スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

待機中

先日、半年近くぶりにようやくサイト(http://mcken.web.fc2.com/)のサクソフォンCDレビューを更新したわけですが、一挙15枚はかなり手がかかりました。

しかし、ここで手を緩めず、次々とCDを紹介しなければ!
ということで、早速次の更新の準備を始めているのですが、
未紹介で待機中のCDがすでに20枚以上。。。orz

えー、気長に、期待しないでお待ちください。
スポンサーサイト
  1. 2011/01/31(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

大森氏の新譜「ナイチンゲールとバラ」

なぜかこのタイミングでクラシカル・サクソフォンの新譜がどどっと。。クローバーSQのセカンドアルバム、東京ウィンド・シンフォニカに雲井氏がソリストを務めたアルバムも手元に届きました。すでに新井靖志氏の新譜についてはその素晴らしさがレビューされてるので、あえて私が何かかくこともありません。本当にすばらしいアルバムです。

まずは大森義基氏の新譜を紹介します。



「ナイチンゲールとバラ」
 大森 義基(sax) 高江洲 愛(hp) 萩原 通友(marimba, perc)
 Meister Music MM-2083
 ・ピエ・イェズ(フォーレ)
 ・楽園へ(フォーレ)
 ・ナイチンゲールとバラ(サンサーンス)
 ・野原の羊飼いの乙女(カントルーブ)
 ・バイレロ(カントルーブ)
 ・ベルガマスク組曲より(ドビュッシー)
 ・シェナンド(アメリカ民謡)
 ・イン・トゥルティナ~カルミナ・ブラーナより(オルフ)
 ・忘れられし夢(L.アンダーソン)
 ・月に寄せる歌(ドヴォルザーク)
 ・間奏曲(イベール)
 ・ガブリエルのオーボエ(モリコーネ)
 ・ジャスパー・ブルー(松岡邦忠)
 ・農夫の歌(グリーグ)
 ・牛飼いの歌(グリーグ)

大森氏らしい、メロディラインをていねいに歌い上げた演奏が印象的です。早いパッセージでたたみ込むような曲は皆無。しいて言えば、イベールの間奏曲くらいか。。楽園へは、響きのゆらぎにのせられて本当に気持ちが楽園に飛んでいってしまいそう。そして、アルバムタイトルになっているサンサーンスのナイチンゲールとバラ、、曲もすてきですが、曲の最後の弱音がすーっと気持よくどこまでも伸びていきます(ブレスコントロールがすごい)。曲に気持ちを込めながら、けして停滞することなく前に音楽が進んでいくのが心地良い。。

共演はハープ。ハープとサクソフォンという組み合わせはCDでは結構あるのですが、実演ではバランスが難しいからか意外と接する機会がありません。しかしハープの奏でる豊かな倍音と、やはり倍音豊かなサクソフォンの響きは、理屈ではなく感性に直接訴えかけてきます。

始めから最後までひたすら聴きこむのもよいけど、このアルバムは心地良く聞き流しながら時折耳をかたむけるという聴きかたも許されるでしょう。数曲に参加しているマリンバやパーカッションが曲のカラーを変えて、アルバム全体のアクセントになっています。こういう小品が続くアルバムを最後まで惹き込んで聴かせてくれるのは、大森氏ならではでしょう。疲れたときに聴くと、明日への力を与えてくれるような、そんなアルバムです。
  1. 2011/01/26(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

史上最強

「iSALSAMANIA! Vol.130」から帰宅しました。

今回は対バンが寺内さんのラテンジャズ、ということで
その後が自分たちの出番ということを忘れて聴いてしまいました。
寺内さんのトランペットはもちろん、
志村さんの圧倒的なヴォーカル、ピアノの仲田美穂さんのモントゥーノもすごかった~。

Orchesta de la Canda もガンガン演奏しましたが
いつものゲスト、福本さんのトランペットから
寺内さん、志村さんにも飛び入りで入っていただき、
デラカンダ史上最強のゲスト入り演奏になりました♪

いやー、なにより自分たちが一番楽しかった (^^;

それにしても、サルサ、というかラテン音楽全般に興味を持ち出したころ
オルケスタ・デ・ラ・ルスやチカ・ブーンは、先輩でありある意味目標でもありました。
そこで活躍されてた方々とこうして一緒のステージにたてるということは
本当に嬉しいことです。もう少し、音楽を続けていく勇気をもらえました。

いつもながらイベントプロデュースのかなぴーさん、
スタッフのびんちゃんにも感謝感謝です。


こうやって文字に落として自分の気持ちを整理して、ようやくテンションが下がってきました。
では、おやすみなさい~
  1. 2011/01/24(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[Live告知] 1/23 iSALSAMANIA! Vol.130 @江古田Buddy

Orquesta de la Canda 年明け最初のライブです!

「iSALSAMANIA! Vol.130」
日時:1/23(日)18:30open / 19:30start(デラカンダの出演は20:50-21:40)
場所:江古田Live House Buddy(江古田駅南口駅前)
出演:寺内茂 Latin Jazz Session,
   Orquesta de la Canda (ゲスト 元デラルスTp:福本佳仁)←私はこれに参加
チケット:前売・予約2300円、当日2500円(ドリンク別)


  #ドタキャン可ですので、来られるかも、という方はご連絡ください。

ちなみに、対バンの寺内茂さんといえば、オルケスタ・デラルス全盛期を
福本氏と支えた名トランペッター。今回もメンバーは

 Tp寺内茂
 Vo志村享子
 Piano仲田美穂
 bass吉木稔
 Dr宇山満隆
 per石川雅康

うーん、すごすぎ。個人的には寺内さんのトランペットもさることながら
志村享子さん(元チカ・ブーン)のVo.がすっごい楽しみ~!
  1. 2011/01/22(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

