スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[旅行] 岩手・気仙沼 その5

旅行最終日。

宿の車で港まで送ってもらい、再びかもめに追われて気仙沼へ。
復興市場で以前某クンに教えてもらったこれを購入。これ、ウマいよ。

fc2blog_20120830010604102.jpg



途中、こんな写真も撮ってみたり。




あれ?と思ったアナタ!
岩手県交通は国際興業グループということもあって、
国際興業バスの中古車が多数走ってるのです。
都バス中古車もけっこう見かけました。(またヲタネタ)

踏切待ちの間に大船渡線を激写w




お昼は千厩のレストランあさひやへ。
ここ、よかった (^^/

 


↓息子が食べたカレーピラフ。いや、確かにカレーだしピラフだけど。これはいいね。




厳美渓に寄って




古いお蔵のカフェに寄って




帰りの新幹線では地ビールをプシュ!
(知らなかったけど、遠野はホップの産地だったのだ)




おしまい。
スポンサーサイト
  1. 2012/08/30(木) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] Paweł Gusnar(sax) "Saxophone Impressions"



Paweł Gusnar(sax) 「Saxophone Impressions」
 Paweł Gusnar(sax), Jan Mitosz Zarzycki / Witold Lutosławski Chamber Philharmonic in Łomża
 DUX 0885 r.2012
 ・ショパンを讃えて(F.ショパン、K.ハージン編)
 ・タンゴ・バレエ(A.ピアソラ)
 ・ポーギーとベス(G.ガーシュウィン)
 ・忘却(A.ピアソラ)
 ・ニュー・シネマ・パラダイス(E.モリコーネ)
 ・ロメオとジュリエット(N.ロータ)


ポーランド南部のソスノヴィエツ生まれ、クリスチャン・ヴィルトゥ、エド・ボガード、ローレンス・グオゼズ、ヨハネス・エルンストなど指導者に学びました。現在はクラシックからジャズまで幅広く活動しています。

このアルバムはジャンルを超えた活動を行なうガスナーらしい選曲と演奏。実質的なメインプログラムは、ショパンのワルツやポロネーズの名曲をサクソフォンと管弦楽の編成にアレンジし組曲とした「ショパンを讃えて」でしょう。太田胃散のテーマ、もといポロネーズ イ長調(←だから太田胃散ね)とか、別れの曲、子犬のワルツ、蝶々、、、私はどうもこれらの原曲に慣れ親しんでるので(一応ひと通り弾きました ^^;)、管楽器ソロとオケでどういうサウンドになるのか興味津々でしたが、ハーモニーやリズムを変えたりとなかなか大胆な編曲に驚いたりうなったり。むしろ原曲を知らずに聴いたほうが美しいメロディを純粋に楽しめるかもしれません。

ガーシュウィンあたりのジャズ的要素の強い曲を、ツボを押さえながらクラシカルなスタイルで演奏するほうが違和感なく楽しめました。このあたりはガンスナー氏の経歴によるところが大きそうです。忘却~ロメジュリのゆっくりお涙頂戴的メロディは、もっとその美しさにどっぷり浸りたかったなとも思いますが、節度のある演奏にとどめているあたりがガスナー氏の美意識なのでしょう。

  1. 2012/08/30(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[旅行] 岩手・気仙沼 その4

翌日は曇りがちの空。
やはり津波で壊滅的な被害を受けた陸前高田へ。




たまたま通りかかった道沿いにあった、神田葡萄園で一息。




気仙沼バイパスから鹿折地区に入っていきなり飛び込んできた風景。




南町紫復興市場で食事。ちょうどイベントをやっていて、
産地直送気仙沼アイドルSCK GIRLSのステージ中。
お鮨屋さんに入ろうとしたけど、このイベントで大混雑、
あきらめてカフェへ。週末限定の醤油ラーメンがなかなかイケる。




カフェから出てきたら、イベントステージからはなかなか上手い女性ヴォーカルが。
港に出てから気づいたけど、どうやら絢香さんだったらしい。

港から船で気仙沼大島へ。かもめ多し。




宿に荷物を下ろして、子供たちは着替えて小田の浜へ。
今年、東北で海開きをしたのはこちらの浜ともう浄土ヶ浜だけ。
曇ってて人出は少なかったけど、子供たちは泳ぎます。
港の先のミニ灯台?が傾いてるのが見えますか?




宿の夕食。海の幸の数々。
刺身、フカヒレスープ、タコの酢の物、マンボウ酢味噌、ホタテホイル焼き、ひじき、などなど。。




ヒラメもまるごと一匹いただいちゃいました。。




幸せじゃ。。

もうちょっと続く。
  1. 2012/08/22(水) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[旅行] 岩手・気仙沼 その3

3日目、いったん久慈市内に出てからひたすら三陸海岸沿いを南下。

再び息子の手による写真をどうぞw




北山崎で休憩。




ソフトクリームを求めてレストハウスに向かうも、なんと数分前から停電中とのこと!




