スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Saxophone Romance by Olli-Pekka Tuomisalo




「Saxophone Romance」
  Olli-Pekka Tuomisalo(sax), orchestra
  Alba Record ABCD317
  ・ワルツ・スケルツァンド(ヤコブセン)
  ・スタークロスト・ラヴァーズ(エリントン/ストレイホーン)
  ・ロマンティックな小品(ゴジンスキー)
  ・ブリエッタ・ワルツ(ドリゴ)
  ・チェルシー・ブリッジ(スロレイホーン)
  ・抒情的な幻影(ボーンシャイン)
  ・ヘカトン(バハナ)
  ・プレリュード・トゥ・ア・キス(ストレイホーン)
  ・夕陽の微かな光のなかに(フィッシャー)
  ・ヴァルス・カプリース(リントン)
  ・サルトリー・サンセット(エリントン/ハール&ルネハン編)



フィンランドで活動する、1970年生まれのサクソフォン奏者、トゥオミサロ氏の新譜。シベリウス・アカデミーでペッカ・サヴィヨキに師事、シベリウス・アカデミー初のサクソフォン博士課程に在籍中です。既に10枚のCDをリリースし、100近い協奏曲をレパートリーにしており、フィンランドのサクソフォン作品の発掘や委嘱など、精力的に活動を行なっています。。今やフィンランドのクラシカル・サクソフォン界でもっともアクティヴに活動する奏者といっていいでしょう。いや、クラシックにとどまらず、より幅広いジャンルにも興味を持っていることが、このアルバムからも感じ取ることができます。

これまでのシリアスな曲主体のアルバムとは一転、今回の選曲はライトミュージックからデューク・エリントンのジャズまで。いや、やっぱりこういう曲も好きなんですね(なぜかちょっとほっとします)。トゥオミサロ氏の透明感のある音色は、どんなジャンルの曲も曇ることなく明快に描き出します。エリントンのナンバーがちょっと綺麗過ぎる、なんて文句をいう人もいるかもしれないけど、夢見るような清々しさはこの演奏ならではの魅力です。北欧の澄んだ空気がそうさせるのかな、なんて考えすぎか。。

オーケストラは臨時編成のようですが、ちらほらと有名な奏者が加わっているようです。分厚すぎず、アンサンブルが整っていて、要は上手いです。だからこそ、トゥオミサロ氏がのびのびと演奏できるのでしょうね。

ワイングラスでも傾けながら、リラックスして聴きたいアルバムです。国内では HMV や タワーレコードで取り扱いがあるほか、北欧のCD専門のノルディックサウンド広島でも取り扱いがあるようです。

albaレーベルでのこのCDの紹介はこちら http://www.alba.fi/en/info/newreleaseinfo/4813
スポンサーサイト
  1. 2011/05/26(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Tsukuba Saxophone Quartet - Saxophone Concert Vol.4



「Tsukuba Saxophone Quartet - Saxophone Concert Vol.4」
  5/22 13:30開演 大田区民プラザ小ホール
  ・トリップ・トゥ・スカイ(J.ウィラン/B.メニュ)
  ・アン・オーウェン(トラディショナル/B.メニュ)
  ・タルカス(K.エマーソン)
  ・"N.R.の肖像"より1・2・4楽章(上野耕路)
  ・シャコンヌ~無伴奏ヴァイオリン・パルティータ第2番より(J.S.バッハ/伊藤康英)
  ・〔アンコール〕アトム・ハーツ・クラブ・カルテット(吉松隆)
  ・ふるさと(岡野貞一)


先日のサクソフォン交流会でも目の覚めるような快演を聞かせてくれた、Tsukuba Saxophone Quartet のコンサートに行ってきました。筑波大学吹奏楽団OB・OGを中心に活動している団体で、東京でのコンサートは初めてですが、会場は100人以上のお客さんが入っており、なかなかの盛況でした。曲を見ればわかるとおり、気合の入り方が違います。日本初演となるアン・オーウェンを始め、トリップ・トゥ・スカイやタルカスでは国内では彼らしか演奏していないレパートリー。後半のプログラムも、NRの肖像を始めなかなか演奏される機会の少ないものばかり。

