スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

サクソフォン・レパートリー100

kuriさんのタイトルに触発されたので、私なりに整理してみました。
私も、ゆくゆくはメジャーな曲のCD聴き比べ、曲目解説などを
まとめてみようという野望は持っていたので、下調べをかねて。
といっても、下の手法で選んだので、整理時間は実質10分ほどです(苦笑

原則としてクラシカル・サクソフォンのためのオリジナルの曲で
(編曲モノは含まず。ただ、どこまでが編曲なのか定義はできてません)
オケ/室内楽の1パートの位置付の曲は含みません。

手持ちのCDデータから、各曲レコーディングが行なわれた回数をKeyに
6類以上のテイクがある約60曲はだいたい採用としました。

ただし、この手法だと

 ・特定の作曲家に偏る傾向がある
 ・新しい曲が不利
 ・商業ベースになりにくいアマチュア向けの優しい曲が不利

ということになるので、多作の作曲家は2曲以内に絞り、あとは
3種類以上のテイクのある曲を中心に若干恣意的に選びました。

結果としてはkuriさんのリストと7割方くらい一致したかと。
重要なレパートリーはおよそ網羅しているのではないかと思いますが
いかがでしょうか。

アイシェンヌ カンティレナと舞曲
アプシル ルーマニア民謡の主題による組曲
イトゥラルデ ギリシャ組曲
イトゥラルデ 小さなチャルダッシュ
イベール 室内小協奏曲
ヴィードーフ はかないワルツ
ヴィラ=ロボス ファンタジア
ヴィラ=ロボス 神秘的6重奏曲
ヴェローヌ 組曲「野獣園」(イルカ他)
ヴェローヌ 半音階的ワルツ
ウッズ 3つのインプロヴィゼーション
カーター カノン風組曲
カプレ 伝説
ガロワ=モンブラン 6つの音楽的な練習曲
クセナキス XAS
グラス ファザード
グラズノフ サクソフォン4重奏曲
グラズノフ サクソフォン協奏曲変ホ調
クレストン ソナタ
ケージ Four5
ケクラン 15の練習曲
ケクラン ジーン・ハーローの墓碑
ゴトコフスキ ブリランス
コンスタン ムジク・ド・コンセール
サヴァリ 「魔弾の射手」の主題による変奏曲
サンカン ラメントとロンド
サンジュレ サクソフォン4重奏曲第1番
シェルシ 3つの小品
ジャンジャン サクソフォン4重奏曲
シュトックハウゼン 友情に
シュミット サクソフォン4重奏曲
シュミット 伝説
シュルホフ ホット・ソナタ
スヴェルツ クロノス
スティル ロマンス
ソーゲ 牧歌的ソナチネ
ダール サクソフォン協奏曲
ダマーズ ヴァカンス
ダンディ コラール・ヴァリエ
デザンクロ サクソフォン4重奏曲
デザンクロ 前奏曲・カデンツァとフィナーレ
デニソフ サクソフォン・ソナタ
デュボワ サクソフォン4重奏曲
デュボワ 組曲形式による性格的小品
ドゥメルスマン オリジナルの主題による幻想曲
トーク 7月
ドナトーニ ラッシュ
ドビュッシー ラプソディ
トマジ サクソフォン協奏曲
トマジ バラード
ナイマン ソングス・フォー・トニー
ニン ヴェイエールの歌(オランダの夜警)
野田燎 インプロヴィゼーションI-III
ハーヴェイ ロバート・バーンズ組曲
パーシケッティ 詩篇第11番
ハーバ サクソフォン・ソロのための組曲
パスカル サクソフォン4重奏曲
ピエルネ 民謡風ロンドの主題による前奏と変奏曲
ヒンデミット 2本のサクソフォンのためのコンチェルト・シュティック
ヒンデミット サクソフォン・ソナタ
フーサ エレジーとロンド
フェルド アルト・サクソフォンのためのソナタ
フェルドハウス Grab It!
ブトゥリー 嬉遊曲
ブライヤーズ アラリックIorII
フラッケンポール ラグタイム組曲
プラネル バーレスク
フランセ 5つのエキゾチックな踊り
フランセ サクソフォン小4重奏曲
フロリオ サクソフォン4重奏曲
フロレンツォ 南アメリカ組曲
ヘイデン サクソフォン・ソナタ
ベダール ファンタジー
ペック ドラスティック・メジャーズ
ベリオ セクエンツァVIIb
ベリオ セクエンツァIX
ベルノー サクソフォン4重奏曲
ホヴァネス サクソフォンとギターのための組曲
ボザ アリア
ボザ アンダンテとスケルツォ
ボノー ヴァルス形式によるカプリス
ボノー 組曲
マーシャル ゴールドラッシュ組曲
マズランカ ソナタ
マルタン バラード
ミヨー スカラムーシュ
ミンツァー サクソフォン4重奏曲第1番
ムツェンスキ ソナタ
モーリス プロヴァンスの風景
モリコーネ ブリッツ
モロスコ ブルー・カプリス
湯山昭 ディヴェルティメント
吉松隆 ファジイ・バード・ソナタ
ラーション サクソフォン協奏曲
リード バラード
リヴィエ グラーヴェとプレスト
リュエフ シャンソンとパスピエ
リュエフ サクソフォン・ソロのためのソナタ
レノン ディスタンス・ウィズィン・ミー
ローバ 9つの新しい練習曲

以上で100曲です。

「これはいれるべきでしょ!」
というオリジナル曲が漏れてましたらご指摘ください。もっとも
入れるべき曲はあっても、落とす曲が少なくて泣きそうなんですが(苦笑
  1. 2007/08/20(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:2

コメント

うおお、さすがmckenさん、壮観です。私が挙げたリストよりも、ソフィスティケイトされた感じを受けます(笑)

リュエフのコンセールやラクールの四重奏曲なんかは、良い曲だとは思うのですが、録音の数が少ないのですよね。

ランティエやショルティーノの四重奏曲なんかは、まさにアンコン向けレパートリーといった感じで、やはり録音が少なく、その辺も差が出たかな、と思いました。

フェルドハウスは、一致すると思っていました(笑)。
  1. 2007/08/21 01:10:18 (火) |
  2. kuri #-
  3. 編集 ]

>kuriさん

パクってすみません。
リュエフとラクールもリストに入れたかったのですが、無伴奏曲の重要レパートリーとしてリュエフのソロ曲を優先してしまいました。ショルティーノは、日本以外での演奏例が少ないようではずしています。ランティエの評価はちょっと微妙。イギリスの曲は私ももう少し入れたかったのですが(笑)、ハーヴェイの古典的な曲やブライアーズを入れたということなのです。あとは、日本人、たとえば武満さんや棚田さんの作品や、ドイツの戦前の作品を入れられなかったのが心残りですね。
kuriさん、お気をつけてお出かけください。
  1. 2007/08/21 20:29:00 (火) |
  2. mcken #-
  3. 編集 ]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1010-20532d57
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。