スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] The Orion Saxophone Quartet "MUSICA LATINA"



The Orion Saxophone Quartet "MUSICA LATINA"
Maroon Creek Music (no number) c.2011
 ・セヴィリャ(I.アルベニス)
 ・サクソフォン4重奏曲(A.ロメロ)
 ・タンゴの歴史(A.ピアソラ)
 ・タンゴ(I.アルベニス)
 ・南アメリカ組曲(L.フロレンゾ)
 ・メキシコ風スケルツィーノ(M.ポンセ)



1989年にハーヴェイ・ピテル門下のジェフ・ベネディクトとチャーリー・リチャードが中心になって結成した団体で、すでに結成から30年、フォルニアを拠点に活動しているベテランのアンサンブルです。2枚目となるこのアルバムは、タイトルどおりラテン系の選曲。ベネディクト氏がラテン系のユニットで活動していることも関係しているのかもしれません。ただ、テンポ設定のせいか、どの曲も推進力があまりなく、音楽が流れていかないのが気になりました。定番のセヴィリャはさすがに破綻はないものの、テンポの遅いタンゴは少し間延び気味だし、技術的にもハードなタンゴの歴史では何箇所かアンサンブルがあやしいところもあるし。。最後のマヌエル・ポンセの美しい小品がチャーミングに聴こえてほっとしました。
  1. 2011/11/16(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1742-f4956a8b
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。