スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

ポーランドより

ポーランドの女性サクソフォン奏者、アリーナ・ムレツコの3枚目のソロアルバムが届きました。

Alina Mleczko 3rd Album

「Woods, Hindemith, Creston, Yoshimatsu」

Alina Mleczko (sax) / Agnieszka Kopacka (p)
  ・サクソフォン・ソナタ (フィル.ウッズ)
  ・サクソフォン・ソナタ (P.ヒンデミット)
  ・サクソフォン・ソナタ (P.クレストン)
  ・ファジィ・バード・ソナタ (吉松 隆)


セカンド・アルバムまでは比較的規模の小さい、
軽くポップな作品が多かったのですが、このアルバムは
フィル・ウッズ、ヒンデミット、クレストンなど
クラシカル・サクソフォンの定番曲を揃えたあたり
気合の入れ方の違いを感じます。

どの曲でも確実に、そしてよく歌っています。
特に緩徐楽章での朗々とした歌が聴いていて気持ちいいです。
伸ばした音の音程や、低音のコントロールなど少々気になったり
するところがありますが、クレストンの最後の下行形を
テヌートで吹いていたり、かなりアグレッシブな表現を感じます。

それにしても、ポーランドの奏者が、吉松氏の曲をレコーディング、、
なんて時代なんですね。

ムレツコ氏のサイト(新CDは未紹介) http://www.alinamleczko.art.pl/
  1. 2010/01/13(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1526-821ed464
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。