スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Scene

カルテット・スピリタス Scene「Scene」 Quartet Spiritus
  • 歌劇「フィガロの結婚」序曲 (モーツァルト)
  • ラプソディ・イン・ブルー (ガーシュウィン)
  • 歌劇「カヴァレリア・ルスティカナ」間奏曲 (マスカーニ)
  • ロミオとジュリエットより 愛のテーマ (ニノ・ロータ)
  • 映画「海の上のピアニスト」より 3手のための練習曲 (モリコーネ)
  • アダージョ (バーバー)
  • カランブレ (ピアソラ)
  • 歌劇「トゥーランドット」より 誰も寝てはならぬ (プッチーニ)
  • ミッション・インポッシブルのテーマ (ラロ・シフリン)
  • 映画「ライムライト」より エターナリー (チャップリン)
  • 映画「燃えよドラゴン」のテーマ (ラロ・シフリン)
  • 映画「海の上のピアニスト」より 愛を奏でて (モリコーネ)
         BMG Classics BVCC-34168



  • トルヴェールQがSMAPとしたら、スピリタスはV6ってとこでしょうか(謎
    その、カルテット・スピリタスのファースト・アルバムがリリースされました。
    硬軟様々、万人が楽しめる選曲をどれもスタイリッシュに吹きこなしています。

    原曲がオーケストラの曲をサクソフォン4本で演奏すると、
    どうしても無理のある部分というのが出てきてしまうのですが、
    「スピリタスがこの曲を演奏すると、イイね!」と(編曲を含め)
    ニコリとするような演奏をしてくれます。
    これが、彼らの最大の武器だとあらためて思いました。

    一方、映画音楽では、歌心や茶目っ気もたっぷり。
    ネタバレになるので詳しくは書きませんが。。
    いや、すでにトゥーランドットあたりのシリアスな曲でも、つい笑いが(妄

    彼らの持っているカッコよさ、スマートさ、フレンドリーさが十二分に発揮した
    老若男女クラシック・ファン以外でも楽しめる、ステキなアルバムです。

    今度は、是非サクソフォンのオリジナル曲も録音してほしいです!
    1. 2008/08/20(水) |
    2. 音楽|
    3. トラックバック:0 |
    4. コメント:1

    コメント

    はじめまして

    面白かったです!また、遊びに来ますね。
    1. 2008/11/25 18:36:24 (火) |
    2. saki #-
    3. 編集 ]

    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

    トラックバックURLはこちら
    http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1294-08047919
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。