スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

気力

この1年は、なんだか気力が抜けてたような気がします。
なんだか、とても中途半端。
プライベートも、しごとも。

特にウェブサイトは中途半端もいいところで
のりもの系データを更新しようとして途中でストップし
あれこれしてるうちにサーバがダウンして復旧せず。。
年明けに別サービスのサーバで復活できるよう鋭意努力中。

このブログも、四国旅行紀がもうすこしで終わるというところで
新しい年を迎えてしまいそうです。気力で書いてしまうことも
できないことはなかったのですが、、

ということで、締まりませんが、これにて。よいお年を。
スポンサーサイト
  1. 2010/12/31(金) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行10 再び讃岐うどん三昧

12月2日

やはり普段より早く寝るからか、早起きしちゃうんですよね。。
6時過ぎに起きてしまったので、ゲストハウスを抜け出し道後温泉でひと風呂。
「千と千尋の神隠し」のモデルという、あの大きな湯屋で朝風呂してきました。

ゲストハウスに戻り、支度をしても、オーナーさんもヘルパーさんも
起きてくる気配なし(笑)。8時前にようやくご挨拶して、おでかけです。

松山道を東へ進み、石鎚山SAで昨晩お約束した「一朶の雲」ゲット。よしよし。
さらに東へ、途中から一般道に降りて、
再び香川県に戻りました。で、朝食がわりにうどん!と
箕浦駅前の 上戸うどん にたどり着きましたが。。

まさかの臨・時・休・業。ひゃー。美人女将にお会いしたかったのに(爆)

ちょっと動揺し、その先どこへ行こうか迷ったあげく
善通寺の四国学院大の脇 清水屋に到着。

かけ小、ちくわ天で300円。出汁がやや甘め。


次に、畑で自分でネギを取ってくると伝説になった飯山の中村

うどん小、げそ天 250円。空いてたのでのんびりしていい雰囲気。


さらに、元祖しょうゆうどん 小縣家

しょうゆうどん小 450円。大根を自分ですりすり。


そしてやってきました、山奥のお店谷川米穀店

温1玉+玉子 150円。シンプル・イズ・ベスト。思わずおかわり。


ということで、今回の香川のうどん食べ歩きはこれでおしまい。
しかし、うどん食はまだまだ続く(笑)。

続く。
  1. 2010/12/27(月) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行9 カツオとちゃんぽんと松山の夜

宿を7時半に出ました。まずはオススメの喫茶店でカフェイン補給。
港町には、たいてい朝から賑わってる喫茶店があるんですよね。
あらら、サンドイッチにサラダ、味噌汁までついてきちゃったよ(笑)
食後に緑茶のサービスまでありました。




進路を西へ、そして北へ。高知県に別れを告げ、愛媛県に入り、
再び海が見えたら海沿いに進路変更。深浦漁港に。

深浦漁港

港の様子。

深浦漁港

倉庫の前に寝そべるワンちゃん。

あまり有名な港ではありませんが、四国で一番カツオの水揚げが多いそう。
なるほど、地図で見ると四国の西南端、漁場まで往復4時間だそうです。
市場には食堂があり、ラーメンやチャーハンに混じって刺身定食800円。




このあたりから宇和島にかけては、海が見えたり、迫ってくる山肌に植えられている
ミカンの木にオレンジ色の実がたわわに熟れていて、空の青、緑、オレンジ色と
絵のような美しさ。ああ、これも写真に収めきれない。。

宇和島を過ぎ、大洲や内子など山間に入ってから、再び海沿いの
八幡浜の街に出たのは14時過ぎ。八幡浜といえば、ちゃんぽんが名物~。
しかし14時過ぎではほとんどのお店が閉まってたり、定休日だったり。。
なんとか商工会議所前の清家食堂という明治30年創業の古い食堂でありつきました。




ここから佐田岬半島まで行く時間はないので、半島を横断し、
伊予灘に沿った国道378号線、通称「夕やけこやけライン」を走ります。
夕陽を背にして走りますが、オレンジ色の光に照らされた海がいいですね~。
休憩スポットを探しつつ、結局そのまま松山市内まで行ってしまいました。

