スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[Concert] 田村 哲 サクソフォンリサイタル 2nd

すっかりblogの更新をサボってました。。このところコンサートもあまり行ってなかったもので。。

ということで久しぶりにクラシカル・サックスのコンサートを聴いてきました。


「田村 哲 サクソフォンリサイタル 2nd」
 2014/4/25 19:15- フィリアホール(青葉台/横浜市)
 田村 哲(sax)、川岸 麻理(piano)
  ディヴェルティスマン(P.M.デュボワ)
  プロヴァンスの風景(P.モーリス)
  プレリュード、カデンツとフィナーレ(A.デザンクロ)
  ポップ・ダンス・スイート(西村 友)
  夜は千の目を持つ(木下 牧子)
  ラプソディ(A.ウェニアン)



サックスの田村兄弟の弟の方、なんていい方をすると失礼だろうか、田村哲クン(あえてクンで呼ばせていただきます)の演奏を聴くのは、2010年の第1回のみなとみらい小ホールでのリサイタル以来。あの時も満席のホールに驚いたのだけど、今回もほぼ満席と盛況。すみません、私は遅れて到着しました。。

彼の演奏は、実に正統的で、迷いがない。正統的で、というのがまた難しい問題なのだけど、とにかく彼の演奏は「あざとさ」が全くありません。サクソフォンという楽器は演奏の自由度が高い分、外面的な演奏効果を多用した「あざとい」演奏が多いと思ってるのですが、彼の演奏にはそういう部分が全くありません。作曲者の意図を無視した勝手な解釈なんてものは(多分)存在せず、それでいて彼のやりたいことがちゃんと表現されている、というのは、クラシックのサックスの世界においては意外と稀有なことのなんじゃないかしら。

そして、あざとさのない演奏や正々堂々とした演奏態度は、スポーツにおけるスポーツマンシップに通じるものがあるのではないかな、なんて思ったりもするのです。(実際彼はスポーツマンでもあります)

前半のフランスのオーソドックスなレパートリーでそんなことを感じたのですが、後半の日本人による作品でますますそれが活かされていたように思います。委嘱作品である西村氏のポップな曲も、木下氏の不思議な響きのする作品でも、3楽章形式のコンチェルトといっても言いウェニヤンのラプソディでも、田村氏の演奏には迷いがなく、聴き手の心に直球勝負です。

アンコール曲は、彼のファーストアルバムにも収録されている少し軽めの曲、プログラムの曲に比べて少しだけリラックスしつつも、十分節度のある演奏。ピアノの川岸麻理さんの演奏は初めて聴きましたが、意外と(といっては失礼かな)骨太な音楽という印象を持ちました。ロマン派あたりのレパートリがお得意なのではと予想しつつも、現代的な曲もバロック的な曲もさらりと弾きこなしそうな、底力のあるピアニストさんと拝察。素適な「クラシック」の演奏を聴いた、そう思えるリサイタルでした。
スポンサーサイト
  1. 2014/05/02(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。