スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Amstel Quartet "Amstel Tracks Now!"



Amstel Quartet「Amstel Tracks Now!」
 Challeng Classics CC72534
 ・いざ来ませ、異教の救い主よ BWV659(J.S.バッハ)
 ・都市(G.ラゴ)
 ・交響曲第3番ヘ長調op.90より 第3楽章(J.ブラームス)
 ・弦楽4重奏曲第2番より(M.ナイマン)
 ・アダージョとフーガ K.546(W.A.モーツァルト)
 ・弦楽器のためのアダージョ(S.バーバー)
 ・クロマティック・ファンタジー(J.P.スヴェリンク)
 ・グラーヴェとプレスト(J.リヴィエ)
 ・亡き王女のためのパヴァーヌ(M.ラヴェル)
 ・Eight Sketches in Hunan Accent より 3曲(譚盾)


オランダで意欲的に活動するアムステル・カルテットの新譜は、サクソフォンのためのオリジナル曲も含まれているものの、クラシックからの意欲的なアレンジが並んでいます。特に、ブラームスの交響曲第3番をサクソフォン4重奏で演奏してしまうとは、、無謀といえば無謀ですが、たしかにあの甘美なメロディはサクソフォンによる室内楽的な演奏でも聴き映えがします。続くマイケル・ナイマンの曲、、あ、これは New Art Saxophone Quartetが Miniature というタイトルで録音した曲と一部重複していますね。ミニマル的な響きがクセになります。

モーツァルト、バーバーと続いて、スヴェリンクが登場するのが、いかにもオランダの団体らしい。クロマティック・ファンタジーという題名どおり、半音階の響きが印象に残るユニークな作品です。これ、編曲譜出版されないかな。サクソフォン4重奏のためのリヴィエの、通称"グラプレ"、ここではフランス風の華やかさとは全く違うアプローチで、やや地味に聴こえますがこれもおもしろいです。

譚盾というとどうもゲンダイ的な曲の印象が強いのですが、ここで演奏されている中国民謡をベースにした作品は中国独特のキッチュな雰囲気を僅かに残しながら、西洋音楽と見事に融和していて、サクソフォンによる演奏でも違和感がありません。

曲によってもう少し表情や音色が変わるといっそうおもしろいと思いますが、この団体の音楽性の確かさがよくあかるアルバムです。おすすめ。
スポンサーサイト
  1. 2012/03/30(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] Niels Bijl "Mozaik"



Niels Bijl 「Mozaik」
Niles Bijl (saxophone), Hans Erik Dijkstra (piano) etc.
Aliud ACD BH 049-2 (SACD Hybrid)
・鳥の歌(カタロニア民謡)
・アルペジョーネ・ソナタ(F.シューベルト)
・5つの前奏曲 op.16(A.スクリャービン)
・夜想曲 op.43(G.フォーレ)
・絶体絶命(F.ビュイス)
・ディエンダ(K.カークランド)
・コントラダンザ(P.デ=リヴェラ)


オランダで活動する、1971年生まれのニールス・ビール氏は、エンシーデ音楽院でアルノ・ボーンカンプ氏とヨハン・ファン・デル・リンデン氏に師事、これまでにコンセルトヘボウ管弦楽団やロッテルダム管弦楽団との共演歴があり、2000年からはアウレリア・サクソフォン・カルテットのメンバーとしても活動中です。(個人的には、彼の参加している Four Baritones というアンサンブルに興味があったりします ^^;)

このアルバムは Chant du Saxohone Tenor に次ぐ2枚目のソロアルバム。全編テナー・サクソフォンでの演奏で、シューベルトのアルペジョーネ・ソナタをメインに、前半はクラシカル、後半はコンテンポラリーでまとめられています。チェロだと味みばしった響きで演奏されることの多い「鳥の歌」も、テナーで聴くと重くなりすぎずユニーク。アルペジョーネ・ソナタはよく歌いつつ羽目をはずしすぎずどこまでも温和。こういうシューベルトもおもしろいなぁ。スクリャービンは、管楽器で演奏することでメロディラインが明確になって、なるほどと彗眼。後半のコンテンポラリーな作品もそれぞれ興味深いものがありますが、パキート・デリヴェラのわずか1分半ほどの小品は、ラテンポップ曲のように跳ねまわるメロディと南米のフレーバーを感じさせるリズムが楽しく、アルバム全体をさわやかに締めくくっているのが印象に残りました。

Link: アマゾン
Link: iTunes
  1. 2012/03/30(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[ご案内] 3/11 千葉大学サクソフォンプロジェクト

千葉サクソフォンプロジェクト


私が参加するわけではないのですが以下注目イベントのご案内です。

tfmクン[http://saxastfm.blog.fc2.com/]がかけずり回って
311からちょうど1年後のこの日に、チャリティーコンサートを企画されました。
内容を見ていただければわかるとおり、なんともすごい内容になりそう。
都合のつく方は、ぜひ千葉まで足を運ばれてみては。

私もできれば参加したかったのですが今回は遠くから応援させていただきます。


【震災復興支援サクソフォンチャリティコンサート】
 日時 2012年3月11日 15時30分開場 16時開演
 会場 千葉県文化会館小ホール(本千葉駅より徒歩10分)
 ※入場無料※

 -プログラム-
  組曲「人と光」より終楽章/山本純ノ介:サクソフォンアンサンブル版初演)
  A Song For JAPAN/S.Verhelst
  DiscoKid/東海林修(柏原卓之編)
  サウンドオブミュージック/R.ロジャース(柏原卓之編)
     ほか
   ※終演後に募金活動を行います。

  主催:千葉大学SaxophoneProject
  後援:千葉大学ボランティア活動支援センター、日本サクソフォーン協会

  <出演メンバー>
   芸大、尚美、洗足、国立、日芸、東大、千葉大、筑波大在籍・出身者、
   EspoirSO、BCSE、TsukubaSQメンバー 他


  1. 2012/03/08(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。