松山の宿は、道後温泉のゲストハウス、ふじ屋さん。一泊2000円。
玄関を開けると、ヘルパーさんがこたつでミカンをめしあがってました (^^;
そんなユルイ雰囲気、ベッドは男女別相部屋。この日は私の他
フランスから来た女性旅行者だけということで、男性部屋貸切状態。

荷物を置いてひと休みしてから、松山に来たら是非行きたかったお店に。
道後温泉駅から市内電車で大街道へ。おお、松山の繁華街はすごい。
まず、大通り沿いの蔵元屋へ。愛媛県酒造組合のアンテナショップで



県内の全蔵元のお酒がワンショット100円~で楽しめるという
日本酒ファンは狂喜乱舞な立ち飲み屋さんなんです。
純米酒飲み比べセット500円を。内容は
 ・養老・純米(大洲市養老酒造)
 ・川亀・山廃純米(八幡浜市川亀酒造)
 ・日本心・純米(西条市武田酒造)

この後、もう1杯お茂ご(久万高原町お茂ご酒造)しぼりたて生原酒「ゆきだより」を。
こうして飲み比べることで、それぞれのお酒の個性がわかり
お酒を呑むのが楽しくなる、、以上で、会計は700円。
(肴もありますが、今回は頼みませんでした)
いいなぁ、松山の飲兵衛は(笑)

もう1軒、現存最古のトリスバーという「バー露口」へ。



名物のハイボールは、今流行っている口当たりのいいやつではなくて
きりりとしまった大人の味。マスターも奥様も白シャツに蝶ネクタイ/ブローチで
決められてて素敵。お隣りに座られてた私より少々年上の方と話をしてたら
この方、なんと市内某有名菓子店の社長さんでした(汗)
新製品一朶の雲サンプルをいただきました。はい、お土産には必ずコレ買って帰ります(笑)
もう1杯、カウンターにあった温州みかんを使って、スクリュードライバーをいただきました。
ミカンの味が甘酸っぱい、旅先ならではのステキな1杯。
お土産にコースタをいただきニコニコと送り出していただきました。

 #旅チャンネル「バーのある街で」で放送されるとおっしゃってました。
  http://tv.yahoo.co.jp/program/231592/?date=20101104&stime=1000&ch=396a

再び市内電車でゲストハウスに戻ると、オーナーのAさんやフランスからの旅行者も
こたつでミカンしてました。たどたどしい英語で、フランスのどの辺出身か、とか
(ブリテンだ、というので一瞬わからなかったのですが、ブルターニュと気づきました)
四国八十八ヶ所には行ったかとか、松山の空港にはオレンジジュースの出る蛇口があるが
香川の空港にはうどん出汁がでる蛇口があるとか(でも毎日ではないとか)
オーナーと一緒に怪しげな情報を旅行者さんに教え込みました(笑)

続く。
  1. 2010/12/24(金) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行8 清水サバにありつく

黒尊川のプチバス旅を楽しんだあとは、進路を南に。

土佐清水に着いたのは17時。まずは食事処あしずりで焼き鯖寿しをいただきました。
見た目はバッテラの表面を炙ったようなかんじ。
新鮮ゆえ青魚特有の臭みもなく、表面を炙ることでサバの脂が香ばしくなってます。
ご飯部分も少し熱がまわっていて、酢飯が甘く感じます。これ、メチャうま~




足摺岬に向かいます。以前は岬への道は細くてくねくね断崖絶壁、、という印象でしたが
ずいぶん改善されたようです。それでも、まだまだ細いところは残ってますけどね。
実際、前の車が対向車とすれ違えず、しばらく停まってしまったりしてました。。
足摺岬は既に真っ暗、金剛福寺も山門まで行って遠くからお祈りして引き返しました。

さて、再び土佐清水市街に戻り、ビジネス旅館に。久しぶりの畳に布団~
宿の方にオススメのお店を聞いて、夕飯に(寿司はおやつの位置付けということで)。

土佐清水は港町、碁盤目の路地に飲み屋さんがぽつぽつあって、なんとなく旅情を誘います。
表通りに戻ってスーパーに寄ってみれば、やっぱり魚類は新鮮そう。
宿の方のオススメのほざきの玄関をくぐると、中では地元の方の大宴会中。
清水サバが特産とあって、サバのメニューが20種類近く。。すごい。
市内大岐の浜産の大ハマグリも潮の香りたっぷりで美味しくいただきました。

 


