スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

四国紀行その5 素敵なカフェ、郷土料理

室戸を過ぎてさすがに疲れてきたので、吉良川でひといき。
土佐の備長炭輸送で栄えた港町で、蔵造りの町並みが残ってるのです。
ぼーっと歩いていると、なにやら暖簾のかかった民家を発見。
「カフェ&スペース 蔵空間茶館」という遍路宿を兼ねたお店でした。

吉良川の蔵


玄関を入って進むと、手入れの行き届いた庭や、干し柿が吊るされた蔵。
机の上に「自宅にいるので声をかけてください」と置き手紙が。
奥の玄関に声をかけると、奥様が出てこられて、蔵を改造した
カフェスペースに案内してくれました。

このスペースがなかなかステキ。奥にピアノとエレキギターがあって、
オーディオ(オープンリール!)やマイクなども。
コーヒーを入れていただいているうちにご主人もいらっしゃって
ストーブに火をくべながらいろいろお話を始めました。

ご主人、定年を待たずに早めに地元に戻られたとのこと。
オーディオやピアノ、ギターについて話題を振ってみると、このお蔵で、
ご主人と奥様、あるいは仲間でセッションをするのだそうです。
楽譜きっちりではなく、有名な曲をその日の気分で適当に。
音源は Youtube を参考にされてる、という話から
だんだんトークは Youtube ネタに移ってきました (^^;

おしゃべりの楽しさと居心地の良さでついつい長居してしまい、
すっかり外は暗くなってしまいました。ステキなご主人と奥様に会いに
また訪れたいです。できれば、今度は演奏を聞かせていただきたい。。


さて、まだまだ本日の宿、高知は遠い、、19時過ぎにようやく到着。
今日のホテルは 7days hotel という なかなか洒落たビジネスホテル。
以前から泊まりたかったんですよ。。
http://www.7dayshotel.com/

一息ついてから、夕食という名の晩酌のため、繁華街へ向かいます。
途中、土佐電鐵の市内電車が。。
思わず飛び乗って終点の桟橋まで往復してしまいました。
ちょうど女性運転手さんの車両に乗り合わせましたがかっこいい~>女性運転手さん

市内にもどり、繁華街をぶらぶらするも、月曜日のせいか人通りが意外と少ないです。
しかも、気にかけていたお店も定休日ばかり~(泣)
一回りして、はりまや橋ちかくのどんこというお店に入りました。
表通りから小路を入るようにして一軒家の玄関をくぐるという、ちょっと高そうな雰囲気。
お値段も書いてない。。カウンターに座り、板さんと相談しながら、
(カツオの)塩たたき、ウツボ唐揚げ、原木しいたけなどをいただきました。




お酒は志ら菊、次に高知近郊以外ではほとんど見かけない瀧嵐を。
時間も遅めで私が最後の客だったので、板さんもカウンター席に座られ
お互い手酌をしながらいろいろ話を聞かせていただきました。

足摺と室戸の魚の違い、カツオの食べごろ、野菜の旬、そしてお好きだという釣りの話。。
安田川は綺麗だけど釣りとしては面白くない、とか、
今年は四万十の鮎は今ひとつだった、おそらく四万十に流れてくる支流で
水がせきとめられているうちに水温が上がってしまったのでは、などなど。。

こちらも予想外にのんびりしてしまい、けっこう遅い時間になってしまいました。
お会計は4000円ほどと良心的。ごちそうさまでした。

ほろよいでホテルに戻って、ぐっすり就寝。。
  1. 2010/12/14(火) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1655-d506d03a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。