スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD]Scottish Sax Ensemble "Mrs Malcolm"



「Mrs Malcolm」
 Scottish Sax Ensemble [Sue MACKENZIE, Richard INGHAM, Tim WATSON, Michael BROGAN]
 largo music LARG0097
 2012/5/19-20 Napier University, Edinburghj
 ・ミセス・マルコルム、ハー・リール(R.インガム)
 ・4重奏曲第2番(R.D.マルティノ)
 ・ソー・ソフトリー(I.ウィルソン)
 ・ニューヨーク組曲(P.デ=リヴェラ)
 ・かしらたちは集いて(ペロタン/R.インガム)
 ・スルー・ア・ランドスケープ(R.インガム)
 ・ウォーキング・ザ・カウゲート(R.インガム)



2000年、スー・マッケンジーを中心に、ベテランのリチャード・インガム氏、王立海兵隊スコットランドのバンドマスターでもあるティム・ワトソンらと結成したカルテット。ということで既に10年以上の活動歴があるようです。2012年にはセント・アンドリュースで行なわれたサクソフォン・コングレスを全面的に支えたことで、随分知名度があがったのではないでしょうか。

このアルバムも、おそらくはコングレスのタイミングを意識したものだったと思われます。1曲めのミセス・マルコム、ハー・リールも、コングレスで演奏された模様。リールというのはスコットランドの代表的なダンスのパターンで、短い2、3のフレーズを繰り返される形式。この形式に則りつつ、モダンにファンキーに書かれたユニークな曲は、コングレスで演奏されるにもふさわしい曲。作曲者でもあるリチャード・インガム氏は、かつて別の団体でやはり相当ファンキーなソロを吹いていたのを聞いたことがあるし、スー・マッケンジー氏もサルサ・ケルティカという団体のメンバーでもあるそうで、なるほどアドリブも含めいろいろな演奏に対応できるわけです。(あれ、サルサ・ケルティカって、たしかCDを持ってるな。。)

全体に残響は捉えながらも生々しいストレートな録音なので、イヤホンなどで聴いていると少々聞き疲れがするかも。もちろんそれだけ演奏がヴィヴィッドであるということでもあります。唯一、中世の曲であるペロタンの曲では、ずいぶんクラシカルな音を響かせていて、うむ、こういう路線の曲ももっと聞いてみたいな。レパートリーには坂本龍一の曲もあるとのこと、聴いてみたいぞ。

ジャケットは白い砂浜。イギリスの海岸はほとんどが黒い岩の浜のため、イギリス人は白い砂浜に憧れると聞きましたが、スコットランドには何箇所かこうした砂浜があるのです。こういう絵をジャケに使うというセンスはいいなぁ。

Link: CD Label
Link: Performer's Official Site
スポンサーサイト
  1. 2013/08/30(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

[CD] 蓼沼 正紀(sax) "TADENIZE"



「TADENIZE」
 蓼沼 正紀(sax), 城 綾乃(pianp), Naoko Strings [中川 直子 他](strings), 佐藤 豊(guitar), 相川 瞳(perc)
 Le sœur de GARÇON [蓼沼 雅紀, 細川 紘希, 加藤 里志, 完戸 吉由希]
 Lux Label OPFF-10013
 ・Introduction(三橋 隆幸)
 ・Tadenize!(石川 亮太)
 ・未来への希望(三橋 隆幸)
 ・Shall We Dance(R.ロジャース&O.ハマースタイン/佐藤 豊)
 ・If We Hold On Together(W.ジェニングス/佐藤 豊)
 ・Can't Take My Eyes Off Of You(B.クルー&B.ガウディオ/久田 菜美)
 ・Il Postino(L.エンリケ/三橋 隆幸)
 ・いつか王子様に!(F.チャーチル/山田 純子)
 ・Blooming Island(石川 亮太)
 ・ラフマニノフのアダージョ(S.ラフマニノフ/石川 亮太)
 ・Spain(C.コリア/山田 純子)
 ・雪の華(松本 良喜/三橋 隆幸)



このジャケットを見るとつい蓼沼クン、と呼びたくなってしまう、蓼沼氏のセカンドアルバム。1作目は比較的軽めのクラシック曲中心でしたが、このアルバムはさらに耳に馴染みやすい曲が選曲されています。また、石川亮太氏、三橋隆幸氏のオリジナル曲も含まれているなど、若手の奏者や作編曲者のサポートを得て多彩な内容に仕上がっています。

オープニングから1曲目にかけて、ステージの幕があがるようなワクワクどきどきの音楽の流れの上に、軽めの曲想が蓼沼氏の清潔感のある音色が自由闊達に舞います。かと思えばギターとのデュオでは全く違った響きを聴かせるし、いつか王子様にでは茶目っ気たっぷりの表情も。アイルランド民謡をベースにした石川氏の作品では歌いこみながらけして重くならないセンスもすてきです。どの曲でも、清潔感のある音色が印象的。

中島美嘉の名曲「雪の華」でクローズするあたり、小串さんの Happy Sax を思い起こします。蓼沼クンも30代、このアルバムからも実力がうかがえるとおり、ますます中身の濃い活動を展開することを期待しちゃいます。本格的なクラシック曲も聴いてみたいなぁ。。

Link: アマゾン
  1. 2013/08/27(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。