スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Kenneth Tse "Martyrs for the Faith"



「Martyrs for the Faith」
 Kenneth TSE (saxophone)
 Richard Mark HEIDEL, Ray CRAMER[3], University of Iowa Symphony Band
 ・サクソフォン協奏曲 op.26(P.クレストン) 
 ・殉教のための信念~アルト・サクソフォンとシンフォニック・ウィンズのための(D.D.キャンフィード)
 ・サクソフォン協奏曲(J.チェザム)
 ・サクソフォン協奏曲(I.ダール)


香港出身で現在アイオワ大学の教授を務めるケネス・チェ氏のソロによる協奏曲アルバム。最初と最後にクレストンとダールというアメリカの生んだ二大協奏曲を配置し、今世紀に入ってから書かれた最新の協奏曲2曲を配置するという意欲的なコンセプトです。クレストンにしてもダールにしても、クレストンの2楽章のような叙情的な部分はもちろん、ダールの協奏曲の細かいパッセージまでチェ氏のサクソフォンはどこまでも響きが美しくてため息が出てしまいます。

2曲目のキャンフィードの曲は、2004年のスロヴェニアのサクソフォン・コングレスでチェ氏が初演した曲。ポリカープ、カリグニー、ジム・エリオットの殉教者を楽章タイトルにしており、とてもアクティヴでダイナミック。3楽章目がちょっとコミカルの感じるのはパーカッションの使い方のせいかな。一方チェザムの協奏曲はもっとあっけらかんとしたアメリカンな響きが楽しいです。チェ氏のソロは自由闊達、すごいなぁ。

バックを務めるアイオワ大学シンフォニー・バンドは、大きな破綻は避けられてるものの、例えばクレストンの複合リズムの処理などアンサンブルが怪しいところが何箇所か聴き取れます。またウィンド・アンサンブル編成に書かれた1953年版のダールの協奏曲を、大編成で演奏するのはかなり無理があると個人的には思ってるのですが。。
  1. 2012/05/15(火) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1771-a3da40a3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。