アマチュアとはいえ、指まわりやアンサンブルは多少の傷が問題にならないほどのハイレベル。そして、最初から最後まで演奏に対する集中力と表現の統一性は、プロの比べても全く遜色ない内容です。そもそも、このプログラム、プロじゃできないですよね。。←あえて挑発するような書き方してます。ぜひプロの方々もこういうことをやってください (^^/

一番聴き応えがあったのは、ELPの名曲"タルカス"のサクソフォン4重奏版。これも先のサクソフォン交流会で日本初演となったのだけど、多少無理はあるもののサクソフォンだけで原曲の"うねり"感がここまで表現できるのは、編曲もさることながら演奏によるところが大きいでしょう。シャコンヌも体当たり的なパワーのある演奏。あ、でもやはり完成度という意味では、何度も演奏していると思われるアトム・ハーツ・クラブ・カルテット。アンコールにしないで、プログラム最後の曲としてよかったんじゃないかな。

あえてそれでも気になったところといえば、音量の少ない部分の聴かせ方を工夫して欲しかったこと。例えばトリップ・トゥ・ザ・スカイで、イギリスのスカイ島の澄んだ透明感のある空気を感じたかったな。。こんな感想が言えるのは、ちゃんとその前提がクリアされているからですよ。

ところで、意図してか偶然かはわかりませんが、ELP-上野耕路-バッハ/伊藤 という流れの後に、吉松隆の曲を聞くと、いかに吉松隆の曲がプログレッシブロックや映画音楽、さらにはブルースから影響を受けているかがおもしろいほどわかったのが、もしかしたらこの演奏会を聴いての一番の収穫だったかもしれません。

演奏会終了後、急いでいたのでK氏に挨拶しただけで帰ってしまい、他のみなさんに声もかけず失礼しました。(お客さん側でも、あちらこちらの知人が来ていたようですが、同じくご挨拶もせずすみません。)本当にお疲れさまでした。アンケートにも書きましたが、ぜひ息の長い活動を目指されますように。
  1. 2011/05/23(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

Saxophone Duo Concert




Duo Saxophone Concert
 かなっくホール 19時開演
 サクソフォン:木村佳[K]・高橋龍之介[T](sax) 望月佳央里[M](piano)
  ・ソナタ(ルクレール)KT
  ・ギリシャ組曲(イトゥラルデ)KM
  ・ラプソディ(ドビュッシー)TM
  ・ブルー・カプリス(モロスコ)K
  ・ソナタより 第2・3楽章(クレストン)TM
  ・トリオ~オーボエ・バソンとピアノのための(プーランク)KTM
  ・(アンコール)ニュー・シネマ・パラダイス・メドレー(モリコーネ)KTM


一昨日になってしまいましたが、先日のサクソフォン交流会に "Unknown Saxophone Quartet"として参加してくれた、2人の若いサクソフォン奏者のデュオ・コンサートを聴きに行きました。うち一人はネット上のサクソフォン関係者の間では有名なKちゃん。それにしても演奏者二人の年齢を足しても私の年齢に満たないという、、、(汗

会場は東神奈川駅直結のかなっくホール、19時開演には間に合わなかったものの、なんとか2曲目の始まる前に到着しました。この日は洗足音大で超豪華メンバーによる"サクスケルツェット"の演奏会と重なっていたので、勝手に集客を心配してたのですが、客席に入ってみれば300人のホールの後ろをクローズして100人以上のお客さんがいらっしゃってました。客層は20歳前後が7割、あとはその親世代(←私もここ)がほとんど。いや、これだけお客さんが集められるというのはさすがです。

