スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ミヨーの協奏曲

一昨日のエントリーで「久しぶりにメジャーレーベルの新譜を買った」と書きましたが
よく考えたら、こちらもメジャーレベルの新譜でした。

ダリウス・ミヨーの協奏曲集です。

ミヨーの協奏曲集・スカラムーシュ~サクソフォンと管弦楽のための
・打楽器と小管弦楽のための協奏曲
・クラリネットと管弦楽のための協奏曲
・ピアノと管弦楽のための「エクスの謝肉祭」
・ヴァイオリン、クラリネットとピアノのための組曲 (ボーナストラック)


スカラムーシュのソロは、なんとファブリス・モレッティ!!
速めのテンポでスリリングに繰り広げられますが、
歌ってもけして重くならず、フォルテでもけして力まず
実に優雅でエレガント。

パーカッションのソロ、クラリネット(もちろんメイエ)、ピアノ(エリック・ル・サージュ)の
いずれのソロも見事。ミヨーの曲って、方向がちょっと狂うとピーヒャラキャラキャラと
収拾のつかない音楽になっちゃいますが、このアルバムから聴こえてくるのは
どこまでも優雅でエレガントな、パリの乾いた空気です(行ったことないけど)。
オケ(ワロニー管)のアンサンブルが若干乱れる箇所もありますが、
ソロの快演とメイエの指揮に助けられてほとんど気になりません。

オケ伴奏のスカラムーシュ、手持ちの十数種の録音の中で、一番好きな演奏かも。
  1. 2008/05/30(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1239-a4007a33
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。