スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Orchestra Virtuosos - Lev Mikhailov saxophone




「Orchestra Virtuosos - Lev Mikhailov」
 Vista Vera VVCD00232
 (r)1979,1980
 ・サクソフォン協奏曲(A.グラズノフ)
   /w A.コルネイエフ指揮モスクワ放送交響楽団ソリスト・アンサンブル
 ・サクソフォン4重奏曲(A.グラズノフ)
 ・アルト・フレンチホルン/アルト・サクソフォンとピアノのためのソナタ 変ホ長調(P.ヒンデミット)
 ・蜃気楼~サクソフォン4重奏のための5つの小品(D.スミルノフ)
 ・サクソフォン4重奏のためのコンセール(リュエフ)

レフ・ミハイロフ氏はもともとクラリネット吹きで、Vista Vera レーベルの Orchestra Virtuoso シリーズからはクラリネットを吹いている音源がCD化されてます。そちらもちょっと興味がありますが、こちらはサクソフォン関係の音源。CDが出回り始めた当時に、一部が Melodiya レーベルからリリースされていましたが、すぐに入手困難になってしまい、久しぶりのCD化です。

グラズノフはロシア人ではあるものの、サクソフォンのための作品を書いた頃にはすでにフランスに住んでいて、協奏曲も4重奏曲もロシアの曲というよりフランスの曲といったほうがいいかもしれません。それでも、こうしてロシアのソリストとオーケストラによる演奏で聴くと、どことなく土臭くスケールが大きい演奏の中から曲の持っているルーツが聴こえてくるような気がするから不思議です。(クラシック・サクソフォン関係者が)普段耳にしている響きとはインテンポで進むところとルバートを効かせせるところがずいぶん違い、別の曲のようにさえ聴こえるかもしれません。

4重奏曲は、ミハイロフ氏の門下生たちとのアンサンブル。先に Melodiya からCDがリイシューされたオセイチュク氏の名前も見えます。けしてスマートな演奏ではありませんが、きちんと美意識が一本通っています。ヒンデミットの4楽章の前では、楽譜の指示通りテキストの朗読が入ります。リュエフもえ?と思う所が少なからずありますが、それではいままで聴き慣れていた演奏って何だったのか、と考えてしまったりして。。

初めて聞く一枚としては適当かどうかわかりませんが、ある程度これらの曲を聴き慣れている人にこそ聴いてほしい一枚です。
  1. 2012/01/18(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1752-849b7c87
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。