スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

〔再〕〔ご案内〕4/30 第2回サクソフォン交流会

直近になりましたので、再度ご案内!




【第2回サクソフォン交流会】
日時:2011年4月30日(土曜) 12:00開場 12:30開演
会場:小松川さくらホール・多目的ホール(都営新宿線「東大島駅」徒歩10分)
料金:入場無料

プログラム:
各参加団体によるアンサンブルステージ
ラージアンサンブルレクチャーステージ
  ・W.A.モーツァルト - "フィガロの結婚"序曲
  ・O.レスピーギ - "リュートのための古風な舞曲とアリア"より
全体合奏
  ・J.ヴァン=デル=ロースト/柏原卓之 - カンタベリー・コラール

参加団体(50音順):
・Unknown Saxophone Quartet(東京)
・カキツバタサクソフォンアンサンブル(愛知)
・Saxofono Rosso(東京)
・サクソフォンアンサンブル・なめら~か(神奈川)
・THAT'S SAXOPHONE PHILHARMONY(東京)
・しらこばと音楽団(埼玉)
・Tsukuba Saxophone Quartet(茨城)
・Duo Green Green(千葉)
・Lion Saxophone Quartet(東京)
・ラファンドゥモンド(東京)



詳細は http://enjoysax.michikusa.jp/を御覧ください。

なお、今般の震災の復興に少しでも協力するため、宮城県吹奏楽連盟の楽器バンク http://www.ajba.or.jp/miyagi/osirase/gakkibank.pdf に賛同し、当日不要の楽器や用品(リード、マウスピース、マレット、譜面台など)などを集めて送ります。お手持ちで余っている未使用またはそれに準じる用品類がありましたら、ご持参いただけると幸いです。

お待ちしています。
スポンサーサイト
  1. 2011/04/25(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Voyage Russe by Alliage Quintett



"Voyage Russe" by Alliage Quintett
Sony Music 8869 7853452 r.2010/9
-くるみ割り人形より (チャイコフスキー)
-シェヘラザードより (リムスキー=コルサコフ)
-「ルスランとルドミュラ」序曲 (グリンカ)
-ワルツ~ジャズ組曲第2番より (ショスタコーヴィチ)
-剣の舞~ガイーヌより (ハチャトゥリアン)
-中国の女性の踊り~赤い芥子より (グリエール)
-ロシアの水夫の踊り~赤い芥子より (グリエール)
-クレイドル・ソング (リャードフ)



サクソフォン4重奏とピアノという組み合わせは、4重奏よりもはるかに表現力が豊かになりますね。ピアノのアコースティックな音色が加わることで、管楽器だけでは得られない機動力とリズムのキレを得ることができます。1曲目のくるみ割り人形のチャーミングな響きはサクソフォンならではですが、サクソフォンだけではどうにもサマにならないトレパックのチェレスタや花のワルツのハープも、ピアノで演奏することで音楽の流れに無理がありません。エンディングへ向かっての追い込みも、バレエの華やかさが眼に浮かぶようです。

シェヘラザードは全4楽章を20分ほどの単一楽章に編曲して演奏しています。物語はやや足早ですが、この編成だからできる様々な響きが楽しいです。それにしてもこの曲を5人で演奏してしまうという発想は、スゴイ。

ルスランとルドミュラの演奏時間は5分9秒。さすがに5分の壁は破られないものの、かなり早い(スポーツじゃないって ^^;)。よく聴いてみると、なんだかすごいタンギングをしてたりします。。ロシアの水夫の踊りは、個人的にはこれサクソフォン4重奏でやったらいい響きになるんじゃないかと編曲に手を付けていた曲。やられちゃいました(苦笑)。予想とはかなり違う編曲でしたが、バリトンの重い響きがたまりません。

アリアージュ・クインテットはこれまで独立系のMD+GレーベルからCDをリリースしてきましたが、今回はメジャーのソニーレーベルからのリリース。サクソフォン・アンサンブルの認知度がますます高まってきた結果と言っていいでしょう。ぜひ日本にも来て、あっと驚かせるような演奏をしてほしいなぁ。
  1. 2011/04/22(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

kmz形式・全国バス停留所データ

昨日の予告どおり、本家サイトに東武バスグループ時刻表のインデックスを作成しました。

http://mcken.web.fc2.com/bus/tobu/

さらに勢いで、国土数値情報ダウンロードサービス(http://nlftp.mlit.go.jp/ksj/)のバス停留所データを使って、都道府県単位のバス停留所位置データを kmz ファイルにまとめてみました。

http://mcken.web.fc2.com/kmz/

バス停留所位置データですが、上記国土交通省作成の22年度作成データをそのまま使っています。元データに、収録会社の不足や一部明らかなミスもあるのですが、あえて手を加えずそのまま kmz 化しましたので、ご留意ください。

