スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

素顔のままで




「素顔のままで」佐川 鮎子(sax)/田中麻衣子(p)他

  • 素顔のままで
  • エターナルフレーム
  • 右から2番目の星
  • テネシーワルツ
  • 眠れぬ夜は君のせい
  • 小さな空
  • Fly Me To The Moon
  • You Raise Me Up
  • 亡き王女のためのパヴァーヌ
  • ひまわり
  • Fly Me To The Moon (Symphonic Version)
  • Sweetfish


東京や千葉を中心にコンサートや指導にあたられている、
サクソフォン奏者佐川鮎子さんのファーストアルバムがリリースされました。

曲目はごらんのとおり、洋楽を中心とした選曲で、
ここで紹介するべきかちょっと考えたのですが
(ジャンル分けが無意味どかいう議論は置いておいて)
クラシックの経歴を持つ方ですし、奏法もクラシックなので
やはり紹介すべきでしょう。

クラシック系の曲では亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)や
小さな空(武満徹)なんて曲がチャーミングに演奏されています。

どの曲も、表現はやや控えめですが、佐川さん自身がこれらの曲を心から好きで
演奏を通じて聴き手にそれを訴えたい、という気持ちが伝わってきます。
特に、テナーの低位音域を自在に操るあたりはみごと。よく歌っています。

そもそも、楽器というのはそれを修行することが目的ではなく、
演奏し何か(通常は"うた")を表現することが本来目的のはず。
音楽のジャンルを問わず、楽器を通じて訴えるメッセージが
なくなってしまったら本末転倒かな、なんてことを感じてしまいました。


さらにもう少し踏み込んだ表現があると、演奏の印象がぐっと
ヴィヴィッドになる気もしますが、やはり一度生の演奏を
聴いてみたいです~


佐川さんのブログ: http://ayusax.at.webry.info/
佐川さんのサイト: http://www.geocities.jp/chiyoda_sax/
  1. 2009/12/24(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1520-5cf959d1
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。