スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

失恋ソング?

サルサのバンドに参加している私ですが、最近のサルサ
ほとんど聴いていなかったりします。

1960年代~1970年代までの初期のファニア系のサウンドや
1980年代後半~1990年代後半の日本のサルサ黎明~全盛期
そしてRMMレーベル系くらいしか聴いてないのが実態です(汗

最近、これではいけないなぁ、と、思い始め
某中古ディスク屋さんへ。とりあえず、格安で以下を捕獲しました。

Son by Four



えー、1曲目の A Puro Dolor は、以前デラカンダのライヴでもよく演奏してました。
って、結局知ってる曲じゃないか、という突っ込みは置いておいて

R&Bの香りのするサルサですね。ゴキゲンなサウンドのなかで
バリトン・サックスがかなり活躍してるのが、低音ファンには魅力です。

しかし、A Puro Dolor って、日本語訳は「心が痛い」なんですね。
メジャーでアップテンポ、ノリノリの曲なのに、実は痛切な失恋ソング。。
日本語訳を読んでると恥ずかしくなるようなベタな歌詞です。

そういえばサルサ系のPVYouTube で見ても
やたら深刻な曲なのにインストは実に楽しそうに演奏していることが多いですね。
このギャップが、またラテンっぽい気がします。
  1. 2007/11/09(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1086-412a3ba8
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。