宿に戻って、やっぱり今日も早めに就寝 zzzzz
  1. 2010/12/24(金) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Happy Sax、しらこばと、Orquesta de la Canda

まとめて1エントリーでスミマセン。。


12月17日(金)Happy Sax Concert @中央会館ブロッサム

小串俊寿さんのこのコンサートだけはここ10年近く聴きに行ってます。
年末というと何かと慌ただしくなりますが、小串さんの美しいとしか言えない
サクソフォンの音色を聴くと、とても Happy になるのです。
今回はいつものピアノ白石さんとラテンパーカッションの横山さんに加え
池上政人・田中靖人両氏のサクソフォンが加わって、豪華さ5割増(意味不明)。
今年も無事?年末を迎えることができそうです。

終演後、kuri氏と(小串先生のご出身にちなんで)銀座の居酒屋「山形田」で
山形の幸とお酒、締めに板そばと冷やし鶏そば。美味かったね~>kuriクン



12月18日(土)しらこばと音楽団 @別所公民館クリスマスコンサート

演奏曲は以下のとおり。
・名探偵コナンのテーマ
・崖の上のポニョ
・仮りぐらしのアリエッティ
・日本の唱歌 冬(冬景色~雪やこんこ)
・勇気100%
・トトロメドレー
・赤鼻のトナカイ
・(アンコール)長崎は今日も雨だった
メンバー:ねぇ。さん、わんわんさん、ニジマスさん、私(以上サックス)、やまーさん
子供が多い、という事前情報に反して?お客様の年齢層は高め (^^;
アンコールは急遽曲を差し替え、結果オーライでしたね~



12月19日(日)Orquesta de la Canda @築地キューバンカフェ
ゲスト:福本佳仁(tp)

私にとっては多分4ヶ月ぶりのサルサのステージ。
体全体がサルサモードにスイッチが入ってなかったかな。。。反省。
また来月のステージに向けて心身とも集中しなければ。。
自分たちの演奏はともかく、パフォーマンスがすごすぎました。
サルサのダンスもすごかったのですが、アルゼンチン・タンゴが素晴らしすぎ。。
サルサの情熱とはまた違う、秘めた情熱を感じるダンスに見とれてしまいました。
  1. 2010/12/23(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

本家サイト復活は今しばらく先になりそうです

本家サイトの更新を年内に行なおうと思って作業をしていたのですが
自宅PCがあまりに重くなったので新しく買い換えたところ
これまで使っていたエディタ(MIFES)が新OS(Windows7)に対応してませんでした(泣)

まあ、ここまでよく対応してたと感心すべきでしょうか。。

 #個人的には、メーラーも全面的に変えざるを得なくなったこともイタく、
  実はメールは読めるもののまともに返事を書けない状態です。。
  ので、メーラー移行が最優先課題だったりします。

サーバは相変わらず復旧しないし、サイト(http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/)の
移転復活は少々先になりそうです。気長にお待ちください(誰も待ってないって。。)

久しぶりに自治体バスリストの更新も作業してたのですが、
エディタのマクロ機能を使いこなすまでは時間がかかりそうだなぁ。。

  1. 2010/12/22(水) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ミニコンサート&ライヴご案内

すっかりご案内を忘れてました。

12月18日(土)しらこばと音楽団@別所公民館 クリスマスコンサート
13時30分~ さいたま市別所公民館(武蔵浦和駅より徒歩10分)
 ・前半はしらこばと音楽団(Sax4+perc)、後半はバイオリンとピアノのステージ
 ・入場無料
 ・お子様向けの曲中心に、クリスマスものとか演奏します。

12月19日(日)Orquesta de la Canda "SALSA Paradise! 6「X'mas★生音 De★ロマンティカ」
18時~ 築地Cuban Cafe(築地市場駅徒歩3分、新橋駅より徒歩10分)
 ・ライヴステージは 19:15~・20:45~の2回
 ・ゲストに 元デラルスの福本佳仁氏(tp)
 ・前売2500円(ドタキャン可、お気軽に予約ください)・当日3000円

どうぞ、足をお運びください!

