スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

サクソフォンによるブラームス集

引っ越して通勤時間が増えましたが、その分本を読んだり
CDを聴く時間が増えています。今日の通勤の友は、
ドイツの奏者 Klaus PFISTER による、ブラームスの
クラリネット作品をサクソフォンで演奏したアルバム。

Pfister.jpg


アルバムがリリースされた1995年当時
ドイツのサクソフォンアルバムというと
食わず嫌い的に敬遠していました。
このアルバムは音色こそドイツ的ですが
技術的にも表現的にも完成された内容に
とても驚いたものです。久しぶりで聴いても
その感想は変わらず、あらためて惚れ直すばかり。

サクソフォンでブラームス、というと
サックス=ジャズな方は目がつりあがるかもしれませんが
だまされたと思って聴いてみてはいかがでしょうか。

  1. 2005/05/09(月) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/167-cf64ef08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。