スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

〔ご案内〕4/30 第2回サクソフォン交流会

昨年に続いて、今年も全国のアマチュア・サクソフォン演奏団体が集まる交流会を開催を準備してきましたが、開催まで1ヶ月を切ったので、ご案内します。




【第2回サクソフォン交流会】
日時:2011年4月30日(土曜) 12:00開場 12:30開演
会場:小松川さくらホール・多目的ホール(都営新宿線「東大島駅」徒歩10分)
料金:入場無料

プログラム:
各参加団体によるアンサンブルステージ
ラージアンサンブルレクチャーステージ
  ・W.A.モーツァルト - "フィガロの結婚"序曲
  ・O.レスピーギ - "リュートのための古風な舞曲とアリア"より
全体合奏
  ・J.ヴァン=デル=ロースト/柏原卓之 - カンタベリー・コラール

参加団体(50音順):
・Unknown Saxophone Quartet(東京)
・カキツバタサクソフォンアンサンブル(愛知)
・Saxofono Rosso(東京)
・サクソフォンアンサンブル・なめら~か(神奈川)
・THAT'S SAXOPHONE PHILHARMONY(東京)
・しらこばと音楽団(埼玉)
・Tsukuba Saxophone Quartet(茨城)
・Duo Green Green(千葉)
・Lion Saxophone Quartet(東京)
・ラファンドゥモンド(東京)



今回、地震の影響もあり、参加団体が予定より少なくなってしまいましたが、各地で活動するアマチュアのサクソフォン団体のカラーの違いを楽しめる内容になるかと思います。アドバイザーおよび客演指揮を努めていただいている西尾貴浩先生の、熱いパフォーマンスも期待できると思います。ぜひ、足をお運びください。お待ちしています。

サクソフォン交流会の Website: http://enjoysax.michikusa.jp/
スポンサーサイト
  1. 2011/03/31(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

"Squillante" Ensemble Squillante




「Squillante」Ensemble Squillante
    SC848-C874734
 ・トッカータとフーガ ニ短調 BWV.565(バッハ)
 ・ホルベアの時代より op.40(グリーグ)
 ・合奏協奏曲第8番 ト短調「クリスマス協奏曲」op.6-8(コレッリ)
 ・クープランの墓(ラヴェル)


2006年、サクソフォンの教育の最高峰であるパリ音楽院(最近日本ではのだめで有名かな)出身者9名で結成された、サクソフォン・アンサンブル。この経歴を見ただけで、この団体の実力のほどは想像できますが、今回ファーストアルバムを聴いて想像をはるかに超える完成度に驚きました。ちなみに、9人というのは、ソプラノ☓2、アルト☓2、テナー☓2、バリトン☓2、バス1という編成。8重奏ではなく、バスが加わって低音が引き締まってるのが個人的にはツボです。

1曲目の「トッカータとフーガ」♪ちゃららー♪ちゃららららーっらー から、一糸乱れぬ完璧にあった響き。サクソフォン臭さは全く無く、全体が一つの音の塊りになって聴こえてきます。そう、オルガンのように。2曲目の「ホルベアの時代より」の、春の始まりの風を素肌で感じたときのようなワクワク感があります。響きは濁らず軽やか、短調で遅いテンポでもけして音楽は停滞せず、次の音を紡ぎ出していきます。「クリスマス協奏曲」音程もイントネーションも当たり前のように揃っていて、古典的で端正な響きなのが、あたりまえだけどすごい。「クープランの墓」このCDの中でも白眉の演奏。この曲の古典的な和音と構成に潜んでいる現代的な和音進行の綾を表現するのに、サクソフォンは適していることを再認識しました。どの曲もサクソフォンのラージアンサンブルでは定番曲ですが、どの演奏もこれまで聴いたベストの演奏と言ってしまっていいでしょう。

最後になりましたが、このジャケットもすてき。みんな、いいカオしてるなぁ。ニクい(笑)。ラージアンサンブルに席を置いている方には、ぜひ聴いていみてください。彼らのサイトから、paypal決済でこのCDを購入することができます→ http://www.squillante.fr/blog/
  1. 2011/03/28(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

"Journey" by Cory Barnfield (sax)




「Journey」 Cory Barnfield (saxophone)
New Dynamic Record

- Distance within Me (J.A.Lennon)
- Brillance (I.Godkovsky)
- Sixth Sense (G.W.Yasinitsky)
- Kaleidoscope (P.Goldstein)
- Pequina Czarda (P.Ituralde)
- Oh, I want to Know You More (S.L.Fry)


インディアナ大学で教員を務める、コリー・バーンフィールド氏のファーストアルバム。

1曲目はすっかりアメリカではクラシカル・サクソフォンのオリジナル曲の定番になりつつある「Distance within Me」の、内省的な響きが心に残ります。極めて難度の高いゴドコフスキーの「ブリランス」も、器用ではないけれどま正面から曲に取り組む姿勢が伝わってきます。