演奏は、、、とにかく若い。つきなみな言い方になってしまいますが、若くて足りない部分はたくさんあるけれど、歳を重ねて失っていく何かが光っています。言い方を変えれば、まだまだ伸び代があるということ。きっとこれからの研究や人生経験で、間違いなく大化けすることでしょう。加えて、ソロの二人の指向がかなり違うのがおもしろい。選曲からも違いは明白で、超スタンダードな選曲をやはりスタンダードな解釈で演奏する高橋氏と、変化球的な選曲を体当たりで演奏する木村氏はとても対照的でした。プログラム最後のプラーンクの「ソナタ」は、2人の音色や演奏スタイルが違っていたものの、この曲ならそれは許されるかな。それにしても私の大好きな「ブルーカプリス」を演奏してくれたのは嬉しかった~

もう一つ感心したのは、運営スタッフのメンバーが、若いのにてきぱきとしっかりしていたこと。後でわかったのですが、みなさん昭和音大の学生さんだそうで、なるほど手馴れているわけです。

終演後、OT君やYY君、YA君らと流れで打ち上げの席に混じってしまったら、見回せば私以外は20代以下。あー、ひとりだけおぢさんでごめんなさい(笑)。途中から30代のS藤氏が呼び出され来て、なんとか"一人だけ完全に浮いてる"感が薄れましたが(爆)。気がつけば終電コースに(オールナイトコースの面々もいたのかな??)

 #余談ですが、翌日も地元のPTAパパさん打ち合わせ兼呑みで帰宅1時過ぎ。。無謀すぎ。。(だからこれ書くのが遅くなってしまったんすよ、ごにょごにょ)

最後に、この演奏会の入場料は、すべて震災の義援金として寄付するとのこと。ってことは、全部持ち出し? それって、さりげなくすごく大変なことじゃない?? 彼らの活躍をこれからも追っていきたいものです。本当におつかれさまでした。
  1. 2011/05/15(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

サクソフォンと中華民族楽器オーケストラの饗宴~ドゥラングル氏新譜




「氣韻-サクソフォンと中華民族楽器オーケストラの饗宴」
  BIS 1790
   クロード・ドゥラングル(Sax)、邵恩(指)台北中華楽団
 ・サクソフォン協奏曲第1番(鐘 耀光)
 ・サクソフォン協奏曲第2番(鐘 耀光)
 ・悲しみの川(民謡/彭 修文)
 ・サクソフォン協奏曲「オープン・シークレット」(田蕾蕾)
 ・タシュクルガンの陽光(鐘 耀光)


サクソフォン界の最高教育学府であるパリ音楽院の教授を務める、クロード・ドゥラングル氏の新譜は、なんと中華民族楽器オーケストラとの協奏曲録音。先日アメリカのプリズム(サクソフォン)クヮルテットと中国現代音楽アンサンブルの録音があまりに強烈だったので、この中華民族楽器オーケストラって、どんな音がするの?と聴き始めるまではかなりドキドキしました(笑)。が、意外にもエキセントリックな響きはほとんどせず、そうですね、しいて言えばマンドリンオーケストラに近いような、弦楽アンサンブル的な要素のある響きに感じたのは驚きでした。録音のせいもあるでしょうけど、この楽団のアンサンブル力の高さゆえにまとまった響きになっているのでしょうか。

1曲目の「協奏曲第1番」はドゥラングル氏の無伴奏ソロで始まり、打楽器、やがて人の声が入ってきます。派手な不協和音はほとんどなく、アジア的でありながら、構成や音階はきちんと西洋音楽のルールに則っていて、メロディ主体のわかりやすいクラシック音楽として成り立っています。とはいえメロディラインや節回しはアジアっぽく、聴いていて体に抵抗なく入ってくるのもいいですね。この手の演奏は(言い方は悪いですが)キワモノと紙一重だと思うのですが、この録音に限ってはまったくもってクラシカルな響き。「悲しみの川」では、タイトル通りのエモーショナルな響きが印象的です。かと思えば「協奏曲第2番」の終楽章や「タシュクルガンの陽光」ではテクニカルなフレーズが連続し、思わず手に汗握る聴き手をよそに鮮やかに演奏してのける様は圧巻です。

