スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

井上麻子さんのコンサート

井上麻子×藤井快哉DUOリサイタル ~サントリー音楽財団 第7回佐治敬三賞 受賞記念~

関西で活躍されているサクソフォンの井上さんとピアノの藤井さんのデュオ、サントリーホール小ホールでの東京公演を聴いてきました。すばらしい演奏、細かい感想を書くのも野暮ですが、覚書として。

プログラム

 ソナタ ホ短調 HWV375「ハレ・ソナタ第2番」(ヘンデル)
 3つのロマンス op.22(クララ・シューマン)
 ミステリアス・モーニングIII(棚田文紀)サクソフォン・ソロ
 彼岸花の記憶(八村義夫)ピアノ・ソロ

  (休憩)

 霧雨の白熱(マントヴァニ)
 キュービックグラデーション(神本真里)委嘱作品
 プレリュード、カデンツとフィナーレ(デザンクロ)


・すばらしかったところ その1
 井上さんの奏法に全く無理がなく、ピアニッシモからフォルテッシモまで安定していて、輝かしい音色がますます冴えて聴こえました。特に現代曲での説得力が強力に。

・すばらしかったところ その2
 サクソフォンとピアノのアンサンブル、音楽の方向性がぴったり。継続してデュオ活動を続けている強みでしょうか。

・すばらしかったところ その3
 受賞理由の一つに楽曲解説のすばらしさが挙げられてましたが、まったくその通りと思います。プログラムでの解説を一切省き、演奏の合間に生の声で語られる解説は実に説得力に満ちていました。

  ##むちゃくちゃな喩えですが、苦いお茶もいきなり啜るのではなく、茶の間に招かれて会話を交わしてからお茶をいただくと、苦い中にも美味しさを少しは楽しめるようになる、って感じ(意味不明だ、)

・すばらしかったところ その4
 全体にミスらしいミスの記憶が残っていないです。当たり前といえば当たり前ですが、すごい。

アンコールは、カサドの「愛の言葉」、ポンセの「エストレリータ」。歌心あふれるすてきな演奏でしたが、さりげな~く循環呼吸使ってすご~~く長いフレーズを吹いてませんでした?? それにしても、お客さんがちょっと少なかったのがつくづく残念。。。
  1. 2009/06/30(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1456-5c344db0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。