スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

追悼 モーリス・アンドレ [CD] 20世紀のトランペット協奏曲集

20世紀末において最も著名なクラシック・トランペット奏者として、モーリス・アンドレ氏の名前を上げることは、おそらくほぼ異論がないでしょう。実際、私もかなり彼のCDを聴いていたクチですし、生の演奏にも接する機会がありましたが、そのアンドレ氏が25日逝去とのニュース。。合掌。

トランペットというと華やかで猛々しいイメージがありますが、彼の音色は華やかではあるものの、常に羽が生えているような軽やかさと丸さ、そしてエレガントさがありました。録音の代表作としては、本来フンメルやハイドンなどの古典的なコンチェルトを上げるべきとは思いますが、私が一番愛聴しているのは20世紀のトランペット協奏曲集、そしてヴェニスの謝肉祭や常動曲などの名人芸的な曲を集めたアルバム。

ということで、追悼として聴いているのは




「Trumpet and 20th century」
Erato 2292-45775-2
モーリス・アンドレ(tp)
・トランペット協奏曲第2番(ジョリヴェ)
・トランペット、弦楽器とピアノのための小協奏曲(ジョリヴェ)
  アニー・ダルコ(p)/コンセール・ラムルー管弦楽団
・トランペット協奏曲(トマジ)
  ルイ・ド・フロマン/ルクセンブルグ放送管弦楽団
・トランペット協奏曲(アルテュニアン)
  モーリス・スーザン/フランス国立フィルハーモニー管弦楽団



上のジャケはオリジナル(だと思います)ですが、私の持ってるのはアンドレ氏と愛犬の写真が使われているフランス盤のモーリス・アンドレ・エディション。


  1. 2012/02/29(水) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1760-4e75d6ba
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。