正直、ジャケットの写真を見たときは、ドゥラングル氏も歳を重ねられたなと思ったのですが、演奏の精度といいアグレッシヴさといい、まったく恐るべき演奏者です。。


さて、そのドゥラングル氏、来週21日に来日コンサートがあります。中華民族楽器オーケストラとの共演ではないのですが、氏の得意とする現代音楽(細川俊夫氏の作品の日本初演や三浦則子氏の委嘱初演作品を含む)からヒンデミット・サンジュレーといったサクソフォンとしては古典的な作品まで、充実したプログラム。今回は大阪での開催のみなので、さすがに私は行くことができず残念。興味ある方は、ぜひ足をお運びください。

参考URL(大阪音楽大学サクソフォン科講師・井上麻子さんのブログ)http://asako-inoue.blogzine.jp/saxophonique/2011/05/20110521_in_osa.html
  1. 2011/05/11(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

原博巳さんのリサイタル

原 博巳 サクソフォンリサイタル
東京文化会館小ホール 19時開演
ピアノ:野原みどり
・6つの練習奇想曲より(マシス)
・コラール・ヴァリエ(ダンディ)
・ラプソディ(ヴェローヌ)
・ソナチネ・スポルティヴ(チェレプニン)
・ソナチネ(パスカル)
・プレリュード、カデンツァとフィナーレ(デザンクロ)
・室内小協奏曲(イベール)

原さんといえば、とても穏やかだけどとことん真面目でストイック、というイメージがあります。正直に言えば、私のようなちゃらんぽらんなアマチュアからすれば、原さんの真面目さの前にはしっぽを巻いて逃げ出してしまうしかない、のです。それでも直接お話しする機会があったりネットでやり取りすることがあると、どうしてどうしてとても温和で、言動のひとつひとつがていねいなので、ますます恐縮してしまうのです。

今回の演奏では、ストイックさは少し後退し、余計な誇張表現はていねいに避けて曲そのものに音楽を語らせているように感じました。別の言い方をすれば、曲の本質の部分をずばっと掴んでさらりと演奏してしまう、、もちろんそれは卓越したテクニックとセンスがあってこそなのですが。原さんのサクソフォンはもちろん、野原さんのピアノもまったく同様。野原さんのピアノも相変わらずすばらしいのですが、弾いているピアノに淀みがないのは野原さんの演奏姿勢に無理がなく余計な力が入っていないことも一因でしょう。これまで曲のおもしろさを理解できなかったソナチネ・スポルティヴも、聴いていてピンときましたし、もちろん難曲のデザンクロやイベールでも技術を聞かせるのではなく曲の持っている魅力そのものが飾り気のない演奏から伝わってきました。

アンコールは、イベールの物語から白いロバ。楽譜通り小細工なしの演奏なのに、この曲がロバの動作や鳴き声を模したものであることを、こんなにストレートに聞き取ることができたのは初めてです。

客席側はほぼ満員、プロ・アマとも、顔見知りの方々が大勢いらっしゃいました。終演後、CDのサインの行列の脇から、作曲家のO氏と一緒に原さんと握手だけ交わして失礼しました。いやー、こんなすごい演奏を聴いてしまうと、自分で楽器を吹くのがいやになっちゃうな。。
  1. 2011/05/09(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

"Fascinating Rhythm" by Frederick Hemke(sax)




"Fascinating Rhythm"
   Frederick Hemke(saxophone), The Figard String Quartet
   EnF Records 1206-2 (c)2010
-Prekude I
-Someone To Watch Over Me
-A Foggy Day
-Cuban Overture
-Fascinating Rhythm
-Prelude II
-Scenes from Porgy and Bess
-I Got Rhythm
-The Man I Love
-Embraceable You
-Prelude III
--all composed by George Gershwin



ヘムケ氏は1956年にパリ音楽院を卒業、現在もなおノースウェスタン大学の教授職にあり、これまでにシカゴ交響楽団の数多くの録音~例えば小澤征爾の「展覧会の絵」、ストコフスキーの「黄金時代」、マルティノンとショルティの「ボレロ」など~に参加しているので、サクソフォン関係者でなくとも彼の音色を聴いたことのある方は多いことでしょう。