  1. 2010/12/17(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行7 黒尊川を遡る

四万十川の支流の中でも最も美しい川と言われる黒尊川。
今日の主目的は、この川の上流へ行ってみることです。
谷は延々30km続いていて、道は県道という名の実質的な林道一本だけ。
さすがに歩いて行くのはためらってしまうのですが、
なんと、1日2本バスが走ってるのです。
(こういうネタを見つけてしまうのがバスヲタの性。。)
ここは、休憩を兼ねて、バスにゆられて黒尊渓谷を眺めに行くしかない!

ということで、早速始発のバス停を探しますが、見つからない (^^;
口屋内は小さな集落ですが、上流の江川崎からと下流の中村からのバスの
接続地点なので、それぞれに向かうバス停はあるのですが
黒尊へのバスは表示がどこにもない。。
しかし、車庫で待機してるマイクロバスを発見。
運転手さんに乗り場を聞くと「ここでもあっちでもどこでもいいよ~」とのこと。。
とりあえず「あっち」で待ってました (^^;

マイクロバスに私ともう一人おばあちゃんが乗り込んで、出発。
四万十川を渡り、黒尊川に沿うころには既に道路は1車線です。
道はくねくね曲がり、ところどころガードレールや木々の間から
黒尊川の澄んだ流れや深い色をした淵が見えます。
この美しさ、私の言葉や写真じゃ表現しきれない~。。


バスは20kmを40分ほどかけてさかのぼり、終点に到着しました。
終点と言っても、元営林事務所だったのかな、ちょっと広場があるだけです。
バスはすぐに折り返すので、運転手さんにことわって一瞬降りてみました。
なーにーもーなーいー。

459-3-01.jpg
(ちなみにこのバス、白ナンバーです)

再び出発点の口屋内に戻ってくる間も、車窓にうっとり。
乗客は私一人と途中でおばあちゃんが載せてった生鮮品出荷のダンボール一個。
ちなみに全区間停留所は1箇所も見かけませんでした。

黒尊渓谷の美しさは、このブログではとても伝えられないので
黒尊渓谷でぐぐっていろいろきれいな写真を見てみてください。

ちなみに、場所はこのあたり。


大きな地図で見る
続く。
  1. 2010/12/16(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行その6 四万十川最高!

高知の朝も、早起き。。してしまったので
はりまや橋からバスに乗って中央市場へ行ってみました。
高知の中央市場は、日本で2番目に歴史があるんだそうです。
とはいえ、訪れたのは既に喧騒が落ち着いた時間帯。。
市場の片隅の喫茶店で、コーヒーを一杯。



バスで再び市街地へ戻ります。ちょうどラッシュ時とあって
通勤通学の自転車がびゅんびゅん。。土佐の高校生は元気じゃなぁ。。

さて、チェックアウトして、国道56号線を西へ。2時間ほど走って
道の駅あぐり窪川で休憩。あぐり窪川といえば豚まん!(笑)
豚まんうまし(笑)

さて、窪川からは国道381号線に入り、四万十川に沿って進みます。
この中流域の四万十川、好きなんですよ~。
ゆっくり蛇行する水面を眺めながらのドライブは、なんとも言えません。

459-2-01.jpg

土佐大正駅近くの無手無冠酒造(ダバダ火振の蔵元)の売店をのぞいてみるも
名物オバチャンは不在だったので、以前訪れたこともあったので素通りしちゃいました。

それにしてもこのあたりは人家が少ないですね。
国道は数カ所トンネルで通過してしまうとことを、川に沿って旧道を走ってみたり。
増水すると沈んでしまう沈下橋もたくさんありましたよー。

459-2-02.jpg


旧十和村の道の駅とおわで休憩。
ここ、昨晩板さんに勧められたスポットなのです。
環境に配慮した道の駅。商品は原則包装なし、水処理は自然浄化装置。
オリジナルのエコな土産ものもたくさん。
こちらの食堂で地元の食材を豊富に使ったお昼ごはんをいただきました。

四万十川の川エビ、しいたけのたたき、刺身こんにゃく、、、美味いっす。。



さて、再び旧道をたらたらと走り、沈下橋を実際に渡ったりして

459-2-03.jpg

口屋内という川沿いの小さな集落に到着。
ここが本日のメインイベントのスタートなのです。

続く
  1. 2010/12/15(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行その5 素敵なカフェ、郷土料理