「カレードスコープ」はクラリネット、バスーン、ピアノとの4重奏。ある時にはクラリネットと、ある時にはバスーンと同質化し、組み立てられて変化していく音の綾を耳で追っていく作業、手に汗握るようなスリルと興奮を覚えます (^^;

アンコール的な最後の2曲のうち、「小さなチャルダッシュ」では後半の16部音符が続くフレーズをすべてタンギングしています。これ、楽譜通りだけど、ちゃんとこれで演奏している人は少ないんですよね。アドリブ的なフレーズも悪乗りしないで真面目に吹ききっています。一番最後「Oh I want to Know You More」の素朴なメロディーがすてき! バーンフィールド氏の演奏も、メロディをシンプルにしみじみに歌い上げてて、聴いていて涙が出てきそうです。

amazon.co.jpでCDmp3データでの取り扱いがあるようです。
  1. 2011/03/24(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

夏への扉

演劇集団キャラメルボックスの「夏への扉」見てきました。

summergate.jpg


ハインライン原作の名作SF小説、なんですが私はあまりSF系を読んでないので、たしか一度斜め読みしたくらい。むしろウチの奥さんのほうがそのへんは詳しかったりして。

3連休、ぽっかりと予定があいてしまったので、急遽家族を説得して銀座へ向かいました。息子11歳は食事で釣り、娘9歳は「ネコが出るタイムマシンの話」で説得 (^^;

映画もいいけれど、やはり生で演じられる劇というのは、すごいですね。一人ひとりの演技力、それを前提にした脚本、スリルあり・笑いあり・涙あり(本当に涙が出ました)の、緻密な構成と圧倒的な迫力は最上級のエンターテーメント。あまりに有名な名作を、どうやって生で演じるのかもとても興味がありましたが(ちなみに世界初舞台化だそうです)、あんな工夫、こんなやり方、詳しくはネタバレになるので書きませんけど「こうきたか!」と、もう関心しっぱなしでした。

劇そのものももちろん素晴らしかったのですが、パンフレットを散らかしてしまったら新しいパンフをさっと用意してくれたり、座席では背の低い娘のために座布団を用意してくれたりと、スタッフの方々にも親切にしていただきました。制作総指揮の加藤さんはじめスタッフの方々にも感謝です。(加藤さん、チケットの件ではご心配おかけしました!)

ストーリーが複雑すぎて子供たちには十分理解はできなかったようですが、生の演劇のおもしろさは感じ取ってくれたみたいです。娘9歳は小ネタひとつひとつに反応して終始ケラケラ笑ってました。

大地震以来、何かと自粛ムードで気が滅入ることが多いですけど、この時期に公演を続けられることは大英断と言っていいと思います。千秋楽は27日、平日夜の公演はまだ席があるようですので、都合のつく方はぜひル・テアトル銀座へGO!強力にお薦めします!




そういえば、私も小学校の部活は演劇部だったんだよなー
脚本もバンバン書いたりしてたっけ(とオチのないカミングアウト)。。
  1. 2011/03/20(日) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

サボっちゃいられない

このところ、いろいろと気分が乗らず、サクソフォンのCDのご紹介が滞ってます。
手元には、30枚近くCDがたまってるんですが。。


ふと、考えました。

毎週1枚紹介してったって、全部紹介し終わるのに7ヶ月かかるじゃんっ!
週に2枚紹介してったって、4ヶ月近くかかるじゃんっ!

これはヤバい。相当ヤバい。
そろそろ、自分でお尻に火をつけないと。
ってことで、今月中に3枚紹介目標。あ、宣言しちゃった。。。

たとえば、こんなCDを紹介する予定です。


51iv346Gw3LSL500AA280.jpg saxofinia.jpg 
51h9UgXoKLSL500AA280.jpg
  1. 2011/03/18(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

吹いたというか、和んだというかw

朝ツイッターで何気なくつぶやいた写真が、50近くRTされてもうた (^^;
せっかくなので、こちらにもアップしておきます。

アルタ横某店

  1. 2011/03/15(火) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

湾岸から脱出




ビックサイトぬ向かう途中で地震、ゆりかもめから地上に避難。徒歩で豊洲へ、そこからバスで新橋、さらに渋谷に向かってます。予想どおり大渋滞中。

青海方面で黒煙が上がってたり、東雲で歩道が液状化してたり。

  1. 2011/03/11(金) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

茨城から福島へ

週末は、毎年恒例・奥さんの関係で大洗へおでかけしてきました。

土曜日は出かけるのが昼過ぎになってしまったので、
途中偕楽園で梅を見たくらいで宿へほぼ直行。




宿には十数家族集まってたいへんなことに (^^;
今回は、部屋は家族ごとではなく、男女別相部屋。
修学旅行みたい、と息子は言いました (^^;

夜はもちろん、あんこう鍋!

