スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

南米発のクラシック

グスターボ・ドゥダメル指揮、シモン・ボリバル・ユースオーケストラ。
え、ベネズエラの若者のオケ? とバカにしちゃいけません。

ベートーヴェンやマーラーの録音につづいてのこのアルバム、
「フィエスタ!」というアルバムタイトルどおり、実に楽しい演奏です。

ドゥダメル指揮 シモン・ボリバル・ユース管弦楽団

   ・センセマヤ(レブエルタス)
   ・交響的変奏曲~マルガルテーニャ(カレーニョ)
   ・平原の真昼(エステベス)
   ・ダンソン第2番(マルケス)
   ・弦楽のための組曲第1番より フーガ・コン・バハリージョ(ロメロ)
   ・組曲「エスタンシア」(ヒナステラ)
   ・パカイリグアの聖なる十字架(カステジャーノス)
   ・ウェストサイド物語より マンボ(バーンスタイン)



作曲者は、、知らない名前が半分以上。
ロメロは、サックス関係者だとラテンアメリカ4重奏曲の作曲者として知られてるかな?

意外なほどスマートでととのったアンサンブル。だけど熱い!
センセマヤでは、ラテンアメリカ的ちょっとアヤシイ雰囲気も絶妙だし
エスタンシアの終曲マランボも"のぞみ号"的疾走感。
この演奏を聴いて「深みが足りない」「貫禄がない」とも言えますが
それを求めることで失ってしまうもの(若さ?)が、ここに確実にあります。

調べてみたら、ベネズエラは青少年の非行防止を目的にした
ユースオーケストラの活動が盛んなのだそうです。
人口3千万人未満の国に、実に2百数十の団体が活動してるとのこと。
(で、実際、非行防止に大いに効果をあげているとのこと!)

それらの団体の優秀奏者選抜による楽団がシモン・ボリバルYOで
参加資格は14歳から25歳、つまり中学生から大学生くらい!?
まあ、日本だってそれくらいの年齢の吹奏楽団やオケはありますけど
経済規模から考えればスゴイことです。音楽立国なんですね<ベネズエラ

指揮者のドゥダメルは1981年生まれ。わっ、若い。
しかも、20代後半にして、このユースオケのみならず、
現在北欧のイェテボリ交響楽団の主席指揮者を務めており
来年にはロサンジェルス・フィルの音楽監督に就任予定だそうです。
ひょえ。この先どう化けるのか、楽しみです。

まずは昨年のプロムスでのゴキゲンな演奏を youtube でお楽しみください。
http://jp.youtube.com/watch?v=QBthQ7lnld0
http://jp.youtube.com/watch?v=WtnjixhvOTU

追加情報。さとなおさんの日記でも、ドゥダメルのことが書かれてます。
  1. 2008/07/11(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1270-dd7a67b9
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。