スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ニーノのソロ

アメリカのサクソフォン・奏者、ファレル・ヴァーノン氏が、ソプラニーノ・サクソフォンのソロ・アルバム「The Forgotten Saxophone」をリリースしました。





ファンタジー(D.ハンソン)
Paçoca(マハード)
ソリロクイとスケルツォ(ハートレー)
Quebra Queixo(マハード)
サクソフォンとパーカッションのための組曲(アトール)
ソナタ ホ短調 op.37-2(J.ボディン)
ニューオーリンズのエコー(P.ハイデン)
Taunder naken(H.ヴィル)
ソロ楽器とオルガンのためのソナタ(E.コープレイ)
夜の女王(モーツァルト)
人形の歌(オッフェンバック)
熊蜂の飛行(リムスキー=コルサコフ)
3つのアリア(K.ジョンソン)



ソプラニーノ・サクソフォンは、アルト・サクソフォンより1オクターブ・ソプラノより半オクターブ上という、高音を出す楽器。どうしても音程が不安定になったり、音色がきつくなったりしやすいので、ソロ楽器として扱うことはあまりありません。このアルバムもクラシックからのアレンジを除いて初めて聴く曲ばかりですが、ファレルの歌心に満ちた演奏は、楽器の短所を感じさせないもので、心から楽しめました。上手くコントロールされた輝かしい音色も聴きものです。オリジナル曲が中心ですが、オペラのアリアがあったり、ちょっと民族色を感じる曲もあったり、ヴァラエティに富んでます。共演楽器もピアノのみならず、ギターだったり、ティンパニ(!)だったり、オルガンだったりとなかなか楽しく、特にギター伴奏のショーロス風の曲は、聴いていると和みます(笑

以下サイトで試聴・mp3ファイルを購入できます。購入しても5.5ドル(500円ちょっと)ですので、興味ある方はぜひ。
http://amiestreet.com/music/farrell-vernon/the-forgotten-saxophone-new-music-for-the-sopranino/
  1. 2009/07/16(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1464-15128323
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。