本家サイト サーバー移転

10年以上続いてきた本家サイト http://www.iwakami.ne.jp/~mcken/ ですが
サーバが何らかのトラブルがあったため、11/22から閲覧不能となってました。

手元のファイルは更新に向けて作業中でそのままアップロードするわけに行かず
閲覧不能が長く続いてしまい申し訳ありません。

ようやく、新しいサーバにファイルをアップロードし
ほぼ前と同じ状態で閲覧いただけるようになりました。

新サイトの URL は

http://mcken.web.fc2.com/

になります。まだおかしなところがあると思いますが、
旧倍にもましてご高覧のほどお願いいたします。

本来、相互リンク先の方にはきちんとご連絡差し上げなければならないところですが
そこまで気力が回ってません。おいおいとさせていただきます。

そろそろデザインとかも変えたいんですけど、
CD1000枚以上のフォーマットを変更する気力は起きず。。
今後の課題です。
  1. 2011/01/20(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

鉄分補給

正月休みが12/31~1/3まで4日しかなかったこともあって、自主的に正月休みパート2ということで、1/7に有給を取って4連休としました (^^/

わりとのんびりしてたのですが、せっかくなのでたまには家族ドライブ、(自分が行きたかっただけともいう)
で、1/10(祝)に銚子までおでかけてしてきました。

 #子供たちに「宿題が終わらないと連れていかないゾ」と嚇す口実とも。。

朝5時前に家を出て、海から昇る日の出を見よう!(しかし銚子は間に合わないので、九十九里のどこかで)と高速を東へと向かいます。

九十九里海岸に着いたのは6時半前。まだ暗いので、海岸沿いの九十九里道路を北上していきます。が、あれ?片貝の先でこの道は終わりだっけ? 仕方が無いので、適当に海岸に近い道を進んでいきます。結局蓮沼海浜公園あたりで日の出の時間となり、海岸近くに車を停めて浜辺まで出てみました。残念ながら水平線は雲がかかってましたが、まあそれでも綺麗な風景が見られました。それにしても寒かった。。




さて、ここからどんどん北上。犬吠埼に到着したのが8時前。ちょうど凪いでいたのか、あまり風も強くなく、灯台の下の遊歩道を一周してきました。でもやっぱり寒い(笑)。




朝ごはんは、銚子港近くの浜めしで。私は刺身定食、息子3色丼、娘大トロ丼。奥さんはあまり食欲なく、適当にみんなでシェアしながらいただきました。

 


次に向かったのが銚子駅。ここから銚子電鉄を往復してきました。乗ったのが、元京王線で活躍した車両で、伊予鉄経由でこの銚子電鉄に中古で回ってきた車両。多分これ、京王時代に私も乗ったことあるだろうなぁ。。海が近いとはいえ、意外と海は見えずキャベツ畑の間をコトコト走る電車、なかなか楽しかったです。




銚子駅に戻って、駅前のイシガミでぬれ煎餅を試食しながら購入。それからヤマサ醤油の工場見学へ向かいます。工場稼働日以外は20分ほどのアニメ映画で醤油の製造工程を見て、おみやげをいただくだけですが、工場内には日本最古のディーゼル機関車が展示されていたりして、これはこれで子供たちもそれなりに楽しめたようです。

本当はヤマサ醤油の売店でしょうゆソフトクリームをいただく予定だったのですが、売店改築中で春まで販売停止中とのこと。しかし、駅近くの売店で売っていると教えていただき、早速向かいました。不思議な味ですが、これはこれでアリです。

さて、次に娘9歳の強い希望で、いちご狩りへ。かもめ大橋近くの飯森苺農園を訪れると、今シーズンのいちご狩りは一昨日始まったばかりとのこと。国道脇のハウスで、甘酸っぱいいちごを食べ放題。。ごちそうさまでした。




一旦利根川を渡り鹿島臨海工業地帯を走りぬけます。鹿島灘側には大きな風力発電装置が並んでいて、なかなか壮観。。向かったのは、再び千葉県側にもどって香取神宮。お正月だし、お参りをしてきましょう。と考えている人は多いようで、なかなか混んでいました。子供たちの学業守を購入。




そろそろお昼も過ぎましたが、いちごが効いてなかなかお腹がすかないようなので、ちょっと寄って見たかった府馬の大楠を見に。場所が迷いましたが、県道脇のすれ違いの出来ない坂を登って行くと、宇賀神社の境内に見上げるような大楠が(本当はタブノキらしい)。子供曰く「トトロに出てくる木みたい」そういえばトトロの木は楠だっけ。




さて、混まないうちに帰宅(連休最終日だしね)。しかし、お昼ごはんを食べたいような、でも食べなくていいという意見もあり、どうしようか迷いながら一般道を成田方面に走っているうち、道の駅くりもとという標識を発見、ここで適当に食べることにしました。直売所でコロッケやお寿司を買おうと思ったのですが、裏手にあった食堂がいい感じ。なので、買ったコロッケを持ち込んで(すみません)、食堂でカツ丼、けんちんうどん、さつまいもソフトを買ってシェア。これが意外と美味しかった~。そういえば、このあたりは首都圏の台所と言われてるエリア、農業や酪農が盛んだったんだよね。。カツ丼の豚は地元産の他、おそらくけんちんうどんの野菜類や、カツ丼の玉子、お米も地元産なんでしょう。さらに、売店で豚生モツ煮セットを発見、1kg621円というお値段だったので思わずお持ち帰り~。




あとはノンストップで自宅まで約2時間強。コースは思いつきでしたが、なかなか楽しいドライブでした。
  1. 2011/01/11(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。