スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

バイバイブラックバード




実は、芝居は嫌いじゃないんですが、なかなか見に行く機会がないのです。何を隠そう、小学校時代は1年間演劇部にいたくらいです。当時のクラスのお楽しみ会は、たぶんほとんど全部脚本書いてました。だから、劇って嫌いじゃないんですけど、どうしても音楽を優先しちゃって。

なんて自分の都合は置いておいて

ひょんなことから演劇集団キャラメルボックスの「バイ・バイ・ブラックバード」を見ることになり、息子10歳を連れて池袋サンシャイン劇場へ。

内容はネタバレになるので詳しくは書きませんが、生の声、生のカラダで表現される劇って、やっぱりスゴイ。そのすごさは、テレビやDVDなどでも伝わってくるけれど、やっぱり生の空気に触れることが一番体感できるのは言うまでもありません。役者さん一人ひとりの醸し出す存在感が、もう圧倒的です。もちろん、照明や音楽、小道具といった演出もあるわけだけれど、やっぱり役者さん一人ひとりの力、そして全体を束ねる組織力がとても印象に残りました。もちろん脚本によるところも大きく、最初のうちはコミカルなセリフやジョークを交えて笑いをとりながら、だんだん最後に向けて観客が集中してくるように計算されているように感じました。ストーリーそのものは、冷静に考えると結末に納得できない部分がないわけではなかったのですが、それよりも劇の一瞬一瞬/台詞の一言一言の積み重ねが次第に大きくなって巨大なオブジェを築きあげていくような、そんな空気を感じることができました。

。。。えっと、この空気、どこかで感じたことがあるぞ。そう、音楽も同じじゃないか。脚本は楽譜かな。監督は指揮者。役者はプレーヤー。でも、それだけではなく、舞台関係者、数多くのスタッフの方々によってこの劇(または音楽)が成り立ってるという点も同じかも。などなど、いろいろ考えさせられました。お声をかけていただいた方々、ありがとうございました。

また機会があったら、キャラメルボックスをはじめ、演劇も観に行きたいと思います。

演劇集団キャラメルボックス「バイ・バイ・ブラックバード」
■東京公演
5月13日(木)~6月6日(日) サンシャイン劇場
■神戸公演
6月12日(土)~20日(日) 新神戸オリエンタル劇場

キャラメルボックスのバイ・バイ・ブラックバードの公式サイト↓
http://www.caramelbox.com/stage/byebyeblackbird/index.html

  1. 2010/05/17(月) |
  2. 無分類|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1581-b02e0c8a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。