スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

四国紀行8 清水サバにありつく

黒尊川のプチバス旅を楽しんだあとは、進路を南に。

土佐清水に着いたのは17時。まずは食事処あしずりで焼き鯖寿しをいただきました。
見た目はバッテラの表面を炙ったようなかんじ。
新鮮ゆえ青魚特有の臭みもなく、表面を炙ることでサバの脂が香ばしくなってます。
ご飯部分も少し熱がまわっていて、酢飯が甘く感じます。これ、メチャうま~




足摺岬に向かいます。以前は岬への道は細くてくねくね断崖絶壁、、という印象でしたが
ずいぶん改善されたようです。それでも、まだまだ細いところは残ってますけどね。
実際、前の車が対向車とすれ違えず、しばらく停まってしまったりしてました。。
足摺岬は既に真っ暗、金剛福寺も山門まで行って遠くからお祈りして引き返しました。

さて、再び土佐清水市街に戻り、ビジネス旅館に。久しぶりの畳に布団~
宿の方にオススメのお店を聞いて、夕飯に(寿司はおやつの位置付けということで)。

土佐清水は港町、碁盤目の路地に飲み屋さんがぽつぽつあって、なんとなく旅情を誘います。
表通りに戻ってスーパーに寄ってみれば、やっぱり魚類は新鮮そう。
宿の方のオススメのほざきの玄関をくぐると、中では地元の方の大宴会中。
清水サバが特産とあって、サバのメニューが20種類近く。。すごい。
市内大岐の浜産の大ハマグリも潮の香りたっぷりで美味しくいただきました。

 


宿に戻って、やっぱり今日も早めに就寝 zzzzz
  1. 2010/12/24(金) |
  2. お散歩、おでかけ|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1662-c4c04bcd
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。