室戸を過ぎてさすがに疲れてきたので、吉良川でひといき。
土佐の備長炭輸送で栄えた港町で、蔵造りの町並みが残ってるのです。
ぼーっと歩いていると、なにやら暖簾のかかった民家を発見。
「カフェ&スペース 蔵空間茶館」という遍路宿を兼ねたお店でした。

吉良川の蔵


玄関を入って進むと、手入れの行き届いた庭や、干し柿が吊るされた蔵。
机の上に「自宅にいるので声をかけてください」と置き手紙が。
奥の玄関に声をかけると、奥様が出てこられて、蔵を改造した
カフェスペースに案内してくれました。

このスペースがなかなかステキ。奥にピアノとエレキギターがあって、
オーディオ(オープンリール!)やマイクなども。
コーヒーを入れていただいているうちにご主人もいらっしゃって
ストーブに火をくべながらいろいろお話を始めました。

ご主人、定年を待たずに早めに地元に戻られたとのこと。
オーディオやピアノ、ギターについて話題を振ってみると、このお蔵で、
ご主人と奥様、あるいは仲間でセッションをするのだそうです。
楽譜きっちりではなく、有名な曲をその日の気分で適当に。
音源は Youtube を参考にされてる、という話から
だんだんトークは Youtube ネタに移ってきました (^^;

おしゃべりの楽しさと居心地の良さでついつい長居してしまい、
すっかり外は暗くなってしまいました。ステキなご主人と奥様に会いに
また訪れたいです。できれば、今度は演奏を聞かせていただきたい。。


さて、まだまだ本日の宿、高知は遠い、、19時過ぎにようやく到着。
今日のホテルは 7days hotel という なかなか洒落たビジネスホテル。
以前から泊まりたかったんですよ。。
http://www.7dayshotel.com/

一息ついてから、夕食という名の晩酌のため、繁華街へ向かいます。
途中、土佐電鐵の市内電車が。。
思わず飛び乗って終点の桟橋まで往復してしまいました。
ちょうど女性運転手さんの車両に乗り合わせましたがかっこいい~>女性運転手さん

市内にもどり、繁華街をぶらぶらするも、月曜日のせいか人通りが意外と少ないです。
しかも、気にかけていたお店も定休日ばかり~(泣)
一回りして、はりまや橋ちかくのどんこというお店に入りました。
表通りから小路を入るようにして一軒家の玄関をくぐるという、ちょっと高そうな雰囲気。
お値段も書いてない。。カウンターに座り、板さんと相談しながら、
(カツオの)塩たたき、ウツボ唐揚げ、原木しいたけなどをいただきました。




お酒は志ら菊、次に高知近郊以外ではほとんど見かけない瀧嵐を。
時間も遅めで私が最後の客だったので、板さんもカウンター席に座られ
お互い手酌をしながらいろいろ話を聞かせていただきました。

足摺と室戸の魚の違い、カツオの食べごろ、野菜の旬、そしてお好きだという釣りの話。。
安田川は綺麗だけど釣りとしては面白くない、とか、
今年は四万十の鮎は今ひとつだった、おそらく四万十に流れてくる支流で
水がせきとめられているうちに水温が上がってしまったのでは、などなど。。

こちらも予想外にのんびりしてしまい、けっこう遅い時間になってしまいました。
お会計は4000円ほどと良心的。ごちそうさまでした。

ほろよいでホテルに戻って、ぐっすり就寝。。
  1. 2010/12/14(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行その4 まだ食う (^^;

さて、ようやく香川県を離れ、四国を時計回りに徳島へ。
時間を稼ぐために高速道路で移動したけど、徳島に行くのに
高松道と徳島道ってつながってないんですね。。
関西圏から徳島道に入る時も一般道に降りなければならないわけで
これは不便。さらに言えば徳島以南は高速道路はない、、ので
徳島県内はほぼ一般道を走ることになります。長い。。

さて、徳島市内を抜けたところで、小松島に立ち寄り。
まずはお昼ごはん(食べるんかいっ!)。

小松島ラーメンの老舗、岡本中華にて、中華そば小。




小松島ラーメンは、和歌山ラーメンが四国に伝播して
徳島ラーメンとなる過程、という説があるそうですが
白っぽいスープ、細い麺で、意外と脂っぽくありませんでした。

さて、このあと意味もなく金長たぬき郵便局に立ち寄り
さらに南を目指します。

金長だぬき郵便局


南阿波サンラインから千羽海岸の眺め。

南阿波サンライン


鯖瀬大師にお参り。

鯖瀬大師


高知県に入ると人家も少なくなり、道は崖と海の間を縫うように進みます。
北海道の岬へ向かう道で経験したような茫洋とした最果ての雰囲気。
ある意味、この風景はさいはてマニアにはたまらんですな~