両方ともマニアックな内容ですが、興味ある方、のぞいてみてください。
プログラミングの腕があれば、web上でバスの路線を指定すると停留所が地図上に表示できる、とか実現しそうなんですが、まだまだ知識が足りない。。

  1. 2011/04/19(火) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

先行公開・東武バスグループ時刻表

久しぶりに乗りもの(バス)ネタです。

正式には明日インデックスを作りますが、
東武バスグループ(セントラル、イースト、ウェスト)3社の
非公式バス時刻表(2011/4現在)を作りました。

興味のある方、どうぞご笑覧ください。(いずれもpdfファイル)

東武バスセントラル:http://mcken.web.fc2.com/bus/tobu/tttb114C.pdf
東武バスウェスト :http://mcken.web.fc2.com/bus/tobu/tttb114W.pdf
東武バスイースト :http://mcken.web.fc2.com/bus/tobu/tttb114E.pdf
  1. 2011/04/18(月) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

ドゥラングル氏新譜情報

スウェーデンのBISレベルは、パリ音楽院教授であるクロード・ドゥラングル氏のレコーディングをリリースしていますが、新譜情報を見てちょっと驚きました。

気韻-サクソフォンと中華民族楽器オーケストラの饗宴
BIS 1790
クロード・ドゥラングル(Sax)、邵恩(指)台北中華楽団
 ・サクソフォン協奏曲第1番(鐘 耀光)
 ・サクソフォン協奏曲第2番(鐘 耀光)
 ・タシュクルガンの陽光(鐘 耀光)
 ・悲しみの川(民謡/鐘 耀光)
 ・サクソフォン協奏曲「オープン・シークレット」


うひゃー、中華民族楽器オーケストラですよ! Prism Quartet が現代中国楽器アンサンブルと共演したCDもおもしろかったけど、ドゥラングル氏のディスクも楽しみだなー。
  1. 2011/04/08(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

4/10 Orquesta de la Canda Live at 築地キューバンカフェ

あああ、気づいたらライヴはもう今週末だった!
ということで、まもなく閉店してしまう、築地キューバンカフェにて
楽しい音楽とダンスパフォーマンスのイベントに出演します。
どうぞお越しください!

(以下マイミク Martilloさんの日記よりコピペです _0_ )

★2011/4/10(Sun)
オルケスタデラカンダライブ
(スペシャルゲスト 元デラルスTp:福本佳仁)
 18:00 open/DJ time DJ:Kura2
 18:15 バチャタンゴレッスン by Aya&Kita
 19:00 Orquesta De La Canda 1stステージ
 19:45 DJ time
 20:00 ダンスパフォーマンス 
     Tomo&Jun/Que sorte!!
     Andres&Kozue
     Aya&Kita
     Team BUENO!
     Las Buenas Abejitas!!
 20:45 Orquesta De La Canda 2ndステージ
     (ゲストTp:福本佳仁)
 21:30~22:30 DJ time(タンゴ数曲あり)

場所:築地キューバンカフェ(築地市場駅3分)
東京都中央区築地5-6-10浜離宮パークサイドプレイス1F
アクセス:都営大江戸線築地市場駅A1出口より徒歩3分
     JR新橋駅/日比谷線築地駅より徒歩10分
http://www.geocities.jp/cubancafe2005/

Charge:当日3000円
    前売・予約2500円
    フライヤー持参2800円(ドリンク込)


 #ご予約承ります。
  キャンセル料は発生しませんので、お気軽にどうぞ
  1. 2011/04/06(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Saxofinia plays Gershwin's music live at Alcobaca




「Saxofinia plays Gershwin's music live at Alcobaca」
  Saxofinia (Sax.Q.) + Sergio Carolino (tuba), Mario Delgado (guitar), Alexandre Frazao (perc)
Live at Alcobaca 2005/5/5-6
-Rhapsody in Blue
-American in Paris
-3 Preludes
-Nice work if you can get it
-Rialto Riplles
-But not for me
-Porgy and Bess
-Liza



Saxofinia はリスボン音楽院の卒業生で結成した団体で、ポルトガルで活動しています。1987年結成とのことなので、すでに20年近くも活動を続けてるんですね。彼らのセカンドアルバムにあたるこのCD、ガーシュウィンのナンバーを演奏した楽しい一枚。特に後半3曲にはチューバやギター、ドラムが加わって、ノリにノッてます。チューバのソロのゴキゲンなこと、その場にいたら思わずスタンディングオベーションしちゃうな。。

もちろんサックス陣の演奏もジャズっぽい奏法もきっちりサマになっています。カッコいいアドリブソロの応酬あり、不意をつくクールなフレーズあり。ちょっと落ち込んでる時にこんな演奏を聴けば、きっと笑顔が戻ってくることでしょう。そう、今こそこういうアルバムを聴くのがいいのかも。


  1. 2011/04/05(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。