もう70歳を超している(はずの)ヘムケ氏の最新録音は、弦楽4重奏との共演によるガーシュウィン・アルバム。ガーシュウィンといえば、ちょっとジャジーなノリのいい曲を思い浮かべるところですが、ヘムケ氏の演奏はじっくり落ち着いたテンポ。なので、ちょっと聴いただけでは、少し違和感を覚えるかもしれません。楽器のコントロールはさすがに若い頃に比べればやや厳しい箇所もありますが、そんなことはここでは問題ではありません。大きく崩れることはなく、輝かしい音色から紡ぎだされる音楽はこれまでどおり力強さに満ちています。言葉は悪いですが、枯れた味わいの中に魂の輝きを見るようです。若い方には、無理にこの演奏を聴くようおすすめはしません。この演奏を聴いてその内容に自問自答するのは、おそらく40代以上の方じゃないかな、と思ったりして。

ガーシュウィンは38歳の若さでこの世を去ってしまったわけですが、もしガーシュウィンがもっと歳を重ねていたら、このアルバムから聴こえてくるような演奏にふさわしい曲をもっともっと生み出したのではないかな、なんてことも思ってしまうアルバムでした。

ちなみに、ジャケットの絵も、ヘムケ氏自身の手によるものだそうです。まだまだ現役活動を続けられるヘムケ氏のヴァイタリティに驚くばかりです。(昨年来日された際に聴いた演奏も凄かった。。。)
  1. 2011/05/06(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

お礼

サクソフォン交流会、無事終了しました。出演いただいた各団体のみなさん、アドバイザーの西尾先生、ご来場いただいたみなさん、事務局のメンバーみなさん、本当にありがとうございました&お疲れさまでした。

第2回の今回は、各団体とも昨年よりパワーアップして、ますます個性的で本領を発揮されていたように思います。そして最後の全員合奏では、演奏に加わっている自分が言うのもナンですが、一生に数度体験できるかどうかの奇蹟的な演奏をすることができました。60人が集まってわずか40分ほどのリハーサルのみで本番を迎えたにもかかわらず、指揮の西尾先生と演奏者の思いが完全に一つになって、誰も予想していなかったほどの力が音楽になって昇華してきました。うーん、なかなか適切に言葉に落ちていかない。でも、何か残しておかないと。。

当然打ち上げも燃焼しつくしました(笑)。私は車だったので飲めませんでしたが、飲まなくてもハイテンションだったぞ(笑)。二次会では後半西尾先生が今日の演奏について熱く熱~く語られ、気がつけば1時近くになってました。。

今回の交流会は、前回以上に成功したと言っていいでしょう。でも、まだまだ今回できなかったことがあります。奇蹟はいきなり起こるのではなく、きちんと準備し考えぬかれた上で起こるべくして起こるのです。これを一回きりの奇蹟に終わらず、さらに次の奇蹟を呼び起こすためにいろいろと考えなければなりません。震災の影響で参加を断念された団体のリベンジも考えなければ(ダッパーさん、アレーズさん、メッセージありがとうございました)。次がどういう形の交流会となるかは(私が事務局に入るかどうかも含めて)未定ですが、奇蹟を起こすためにまた準備しなければならない時期に来ています。

最後に、今回のサクソフォン交流会には、しらこばと音楽団として参加しましたが、ある意味巻き添えで参加してもらったパーカッションのやまーさんにもサックスという楽器を超えてこの演奏の感動を共有してもらえたのが、私にとっていちばん嬉しかったことかもしれません。また、開場直前(←ここ笑うところ)に「長崎は今日も雨だった」のソロをお願いして見事な演奏をしてくれた、たーひらさんfromシナモン・サクソフォンカルテット@長野 にもお礼を申し上げる次第です。

あー、打ち上げではもっといろいろな方とお話ししたかったのにできなかった。。これは事務局じゃなくて個人的反省だ。。何かのおりに飲みましょう~>みなさん

オチも何もなく、うまくまとまらなくて文才の無さを嘆くばかりですが、無理やりこれで締めます。お疲れさまでした。さて、今日は当日飲めなかった分飲むかな~ (^^/
  1. 2011/05/02(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。