 


奥さんや子供たちは遅くまで起きてたようですが、私は日頃の睡眠不足解消のために、寝る~

翌朝、民宿の庭に吊るされていた、宴の残骸 (^^;




ここ3年くらい毎年来てるので、大洗水族館や科学館、那珂湊魚市場などは
ひととおり行ってしまったので、思い切って小名浜のアクアマリンまで足を伸ばしてみました。

入口にあった、吊るし雛風のモニュメントが素敵。




なかなか楽しめました。

 



バックステージツアーにも参加。普段見られない、水族館の裏側を見せていただきました。
息子はこれが一番面白かったようです。

ランチはすぐちかくの複合施設、いわき・ら・ら・ミュウへ。
回転寿司、どんこやホウボウ、貝づくしなど、地物を狙いました。

 


ちょっと強行軍でしたが、なかなか楽しい週末でした。
  1. 2011/03/08(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

冷静さをベースに計算された狂気~平野公崇氏サクソフォン・リサイタル

平野公崇サクソフォンリサイタル 2011/3/2

久しぶりで平野公崇さんのリサイタルを聴きに行ってきました。

「平野公崇サクソフォン・リサイタル」
  東京文化会館小ホール 19:00開演
  平野公崇(sax) 田中研生(piano)
   ・4つの四重奏曲op.19より 第1番ハ長調(J.C.バッハ)
   ・クラリネット・ソナタ第2番変ホ長調(J.ブラームス)
   ・主よ人の望みの喜びよ(J.S.バッハ)
   ・G線上のアリア(J.S.バッハ)
   ・ゴールドベルグ変奏曲より(J.S.バッハ)
   ・(アンコール)コラール・プレリュードBWV.659(J.S.バッハ)
   ・(アンコール)平均律第1巻第2番ハ短調より 前奏曲(J.S.バッハ)


プログラムからして、もう平野ワールド全開の予感。そして予感を超えた、前半はきっちりとクラシックで、後半はバッハの曲にインプロヴィゼーションを織り交ぜた演奏を繰り広げられていました。

特に印象的だったのは、ブラームスのソナタ。原曲がクラリネットとピアノということで、そのままサクソフォンで吹いてしまうと音量のバランスが崩れることを十分意識し、音量を抑制した上でサクソフォンならではの表現を意識された演奏でした。特に高音のフラジオ音域で、そのまま吹くとまとまりのない音になってしまうフォルテを極力避けて、メゾピアノ以下の音量を多用していた点がユニークでした。サクソフォンとピアノの演奏では埋もれてしまいがちなピアノの重要なパートもくっきり浮かび上がってきます。

後半のインプロヴィゼーションも相変わらずすごい。原曲通りにクラシカルに吹いていたかと思うと、ピアノい向かって一瞬ニヤリとしたかと思うと、循環呼吸と替え指を駆使し、狂ったかのようなアグレッシヴな即興に突入します。ただ狂ったような演奏ではなく、冷静さをベースに計算された狂気は何倍も破壊力があります。

ピアノの田中研生氏の音楽づくりもみごとでした。少し後ろの席で聴いていたせいかもしれませんが、とても明瞭かつやわらかいタッチで、音量をいたずらに荒げることなく、極めて自然な音楽の流れをつくっていました。ピアノソロの演奏も聴いてみたいな。。

ある意味、今回のリサイタルはここ3年ほどの平野氏の演奏のベクトルをそのまま踏襲した内容だったと言えるかと思います。次に平野氏がどこへ向かって走っていくのか、、気になるところです。

会場ではめずらしく知り合いを見かけませんでした。客層は私よりもご年輩の方が多く、演奏中は楽章間で拍手が入ったりしてました。ある意味、サクソフォンのコンサートは身内や音楽関係者が多いので、楽章間で拍手が入ることはめったにないですけど、楽章間の拍手がはからずも客層の違いを映し出していました。
  1. 2011/03/02(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

続々

いい加減本家サイト(http://mcken.web.fc2.com/)のデザインを変えようと思ってるんですが
少しづつアイディアをまとめようとしてますが、なかなか。。
ファイルも600近くあるし、新しいエディタにも慣れてないですし。

先日ようやくサクソフォン奏者のインデックスと公式サイトへのリンクをチェックしなおしました。
数年も経つと、多くの方がオフィシャルサイトを開設されてますね。
一方、いつの間にかサイトを閉じられてる方も。。


各奏者のサイトをチェックしているうちに、サイトからCDが購入できるようになっていて
ついポチポチと(汗

で、早々にCDが届きました!

Tenor Tapestry by James Houlik


 ・ジェイムス・フーリック氏 の「Tenor Tapestory」

Eugene Rousseau & Friends


 ・ユージン・ルソー氏の「Eugene Rousseau & Friends」
 ・ユージン・ルソー氏の「Eugene Rousseau, Univ. of North Texas Symphony Orchestra」

Walimai by Jonathan Wintringham


 ・ジョナサン・ウィントリンガム氏の「Walimai」
 ・トッド・オクスフォード氏の「Tango Magnetism」

あああ、まだまだ続々届く予定。。(汗
レビューはいずれ。。
  1. 2011/03/01(火) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。