スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] The Blue Aurora Saxophone Quartet "First Blue"



ブルー・オーロラ・サクソフォン・カルテット「ファースト・ブルー」
オクタヴィア・レコード OVCC-00092 r/c.2011
 ・6つのブルガリア・リズムのダンス~ミクロコスモスより(バルトーク)
 ・サクソフォン4重奏曲(グラズノフ)
 ・四季op.37より(チャイコフスキー)
 ・ユモレスク(ドヴォルザーク)
 ・熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ)


平野公崇氏、田中拓也氏、西本淳氏、大石将紀氏という、メンバーを見ただけで日本のトップクラスのサクソフォン・カルテットとなることが間違いないという、ブルー・オーロラSQがようやく活動を開始。その意気込みはこのファースト・アルバムからも察することができます。サクソフォン4重奏の超定番曲であるグラズノフの4重奏曲をメインプログラムに据え、その前を若干外角高めからシュートで入ってくるバルトークを持ってきて、ストレートに緩いカーブに低めのシュートと最後までロシアとその周辺のストライクゾーンを丹念に攻めるプログラム作りが心憎い。

ミクロコスモスは原曲はピアノ曲ですが、サクソフォンで演奏することによってリズムの向かっているベクトルがいっそう強く感じられるのがユニーク。グラズノフでは華やかさを適度に残しながらどこかロシアの大地の残照が、特に3楽章に感じられます。次のチャイコフスキーは、むしろロシアの曲ながらフランス的な要素を持った曲、選曲の妙はもちろん演奏からも室内楽的な精緻な響きが印象に残りました。ユーモレスクの上品だけどどこか民族的なフレーズや、言わずもがなの名人芸披露の熊蜂の飛行ももちろん楽しい。熊蜂、途中で2匹になったり立体的に聴こえたり、、サクソフォンによる熊蜂がこれだけリアルな蜂に聴こえたのは、ロンデックス氏のソロを聴いた時以来かも。

ジャケットに映っている4人がサクソフォンを手にしていないのは意図的かな。実際、このアルバムからは、サクソフォンのための音楽というレベルを目指したものではなく、その先の楽器を超越した音楽の根源を目指しているように聴こえるのです。
スポンサーサイト
  1. 2011/11/23(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

西東京バス、富山地方鉄道

久しぶりで趣味でバス時刻表など作ってアップしてみました。今回は西東京バスと富山地方鉄道(バス)です。興味ある方はご高覧いただけると幸いです。

http://mcken.web.fc2.com/
  1. 2011/11/20(日) |
  2. バス関係|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] The Orion Saxophone Quartet "MUSICA LATINA"



The Orion Saxophone Quartet "MUSICA LATINA"
Maroon Creek Music (no number) c.2011
 ・セヴィリャ(I.アルベニス)
 ・サクソフォン4重奏曲(A.ロメロ)
 ・タンゴの歴史(A.ピアソラ)
 ・タンゴ(I.アルベニス)
 ・南アメリカ組曲(L.フロレンゾ)
 ・メキシコ風スケルツィーノ(M.ポンセ)



1989年にハーヴェイ・ピテル門下のジェフ・ベネディクトとチャーリー・リチャードが中心になって結成した団体で、すでに結成から30年、フォルニアを拠点に活動しているベテランのアンサンブルです。2枚目となるこのアルバムは、タイトルどおりラテン系の選曲。ベネディクト氏がラテン系のユニットで活動していることも関係しているのかもしれません。ただ、テンポ設定のせいか、どの曲も推進力があまりなく、音楽が流れていかないのが気になりました。定番のセヴィリャはさすがに破綻はないものの、テンポの遅いタンゴは少し間延び気味だし、技術的にもハードなタンゴの歴史では何箇所かアンサンブルがあやしいところもあるし。。最後のマヌエル・ポンセの美しい小品がチャーミングに聴こえてほっとしました。
  1. 2011/11/16(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] 有村純親(sax) "ロマンス"



有村 純親(sax)「ロマンス」
有村 純親(sax)/松浦 真沙(piano)
Fontec FOCD-9540 r.2011/6/1-3
 ・アダージョとアレグロ op.70(シューマン)
 ・3つのロマンス op.94(シューマン)
 ・ヴィオラ・ソナタ op.11-4(ヒンデミット)
 ・海の石(松浦真沙)
 ・クラリネット・ソナタ op.120-1(ブラームス)
 ・吟遊詩人の歌 op.71(グラズノフ)


