スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Rob Buckland (sax) "Gameshow"



「Gameshow」
 Rob Buckland (saxophone)
 Clark Rundell & Mark Heron conduct Royal Northern College of Music Wind Orchestra
 Sospiro Records SOSRB100112
 ・サクソフォンとウィンド・オーケストラのための協奏曲(M.ボール)
 ・黒い雨(A.スコット)
   /w John Harle(saxophone)
 ・ゲームショウ(G.フィトゥキン)
 ・タラハッチー協奏曲(J.d.フェルドハウス)



アポロ・サクソフォン4重奏団のメンバーであり、イギリスで多彩な活動を展開しているロブ・バックランド氏の新譜。王立ノーザン音楽学校吹奏楽団との共演で、協奏曲を4曲録音しています。しかも、作曲はアンディ・スコット、グレアム・フィトキン、フェルドハウスといった一筋縄ではいかない顔ぶれ。

楽曲のうち、アンディ・スコット氏の黒い雨(原タイトル Dark Rain)は、題名からピンとくるかと思いますが作曲者が1985年に来日し広島の広島平和記念資料館を訪れた際の印象を基にしたとのこと。クラシック・ジャズのみならず実に多様なジャルの要素が盛り込まれた演奏難易度の高い作品であるけれど、ここで共演しているジョン・ハール氏共々曇りなくクリアに、時には狂気すら漂わせるほどにその要素を演奏しつくされていて圧巻。2本はユニゾンで奏でられる箇所が多く2本の微妙なニュアンスの差がおもしろいし、アンサンブル能力の凄さも感じ取れます。エンディングに向けてのコラール調の部分、バックで暴れているドラムセットも印象的。曲の由来をさて置いても演奏効果が高い曲で、これは日本を含めてぜひもっといろいろな奏者がこの曲にトライして欲しいなぁ。

アルバムタイトルにもなっているゲームショウは、フィトゥキンらしいミニマル的な変拍子的パターンと下降5度の音形が妙に頭にこびりつきます。ゲームミュージックを派手にオーケストレーションしたらこんな曲になりそう、という印象。ウィンドバンドのトランペットのパッセージがちょっと苦しそう。繰り返されるリズムパターンや旋法がなるほどタイトルらしさを感じさせますが、デジタル的な音形は本当は相当技巧的で難易度が高いのでは。これもバックランド氏の技術とセンスの卓越さが光ります。

フェルドハウスの曲でのキレっぷりも楽しいし、1曲目の(他の曲に比べれば)比較的正統的な協奏曲でもバックランド氏の実力あってこその盛り上がり。コンテンポラリーな曲といっても生理的に聴きづらい暑苦しい音の塊はなく、聞こえてくるポップでキャッチーな響きをストレートに楽しめれば聴き応えのあるアルバムでしょう。

Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
スポンサーサイト
  1. 2013/02/26(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] Rascher Saxophone Quartet "Die Kunst der Fuge"



「Die Kunst der Fuge」
 Rascher Saxophone Quartet, Caraten Klomp (org)
 No catalogue number, produced by RSQ r.2011/8-10
 ・フーガの技法(J.S.バッハ)



フーガの技法は一説に作曲者バッハが楽器の指定をしなかった(つまりどんな楽器で演奏しても良い)ということから、ロマン派以前のレパートリーが基本的に存在しないサクソフォンは好んで取り上げるレパートリー。これまでにもロスアンジェルスS.Q.、ベルリンS.Q.、ニュー・デンマークS.Q.、ニュー・センチュリーS.Q.、アウレリアS.Q.が全曲録音を行なっているし、パスカルによる抜粋編曲版なんてのも存在します。ラッシャーS.Q.の最新録音は一部の曲の省略はあるものの、オルガン奏者とのコラボレーションで、曲によってサクソフォン4本、オルガン、あるいはこの5人による様々な組み合わせで聴かせるという新しい趣向。長い曲でもゴルトベルク変奏曲のようにリズミカルで曲調に変化が大きい曲ならばともかく、フーガの技法は延々同じテーマが変化するもののテンポや調整に大きな変化はあまりないのでどうしても単調になりがち。その点、この録音は楽器の組み合わせで飽きずに聴きとおすこともしやすいでしょう。

1969年にシガード・ラッシャーが創設したラッシャーS.Q.はこれまでもバッハを幾度となく取り上げ、演奏し録音も残しています。ラッシャー派特有の一枚薄い皮をかぶったような独特のくすんだ音色は、明るく明快なサクソフォンの音色を好む方にはやや抵抗があるかもしれません(実際私がそうなのですが)。しかしイントネーションやアーティキュレーションの統一など細部まで気を使った演奏で、派手さはないからこそ最後まで曲の構造やメロディそのものに集中することになります。

そして呆気無く終わる最後。もしこの曲が完結していたら、と想像を掻き立てられてしまうこと必至です。

Link: Perdormer's Official Site
  1. 2013/02/10(日) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] Rascher Saxophone Quartet "MAURICIO KAGEL Les Inventions d'Adolphe Sax"


「Mauricio Kagel - Les Inventions d'Adolphe Sax」
 Nederlands Kamerkoor, Rascher Saxophone Quartet, Various Artists
 Winter& Winter 910191 r.2007/12
 ・合唱曲集(M.カーゲル)
 ・アドルフ・サックスの発明物(M.カーゲル)



2008年ドイツで没したマウリツィオ・カーゲルが、亡くなる直前にオランダ室内合唱団とラッシャー・サクソフォン4重奏団と協同で録音に残したのがこのアルバム、つまり遺作にあたります。カーゲルが亡くなったことで発売が延びていましたが、2012年になってようやくリリースされました。ジャケットはカーゲルの奥様のウルズラ・ブルクハルト女史の手によるもの。

えーと、先に言ってしまいますが、サクソフォンを発明するに至る苦労や挫折、最後に成功、というおよそのストーリが描かれていることは想像つくものの、それ以上は私は理解出来ません。24分ほどの大作の中に、サクソフォンの様々な音が散りばめられています。サクソフォンだけでなく声も効果的に使われてて、シリアスな響きが続くと思ったら突然ニヤリとさせられる箇所が用意されてるのはいかにもカーゲルらしい。

この曲を含めて、カーゲルの作品はシアトリカルな要素をもった前衛作品が多く、実演を見るとおもしろいものの、CDではなかなかその真価がつかみにくいのです。実演はなかなか難しいのでしょうけど、せめてDVDなどの媒体でステージを見てみたいなぁ。。


Link: アマゾン
Link: amazon.com
Link: amazon.com(mp3)
Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
  1. 2013/02/06(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。