スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

今年印象に残ったCD 2009

今年も、たくさんのクラシカル・サクソフォンのすばらしいレコーディングがリリースされた1年でした。特に、日本人または日本のレーベルから、内容を伴ったアルバムが多くリリースされたのが印象的です。では、以下個人的今年のベスト10。と思ったら、絞りきれず11枚になっちゃいました (^^;

須川展也
「Saxophone Concertos Nobuya Sugawa plays Honda, Yoshimatsu, Ibert, Larsson」」



彦坂眞一郎&新井靖志
「6つのカプリス」



林田和之
「レッスンズ・オブ・ザ・スカイ」



雲井雅人サックス4重奏団
「むかしの歌」



カルテット・スピリタス
「Scene」



クローバー・サクソフォン・クヮルテット
「クローバー」



マリオ・マルツィ
「Milonga del Angel」



ジェローム・ララン
「Impressinons d'Automne」



ヴァンサン・ダヴィッド
「Berio; Boulez; Webern Saxophone Chamber Works」



アテム・サクソフォン4重奏団
「Encore!」



「神様」マルセル・ミュールの復刻CD
Marcel Mule Saxophone with Piano and Quartet



来年も、さらにすばらしいCDがリリースされますように。。
  1. 2008/12/30(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1367-f6cb7223
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。