スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] 栃尾 克樹 "エヴォカシオン"



栃尾 克樹 "エヴォカシオン"
栃尾 克樹(baritone saxophone)
Meister Music MM-2115
 ・無伴奏チェロ組曲第2番 ニ短調 BWV1008(J.S.バッハ)
 ・無伴奏フルートのための12のファンタジーより(G.P.テレマン)
 ・エヴォカシオン(H.トマジ)
 ・カプリス(E.ボザ)
 ・ラプソディ(W.オズボーン)
 ・残り火(高橋悠治)


栃尾氏の名前を知らなくても、管楽器に携わる方なら東京佼成ウィンドオーケストラのバリトン・サクソフォン奏者と言えば間違いなく彼の音を聴いたことがあるでしょう。あるいは、アルモ・サクソフォン4重奏団のメンバーとして、スタジオミュージシャンとして、もちろんソロ活動まで多彩に繰り広げられています。1986年に藝大を卒業、喜田賦、阪口新、冨岡和男各氏に師事しており、喜田・阪口両先生の最後に直弟子にあたる年代ではないでしょうか。

さて、マイスター・ミュージック・レーベルからリリースされた、栃尾氏のソロアルバム4作目は、なんと完全無伴奏アルバム。アルバム「影の庭」でバッハの無伴奏チェロ組曲の1番を取り上げましたが、このアルバムでは2番を演奏しています。1番に比べてやや地味な曲ですがですが、一音一音奥行きのある音楽が紡ぎだされてて、思わず正座して聴きたくなるほど。栃尾氏の奏法は、どの音域も十分コントロールされた上で、高音の輝かしさや低音の懐の太さなどバリトンサクソフォンらしさを失わないません。いいなぁ。

テレマンのファンタジーは、フルートのための曲=高音を想定している曲なのに、低音楽器での演奏がまったく違和感がないのは、月並みな言い方ですが音楽の本質を捉えた演奏であるからでしょう。同じことはもともとファゴットのために書かれたオズボーンのラプソディにも言えます。楽器が異なっても共通となる土台を固め、さらにサクソフォンで演奏することのメリットもきちんと聞こえてきます。

アルバムタイトルにもなっているトマジのエヴォカシオンでは楽章の特徴をきちんと吹き分け、ボザのカプリスでは気がつけば循環呼吸で音の隙間がすべて埋まっているし、高橋悠治氏の作品ではなんでこの楽譜からこんな深淵な演奏ができるのか、、、どの曲もきちんと意志の入った演奏に感服です。

栃尾氏自身が書いているプログラムノートも、シンプルながらとても素晴らしいことを付記しておきます。

Link: アマゾン
Link: Performer's Official Site
  1. 2012/04/28(土) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1766-e6d312bc
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。