スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

豊香(神渡)@長野県岡谷市(東京近郊の地酒56)

豊島屋 豊香


久しぶりで長野、というか諏訪から東信にかけて訪れたのですが
この地域、大きなお蔵もあるものの、小さなお蔵ががんばっているエリアでもあります。

まず、旅先ではその地のお酒をいただくというのが、礼儀じゃないですか(爆
ということで、いつもこの方面に出かける時には、茅野市の酒蔵たきもと
お酒を買うことから始まります。先日の「自家製唐辛子味噌」をいただいたお店です。

で、いつものように東京で容易に買えるお酒をはずして
岡谷市の豊島屋酒造さんの「豊香」をいただきました。

豊島屋酒造さんのお酒は、以前長野滞在の際に愛飲してました。
アルコール度20度の、少し甘くてキレノよい原酒の4合瓶を
一晩で1本+α開ける、なんてよくやってたっけ(笑

この豊香も、ウマいです。今日で開栓して5日目ですが、
時間が経つごとに味がのってきて、味わいが深くなってきてます。
酒屋のご主人の「冷やし過ぎないほうが味がでますね」という
言葉どおりで、温度が少し上がっても雑味が出ず、丸さが表に出ます。

実はこのお酒、行きつけの多摩市の小山商店さんに置いてますが
やっぱり旅先でいただくその地のお酒は格別です。

冬、温泉に入ってから、野沢菜を肴に(野沢菜漬は旬は冬。夏は×!)
豊島屋さんの絞りたてのお酒を一献、また一献、、なんて
しばらくやってないなぁ。。
  1. 2008/09/16(火) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1311-92dd075a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。