スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

20年前

週末に奥さんが行ってきたオーケストラ・ダスビダーニャ
演奏会のプログラムをちらっと見ていたら、
演奏メンバーに大学時代のゼミの同期の名前が。。。(驚

ということで、急に大学時代のことを思い返してみました。
4年間勉強はほとんどせず、サークルとアルバイトと旅行・放浪に暮れてた、、
という典型的文系学生だったわけですが(苦笑
その後の人生を方向付ける重要な4年間だったのは間違いありません。
今考えると、よく卒業できたなぁ。裏で教授が動いてくれたのでは。。

大学で初めて吹奏楽に足を突っ込んだのですが、
(高校は合唱となんちゃってアンサンブル程度だった)
フルートという楽器ゆえ、それまで6年間の男子校生活から一転
女性陣の中に黒一点状態になったのも、性格形成に影響してるでしょう。

フィールドワーク至上の教授のもと、徹底的な現場第一主義を
ゼミで植え付けられましたが(これも今の自分のルーツ)、
なぜかこのゼミ、音楽系サークル関係者が大勢いて
オケ2人、吹奏楽2人、軽音楽3人、ギターを弾きの放送系も1人いたっけ。
ゼミのメンバの中で、あらゆるジャンルの音楽の話をしてました。

これが縁で、大学のオケのステマネをやらせていただいたり、
ロックバンドにエキストラで参加したり、バロックのコンサートに
参加したりと、いろいろ貴重な経験をすることができました。

当時フルートだった私は、社会人になってからサックスに転向するのですが
それは大学時代に出会ったさまざまな出来事の結果なのです。
そのへんの話はまたあらためて。。。


次のダスビの演奏会は聴きに行きたいなぁ。。

  1. 2008/02/14(木) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1164-8c5bd8ee
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。