このあたりになると、写真を撮ってもその雰囲気をうまく伝えられず
だんだん撮影枚数が少なくなってきます(爆)
うーん、写真のテクニックをちゃんと学びたいなぁ。。

室戸岬につく頃には、かなり陽も傾いてました。
室戸を越すと、今度は進行方向に夕陽を眺めて進みます。

続く。
  1. 2010/12/13(月) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行その3 讃岐うどん三昧じゃ

11月29日

あまり寝ていないのに早起きしてしまうお年頃 (--;

ぼんやりしてるのもナンなので、チェックアウト前にちょっとお散歩にでかけました。
しばらく歩いて、まだ人通りの少ないアーケード街に、朝から営業してる喫茶店を発見。
階段を登ってくと「南珈琲店」これがなかなかいい雰囲気のお店。
コーヒーも美味しく、ちょっといい気分になりました。

さて、ホテルをチェックアウトし、本日も朝から讃岐うどん三昧。
週末は大混雑のお店を中心に。

「なかにし」自分でてぼ振る完全セルフ、もにゅっとした麺


「蒲生うどん」ちょっと迷った、バランスいい一杯


「田村」素朴なお店、味わい深い出汁


「山越うどん」釜たま発祥のお店


「味泉」野菜ゴロゴロのしっぽくうどん最高


いやー、よく食べた。
続けて食べると、お店ごとの出汁の違い、麺の違いがわかっておもしろいです。

今日もハードな行程なのでさて、そろそろ移動しないと。。

続く
  1. 2010/12/11(土) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

四国紀行その2 ダッパーさん訪問

高松まで行ったら、やはり、こちらの方々に会いに行かなければ。。

ということで、Y氏に電話してみました。
、、、出ません。練習中でしょう。
J氏の携帯にメールを入れ、TORINOSでまったりしてると
しばらくして「総合体育館で練習してます」とJ氏から連絡が。
カーナビで目的地をセットし、20分ほどで無事到着。
ダッパーサクセーバーズのみなさまの練習場所におじゃまさせていただきました~。

ダッパーさんをご存じない方は、こちらのブログを。
http://dapper.jp/

以前からブログで活躍ぶりは目にしてたのですが、
4月のサクソフォン交流会で直接お目にかかってからは
ぜひまたお会いしたい!と思ってたのです。
で、4月にお会いした方&いらっしゃれなかった方にもお目にかかることができました。

いやー真剣に練習されてます。ツッコミをいれるスキがないくらい。
、、、かと思ったら、途中ボケありつっこみあり、爆笑の渦潮になっちゃうのがさすが♪
いい雰囲気ですね。

最後、楽器を貸していただき、クリスマスメドレーなど一緒に吹かせていただきました。
テンポの変わり目で止めてしまってゴメンナサイ。。。いやー、楽しかったです♪


さて、一旦ビジネスホテル(1泊3000円未満!)にチェックインしてから、
K氏、J氏に高松の一鶴につれてっていただき骨付鳥を堪能。
一鶴の骨付鳥、最高! ビールが進みます。
サックス関係のあんな話からこんな話、あの人やらこの人のあんな話題(激謎)まで、
ディープなネタで楽しく過ごしました。。




その後仕上げにうどん屋になだれこもうとしたんですが
有名なT丸やG右衛門が定休日でくやしー涙。今度は土曜日に高松に行くぞ(えっ?)
スタバでお茶をしてるところにちょっとだけJ氏奥様も合流。

日曜というのに夜遅くまでお付き合いいただき、ありがとうございました。
また機会があれば、乱入したいと思います~


ということで、前日ほとんど寝てないこともあり、ぐっすり就寝~zzzzz
  1. 2010/12/10(金) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

四国紀行その1 スタート早々ハプニング

先週一週間、お休みをいただいて、四国を一周してきました。
備忘録がわりに、こちらに記録しておきます。


11月27日

22時前に家を出て、中央高速から東富士五湖道路経由東名へ向かいます。
しかし、東名に入ったとたん沼津→富士が通行止めのハプニング。。
さあ、どうする??

