スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

"Journey" by Cory Barnfield (sax)




「Journey」 Cory Barnfield (saxophone)
New Dynamic Record

- Distance within Me (J.A.Lennon)
- Brillance (I.Godkovsky)
- Sixth Sense (G.W.Yasinitsky)
- Kaleidoscope (P.Goldstein)
- Pequina Czarda (P.Ituralde)
- Oh, I want to Know You More (S.L.Fry)


インディアナ大学で教員を務める、コリー・バーンフィールド氏のファーストアルバム。

1曲目はすっかりアメリカではクラシカル・サクソフォンのオリジナル曲の定番になりつつある「Distance within Me」の、内省的な響きが心に残ります。極めて難度の高いゴドコフスキーの「ブリランス」も、器用ではないけれどま正面から曲に取り組む姿勢が伝わってきます。

「カレードスコープ」はクラリネット、バスーン、ピアノとの4重奏。ある時にはクラリネットと、ある時にはバスーンと同質化し、組み立てられて変化していく音の綾を耳で追っていく作業、手に汗握るようなスリルと興奮を覚えます (^^;

アンコール的な最後の2曲のうち、「小さなチャルダッシュ」では後半の16部音符が続くフレーズをすべてタンギングしています。これ、楽譜通りだけど、ちゃんとこれで演奏している人は少ないんですよね。アドリブ的なフレーズも悪乗りしないで真面目に吹ききっています。一番最後「Oh I want to Know You More」の素朴なメロディーがすてき! バーンフィールド氏の演奏も、メロディをシンプルにしみじみに歌い上げてて、聴いていて涙が出てきそうです。

amazon.co.jpでCDmp3データでの取り扱いがあるようです。
  1. 2011/03/24(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1689-7a417b66
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。