スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

手塚治虫実験アニメーション作品集

というDVDを買いました。




「ある街角の物語」「展覧会の絵」「森の伝説」以外は
数分規模の小品。風刺あり、パロディものあり、メルヘンものありと
なかなか楽しめる作品が続きます。

展覧会の絵、、、クラシック系の方はおわかりですね。
そう、あのムソルグスキーの音楽に、アニメをつけた作品なのです。
これが見たくて、長いことDVD化を待ってたのです。
ちなみに、森の伝説はチャイコの4番がベース。

ほかにも、初期の作品ではクラシック音楽が効果的に使われていて
(というより明らかに音楽を意識したストーリーになっている)
たとえば、牧神の午後への前奏曲、カルミナ・ブラーナ、ラ・ヴァルス、などなど。。
後半は風刺の色合いが濃くなってきますが
タイトルどおり、実験的な内容が多くて、ディズニーの影響、と
片付けてしまうには惜しい、楽しい作品たちです。

それぞれのストーリはネタバレになるので省略しますが
しばらくはこのDVDで楽しめそうです。
  1. 2008/02/20(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1169-9562f052
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。