有村氏の演奏はQuatuor Bサキソフォックスのメンバーとして参加されているのを聴いたことがありましたが、ソロを聴くのは初めて。ピアニストの松浦さんのオリジナル曲と最後の実質的なアンコールピースを除いて、すべてドイツ系の選曲というなかなか意欲的な内容。これまでのアンサンブルの一員としての演奏や、フランスへの留学経験というところから予想していた内容を良い意味で裏切られました。

この選曲から予想したとおり、サクソフォンによる演奏であることは間違いないのですが、サクソフォンらしい(と思われている)ヴィヴラートや軽妙さを注意深く避けることで、かえってクラシックの楽器としてのサクソフォンの可能性が浮かび上がってきたように聴こえました。そのせいでしょうか、聴こえてくる音楽も非常に頑丈な礎の上に築きあげられているような、揺るぎようのない確かさがあります。

このプログラムの中では、松浦さんの自作曲とグラズノフがやや異色ですが、この2曲が浮くことがなく全体のトーンも統一されています。サクソフォン吹き以外の方にも一聴をおすすめできるアルバムだと思います。
  1. 2011/11/11(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[ご案内] 11/12 しらこばと音楽団@浦和&大宮

しらこばと音楽団、浦和付近に出没します。(以下、やまーOnlineからのコピペです ^^;)

11月12日は二回戦やります。

(1)
浦和区区民のつどい「中仙道浦和宿・二七の市」
会場:常盤公園
10時~16時
※しらこばと音楽団の出演は、11時10分~11時45分

(2)
東日本大震災復興応援・農商工出会いフェアinソニックシティ「地産地消祭り2011」
11月12&13日10時~16時
http://www.chisan-chishou.com/
※しらこばと音楽団の出番は12日14時30分~15時で、大宮ソニックシティイベント広場での「せせらぎコンサート」の枠内です。

サクソフォン4重奏+Perc.です。いつもの通り曲はまだ決まってません (^^;

お近くのアナタ、遊びに来てね!
  1. 2011/11/09(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] zzyzx quartet




zzyzx quartet「Zzyzx Rd」

Teal Cleak Music TC-2202
・タンゴ・ヴィルトゥオソ(T.エスケッシュ)
・サクソフォン4重奏曲(I.ゴトコフスキー)
・クロノス(P.スウェルツ)
・They Might Be Gods(J.レスツィンスキー)
・組曲(E.ノーマン)
   #ゴトコフスキーの4楽章にオーティス・マーフィーが客演ソロ


第7回大阪国際室内楽コンテストに参加し本選まで残った団体の名前で、一番目を引いたのがザイジクス・クァルテット。すみません、全然この団体のことは知りませんでした。2007年、アメリカのインディアナ大学の学生、つまりオティス・マーフィー氏の門下生を中心に結成されたアンサンブルで、メンバーは Stacy Wilson(soprano sax)(女性), Stephen Page(alto saxophone), Matt Evans(tenor saxophone), Dana Booher(baritone saxophone)。活動を始めてからはあっという間にアメリカ有数の団体として知られるようになり、リサイタルやマスタークラスなども頻繁に行なっています。彼らのファーストアルバムは、大阪国際室内楽コンテストの課題曲の一つでもあったゴトコフスキーの難曲に、彼らの委嘱初演作品2曲他を組み合わせた意欲作。ゴトコフスキーの緻密な音楽作りはフレッシュな響きにもかかわらず貫禄すら感じます。クロノスのようなフォルテを多用する曲でも、音量が変わっても響きは全く濁らず、どこまでも透明感のあるアンサンブルがスゴイ。

Teal Creek レーベルのサイトで、サンプル音源を聴くことができます。
http://www.tealcreekmusic.com/albums/zzyzx_rd.php

ちなみにアルバムタイトルでもあり団体名の由来でもある Zzyzx Rd. は、カリフォルニア州南部に実在する同名の開拓地の南部を横切る砂漠の一本道とのこと。google map のストリートビューでちょっとだけ風景を眺めることができますが、このアルバムタイトルの意味を実感できるような気がします。


大きな地図で見る
  1. 2011/11/07(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] 河村尚子「ショパン ピアノソナタ第3番」




「ショパン ピアノ・ソナタ第3番」
  河村尚子(piano) r.2011/5/23-25
  RCA red Seal (Sony Music Japan) SICC 10112
  ・フモレスケ op.20(シューマン)
  ・ピアノソナタ第3番 ロ短調 op.58(ショパン)
  ・献呈 S.566(シューマン)



