動となるよう、ファンとして楽しみにしています。ありがとうございました&おつかれさまでした。
  1. 2010/10/05(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ありがとう、10周年

雲井雅人サックス四重奏団第8回演奏会、行ってきました!
いやー、素晴らしい演奏でした!

雲井雅人サックス四重奏団


まだ明日も同じプログラムで演奏があるので、ネタバレになるので感想は明日以後(笑)。
テーマは「ハァハァ」だそうです(笑)

  1. 2010/10/04(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

欲しい!

今年はあまりの暑さに庭の野菜たちの手入れを放棄してしまったので
庭がすごいことになってしまい、9月中旬からようやく整理しはじめました。

で、お隣の農家のおばちゃんが「抜いた雑草は燃やして灰にするといいのよ」と
教えてもらったことを思い出し、せっかくならお庭バーベキューでもやっちゃおうと
何年ぶりかで小さなBBQセットを取り出し、サツマイモをホイルに包んで



着火!




上手くいくわけがない (^^;





そもそも我が家はオール電化なので、マッチというものが数本しかなく
それを使いきってしまったけど、導火の新聞紙が炭状態になっただけ。
あわててチャッカマンを買ってきたけど、やっぱりそう簡単には
燃えてくれない。

先週雨が降って少し湿り気味だったせいはあるかもしれないけど
引っこ抜いた草類をBBQセットで灰にしようというコンセプトに無理があるようです

隣の畑を見れば、ああ、ちゃんと焼却用の鉄の筒状の缶があるじゃないですか。
あれ、ほしい。どこに行けば入手できるのかな。そんな大層なものじゃなくて
ただの鉄の筒状の缶で、下の方に空気の入る穴があればいいだけなんですけど。。






ちなみに、焼けなかったサツマイモは、煮付けに変身しました。
一応糖化が進んでたようで、それなりに美味しかった(苦笑)
  1. 2010/10/03(日) |
  2. ガーデニングもどき|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。