スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

Habanasax




「Ultrasonido」 by Habanasax

先日新宿のDiskUnionラテンフロアで購入した1枚。ジャケットはちょっとアヤシイですが、サクソフォン4本+パーカッションという編成で、ラテンジャズやアフロキューバンジャズをブリブリ吹いてます。これは文句なくゴキゲン。ソロはもちろん、バリトンのベースラインがまたイイですよー。時々トップがフルートに持ち替えたり歌を入れたりして、編成に起因する単調さに陥らないよう工夫されてます。フルートとバリサクがソロ風のフレーズをぴったりユニゾンで吹くあたりは、聴いてるほうまで緊張してしまいます。

クラシック・サックス吹き的にツボだったのは、バッハの小フーガ・ト短調をモチーフにした"Metamorfosis"と、なんといっても最後の曲"Rap Habanasax"。クラブ系のループにラップが入り、各楽器のソロが絡むんですが、なんと"スカラムーシュ"の"ブラジレイラ"のメロディが突如登場し、サンバのリズムにのってノリノリで演奏されてるのです。楽しすぎ。初めて聴いたときは、思わず笑ってしまいました。が、こんなあまりにもマニアックなネタを仕込むとは、アバナサックス恐るべし。

私もしらこばと音楽団で同じような編成で吹いてるわけですが、こんなカッコよく吹いてみたいなぁ。。

  1. 2009/06/09(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1447-e70d2d74
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。