最近の日本人ピアニストの中でとても注目されている河村尚子さんの新譜。指がちゃんと回ってる、とか、よく歌ってる、というのはそのとおりなんですけど、彼女のピアノから聴こえてくる歌は湿度が低い、というかカラリとしています。ピアノソナタの1楽章など、日本人演奏家だと思いいれ存分に弾きそうなところ、どっしりと構えて小細工せずとても見通しのよい響きがしますし、終楽章のエンディングに向かっての息の長い音楽の作りは凄みすら感じます。

最近アンコールでもよく弾かれるという(先日BS放送でもこの曲を弾いていた)、シューマンの「献呈」は得意のレパートリーなのでしょう。若々しいけれどけして乱暴にならず、よく歌っているのに不自然なところなくまったく淀みがありません。おそらくロマン派の音楽の語法を「学んだ」のではなく「肌身で感じている」からなんでしょう。

なぜかご本人サイン入りCDだったりするのはちょっと秘密です(笑)。彼女のピアノ、もっともっと聴きたくなりました。
  1. 2011/11/04(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] Gerald McChrystal(sax) "Aria"



「Gerald McChrystal "Aria"」
 First Hand Record FHR13 (c)2011
 ・ラルゴ HWV313(ヘンデル) /w Trinity Laban String Ensemble, Nic Pendlebury(cond)
 ・Why?(M.ナイマン) /w Smith Quartet
 ・Aisling(M.マクグリン) /w Codetta, Donal Doherty(cond)
 ・アリア~ブラジル風バッハ第5番より(ヴィラ=ロボス) /w Craig Ogden(guitar)
 ・ファサード(P.グラス) /w Trinity Laban String Ensemble, Nic Pendlebury(cond)
 ・マイ・マウンテン・トップ(A.スコット) /w Andy Scott(electronics), Lemin Sissay(speaker)
 ・アリア(E.ボザ) /w Shiroma de Silva(piano)
 ・ロマンス第2番(B.コウィー) /w Trinity Laban String Ensemble, Nic Pendlebury(cond)
 ・Behind the Closed Eye(M.マクグリン) /w Codetta, Donal Doherty(cond)
 ・子守唄 op.12-1(G.フォーレ) /w Shiroma de Silva(piano)
 ・ロマンス第1番(B.コウィー) /w Trinity Laban String Ensemble, Nic Pendlebury(cond)
 ・シリンクス(C.ドビュッシー)
 ・ハバネラ形式の小品(M.ラヴェル/マクリスタル編) /w Smith Quartet
 ・ナイトバード(田中カレン) /w TANAKA Karen(electronics)
 ・If?(M.ナイマン) /w Smith Quartet
 ・ロマンス第3番(B.コウィー) /w Trinity Laban String Ensemble, Nic Pendlebury(cond)
 ・From Nowhere to Nowhere(M.マクグリン)


アイルランドのサクソフォン奏者、ジェラルド・マクリスタル氏の新譜は、速報でもお伝えしたとおりこれまでの活動の集大成といっていい、幅広い選曲と編成によるアルバム。弦楽合奏、弦楽4重奏、ギター、ピアノなどとの共演に混じって、電気楽器や声とのコンテンポラリー作品もあり、それぞれ作曲者のアンディ・スコット氏、田中カレン氏自らが電子音を担当しているというなかなか気合の入った内容です。

ビリー・コウィーのロマンスは、以前のアルバムでピアノとのバージョンが録音されていましたが、新たに弦楽合奏をバックにした演奏で録音されていて、またずいぶんちがった雰囲気になっています。そして、何より私の心に響くのは、ダブリン生まれの作曲家マイケル・マクグリンの3曲。「リヴァーダンス」にも関わったマクグリンの曲を演奏するマクリスタル氏の音からは、アイルランドの黒い海が垣間見えます。

マクリスタル氏の音色は、かつてのフランス流の華やかな音色ではなく、もっと求心力の強いダイヤモンドの輝きに似た透明度の高い凝縮された音色。クラシカル・サクソフォンを聴きなれた人からすると、響きにちょっと違和感を覚えるかもしれません。でも、弦楽器やギター、ピアノとの相性は抜群。そして、朴訥だけど豊かな歌心があります。

イギリス方面のサクソフォン奏者というと、ジョン・ハールやサイモン・ハラームとその門下生たちがクローズアップされがちですが、マクリスタル氏の存在ももっと知られるべきと信じています。それにしても、再来日してくれないかなぁ。。
  1. 2011/11/03(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。