スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

癒歌

聴かずに積んであった昨年買ったCDを聴いています(苦笑
たしか、これは銀座のわしたショップで買った一枚。




沖縄出身のミュージシャンによるコンピレーションアルバム。
そもそも、一つの県の出身者だけでコンピが作れちゃうってすごいですよ。
そして、それをわしたショップ=沖縄県物産公社(=沖縄県他が主要株主)
というところがセレクトしちゃってるというのも。

このアルバムに入っているミュージシャンの中では
古謝美佐子さん、ネーネーズの超ベテランから
ディアマンテス、パーシャクラブあたりの名前までは知ってましたが

 (娘6歳が通っていた保育園のお遊戯でパーシャクラブがかかったときは、
  思わず立ち上がりそうになっちゃいましたよ)

あとは初めて聴くミュージシャンばかりですが
それぞれ個性的でクォリティが高く、驚きました。

中でも、ワタシ的に特に感じるものがあったのが、

 池田卓さんの「島の人よ」
 伊禮麻乃さんの「楽園」

の2曲。どちらも、三線が使われているのが沖縄チックですが
民謡民謡してるわけではなく、うわついてもいない、あくまでポップス。
池田さんの曲はメッセージ性も含めてフォークソングっぽいし
伊禮さんの曲はジャケットの青い空を思わせるのびやかな響き。

  なぜここは楽園と 呼ばれるのだろう?
  自然は減ってくし 言葉も失いかけている
  わずか三味の音が 聴こえてくるけど
  今日も空は爆音で 二つに割れてる
           ~楽園(作詞・曲 伊禮麻乃)より


なんて歌詞にちょっとどきっとするけど、
けしてイデオロギーの強い歌ではありません。
生活と音楽がきりはなすことができないからでしょうか、
歌い方も歌詞もとっても、とっても気持ちのいいストレートです。

この2人の歌を聴くことができただけでも、このアルバムを聴いた甲斐がありました。
今度はコンピの続編を聴こうか、それともそれぞれのオリジナルアルバムを聴こうか
ちょっと迷っています。

伊禮麻乃さんの「片思い」が、youtube にありました。
こちらは沖縄民謡色がちょっと強いです。
http://www.youtube.com/watch?v=nZYWVRJ-W14

ほかにも、しゃかり、Teamくくる の歌も、繰り返し聴きたくなる魅力がありました。
本当に、沖縄は音楽楽園ですね。
  1. 2008/06/03(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1242-49e3ef87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。