どんどん南下。だんだん津波被害でがらんとした街が目立ってきます。
でもあえてここには写真載せません。ぜひテレビや新聞でなく、
機会があったら自分で足を運んで自分の目で見てみてください。

お昼ごはんは津波被害の大きかった大槌の「おらが大槌復興食堂」で。
「がっつら丼」500円でこのボリューム。おいしー!
食事後、きらり福幸市場から、実家におみやげを発送しました。




橋野鉱山跡を経由し、遠野へ。空模様が怪しかったけど、自転車を借りてちょっとだけサイクリング。
カッパ淵まで。カッパが出てきそうな空模様。こんなものをゲットw




新しく開通した仙人峠道路から釜石を経由し、この日の宿へ。
釜石はお祭りらしく、浴衣の女性がたくさん歩いてました。

旧三陸町吉浜にあるこちらの宿、たしか15年ほど前にもお世話になって
食べきれないほどの海鮮料理をいただきました。

吉浜地区は明治三陸地震と昭和三陸津波のあと、ほぼ全戸が高台に移転し
今回も船舶や養殖施設は被害を受けたものの、人や人家への被害は奇跡的に少なかったそうです。
地震後は数少ない宿泊可能な宿泊施設として、ボランティアの方々が多数滞在されたとか。。

そんなこともあり、食事は以前のような豪華バージョンではありませんでしたが
それでも美味しい食事をいただきました。大女将さん曰く、漁業もできるので
民宿はもうやめようかと思ってるとか。また来ますからそんなこと言わないでください。
大女将から津波の時のお話を聞かせていただきながら、時間は過ぎて行きました。。


  1. 2012/08/21(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[旅行] 岩手・気仙沼 その2

初日の宿は、仙台市の某ジュニアオーケストラの合宿場所になっていて
大広間に楽器がたくさんありましたが、時間の関係で練習してるところは聴けず。。

朝ごはんはバイキングですが、さすが岩手、漬物がおいしいー。




まずは盛岡市民のソウルフード福田パンの工場併設売店へ。
おやつ用にコッペパンを購入。あ、写真がないや。

気になる方はこのへんを見てください。

高速に乗って降りて、国道を延々走行。葛巻町へ。
このあたり、風景がちょっと北海道っぽい。息子が走行中に撮ったのでいろいろ写ってるけどご愛嬌。




平庭高原手前の、葛巻ワイン工場併設の売店へ。
押し花を使ったキーホールダー作成の体験コーナーがあったので、子供たちは挑戦。



大人はその間に試飲。だけどドライバーな私はジュースだけで我慢><



ここで食事、と思ったら時間がかかるというので、近くの袖山高原に移動。
都内でもくずまき高原牛乳って見るけど、生産地はここね。




レストハウスで焼肉いくぞー。




食事中にすぐ近くに雷が落ちて、白煙があがったのはご愛嬌。
牛がびっくりして逃げてったよー。(お店のアルバイトっぽい子もキャーキャー言ってた^^)

さて、ここから町境を越えて岩泉へ。
林道は谷底まではいい道だったけど、そこから延々未舗装路。
ようやく舗装路になってバス停を発見。おお、町民バス大坂本・松ケ沢線の終点だよ。(←バスヲタもーど)
というか、こんな山の奥にも人家があって、バスが通ってるのが不思議。
ここから安家まで1時間弱、乗り換えて30分ほどで岩泉、そこから盛岡まで2時間。。




さて、龍泉洞に到着。派手にライトアップされててて驚いたけど、これはこれでいいかも。




今回は日本一の規模を誇る安家洞(入洞にはヘルメット着用)は泣く泣く通過、
本日のお宿へ。子供たちは蕎麦打ち体験。地元のおばあちゃんたちの方言にたじたじw




夕飯は、素朴な料理ばかりでほっとします。
一番左はじが、打った蕎麦の端っこの"はっと"(裁ち蕎麦)。もちろん打った蕎麦も。




pH10.8、日本有数のアルカリ温泉ですっかりキモを抜かれて、あっというまに就寝。
しかし、あまりの山の中で携帯の電波が入らない (^^; 一応フロント付近でのみ受信できるみたいだけど。。
  1. 2012/08/20(月) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[旅行] 岩手・気仙沼 その1

4泊5日で、家族で岩手~気仙沼を回って来ました。

まずは世界遺産平泉へ、毛越寺。




そして中尊寺。




お昼はこんなかんじ。このあたりは餅食文化なんですよね。




これは平泉冷麺。こちらのお店は農業法人の経営で、地元産米粉による冷麺。




花巻の宮沢賢治記念館へ。




この日は花巻南温泉に宿泊。今回は我が家にしてはめずらしく温泉旅館。さすが温泉広い。




デザート付き。コーヒー党にはこれはウレシイ。




もちろん爆睡。続く。
  1. 2012/08/19(日) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[楽譜] 織茂 学 "タンゴ・ファンタジー"




昨年、アマリリス合奏団のオータムコンサートで初演させていただきました、織茂 学さんの「タンゴ・ファンタジー」が、ブレーン・ミュージックより出版されることになりました!ヒューヒューどんどんパチパチ (^^/

織茂さん曰く「グレード3なので中・高校生も十分演奏可能ですので、ぜひ演奏してみて下さい」とのことです。とても素敵な曲ですよ!

↓昨年の初演です。



詳細はブレーン・ミュージックのサイトを御覧ください。
http://www.brain-shop.net/shop/g/gENMS-84315/
  1. 2012/08/07(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。