スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Collection Selmer La Saxophoniste Marcel Mule

Collection Selmer Marcel Mule


Collection Selmer La Saxophoniste Marcel Mule
Marcel Mule(saxophone), Quatuor de saxophones M.Mule
Ossia 1005/2 (r)1954-56
 ・アンダンテと紡ぎ歌(F.デクリュク)
 ・インプロヴィゼーションとカプリス(E.ボザ)
 ・スポーティヴなソナチネ(A.チェレプニン)
 ・ヴァルス形式のカプリス(P.ボノー)
 ・サクソフォン協奏曲より第2楽章(H.トマジ)
 ・ディヴェルティスマン(P.M.デュボワ)
 ・ゴイェスカスより間奏曲(E.グラナドス)
 ・シシリエンヌ(P.ランティエ)
 ・サクソフォン・ソナタ(D.ラザルス)
 ・サクソフォン・ソナタ(P.クレストン)
 ・プロヴァンスの風景(P.モーリス)
 ・バスク人(P.ランティエ)
 ・4つのエチュード・カプリス(A.マシアス)
 ・サクソフォン4重奏曲op.102(F.シュミット)
 ・サクソフォン4重奏曲op.109より(A.グラズノフ)
 ・前奏曲とコラール・ヴァリエ(A.ボルサリ)
 ・トランペットとアルト・サクソフォンのための2重協奏曲(J.リヴィエ)



サクソフォンの神様と呼ばれるマルセル・ミュールが、1954-56年にセルマー社に33rpmLP録音した音源で、おそらくかなりの音源が流通する正規録音としては初CD化になります。当時ミュールは50歳代半ば、録音のせいもあると思いますが、初期の録音と基本的な奏法や姿勢に変化はありません。

まだクラシカル・サクソフォンのレパートリーも少なかった活動初期の1920年代は、録音のほとんどが名曲からの編曲でした。しかしそれから30年後このアルバムが録音されたころにはミュール自身の尽力の結果ほとんどがオリジナルの作品を揃えることができるようになりました。

このCDから聴こえてくる舌や指の存在を忘れそうになるほど闊達なテクニックにも驚くけれど、聴くべきところはそこではありません。その奥にあるのは音楽に対する敬愛、サクソフォンに対する情熱、どんな小曲にも尊敬と愛情を持って一曲一曲を大切に吹いている姿こそ聴きとってほしいところです。サクソフォンのよさを表現できる曲(←ここ大事なところ!)を委嘱し演奏を繰り返し、あるいは自ら編曲を施して披露し、まだメジャーでなかったクラシックの中でのサクソフォンを広めようとした情熱の結果がアルバムに集約されています。

それにしても、これらのアルバムが50歳代半ばにしてほとんど最後期の録音であるのがなんとも残念。引退が早かったからこそ、実質的な後継者であるダニエル・デファイエの活躍に繋がったということなのでしょうけれど。ミュールが100歳で没して10年経ちますが、存在意義はけして小さくなることがあってはなりません。
  1. 2011/12/30(金) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1751-0a36a1f5
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。