沼津の出口渋滞と避けるため、一つ手前の裾野で一般道に降りて
カーナビに導かれるため深夜の富士山麓を走りぬけて、
無事24時ごろに富士インターにたどり着きました。
四国に行くのに富士山麓の無人地帯を深夜に爆走することになるとは。
まずはほっと一息。

冨士川サービスエリアで一瞬休憩しましたが、
通行止めの影響でトラックが少なく走りやすかったので
体力の続く限り東名~名神高速を走り続ける作戦に出ました。
静岡を抜け、愛知、岐阜をノンストップで走りぬけて
次の休憩はもうすぐ京都という草津サービスエリア。
300km以上走り続けましたが、テンションが上がってるのか
まだ疲れを感じません (^^;

京滋道路~中国道~山陽道に入り、三木サービスエリアで
1時間ほど仮眠。再び走りだして、本四連絡橋児島ルートで
瀬戸大橋を渡り、与島サービスエリアに着いたのが8時過ぎ。
最悪昼前くらいに到着することも考えてたので、充分順調です。
もう正面には四国が見えます。



11月28日

まだテンションが下がってないのか、疲れは感じませんが
無理せずのんびり坂出・丸亀・琴平周辺を車で回ります。

讃岐平野特有の、まーるい丘がぽこぽことそびえ立つ風景を眺めてると
あー、四国まで来たんだなー、とあらためて実感。
(しかも、一番有名な讃岐富士こと飯野山が目の前。。)
それが、ちょうど紅葉全開で、赤かったり黄色かったり色とりどりなんですよ~

さて、もちろんお目当ては讃岐うどんとお寺。
朝食の1杯から始まって、昼過ぎまでに
 「純手打うどん よしや」
 「麺豪山下」
 「長田 in 香の香」
 「百こ萬」
 「かわむら」
 「松岡」

と6軒回りました<食べ過ぎ
まあ、1軒あたり小≒半人前くらいなので、6軒といっても3人前程度。
(以下上記のお店順不同。どの写真がどの店か、わかるかな??)

     

もともとこの日は4軒くらいのつもりだったのですが、
たまたま運転してたら有名店の看板を見つけてしまったりして、
予定外に2軒も寄ってしまった、という。。。
ほんとに香川県はうどん屋さんが多いですねぇ。(言い訳になってない)

讃岐うどんといえばコシ、と思いがちだけど、ガチンと硬いなんてことはなくて
ムニーっといい感じで伸びるのがいいですね。
麺よりも、かけ出汁の美味しさがさらにステキ。
イリコがガツンとくるお店もあれば、透明感のあるイリコ出汁のお店もあったり。
いやー、明日以後の讃岐うどん屋めぐりが楽しみです(まだ行くのかよ)。

うどんを食べる間に?八十八ヶ所のお寺もいくつか参拝。
「70 本山寺」「71 弥谷寺」「72 曼荼羅寺」「73 出釈迦寺」「74 甲山寺」
「75 善通寺」「76 金倉寺」「80 國分寺」に立寄りました。
が、納経してないし、順番適当だし、善通寺に至っては
駐車場が無料じゃなかったので通過しただけだし(爆)
でも、将来ちゃんとお遍路さんに挑戦してみたいなぁ。。

さて、そうこうしてるうちにようやく高松にたどり着き、
O氏からタレコミのあった、さぬき玉と使ったスイーツがあるという
高松市内の エッグカフェTORINOSへ。
しかし、残念ながらお目当ての トリノスプリンは
午前中に売り切れてしまったそうな。。(大泣)
仕方なく、エンジェルシフォンとコーヒーのセット400円をいただいたのでした。




(続く)
  1. 2010/12/09(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

第2回サクソフォン交流会参加者募集

4月に盛り上がりましたサクソフォン交流会ですが、
来年4月に第2回の交流会を行うことになりました。
つきましては、参加団体を募集中です。

詳細は以下を御覧ください。先着順受付ですので、お早めに!

http://enjoysax.michikusa.jp/


12/10追記
団体枠いっぱいとなったため、締め切りました。
興味を持たれた方は、ぜひ4/30当日、ホールにお越しください♫
  1. 2010/12/06(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。