スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) |
  2. スポンサー広告|
  3. トラックバック(-) |
  4. コメント(-)

[CD] Mobilis Saxophone Quartet "Ligeti-Desenclos-Bozza-Nagao"



「Ligeti-Desenclos-Bozza-Nagao」
Mobilis Saxophone Quartet
Gramora 98937 c.2012
 ・6つのバガテル(G.リゲティ)
 ・4重奏曲(A.デザンクロ)
 ・アンダンテとスケルツォ(E.ボザ)
 ・サクソフォン4重奏曲(長生淳)



それぞれオーストリア、スロヴェニア、日本、クロアチアと異なる国の出身で、2009年にウィーン国立音大のラース・ムレクシュ氏の門下生で結成。2010年に現在の名称となり、2011年にはバンク・オーストリアの Bank Austria ARTIST OF THE YEAR に選ばれるなど目覚しい活躍ぶりです。

1曲目のリゲティのバガテルから、音楽の構造が透き通って見えてくるような端正な演奏に驚きました。続くデザンクロといえばフランス流の華麗なハーモニーの曲という印象をもってましたが、それらの印象を覆しかねないスタイリッシュな演奏。響きは淀みなく、透明度の高い川の流れを見ているかのよう。3楽章のエンディングに向かうクレッシェンドもどこまでも知的で、この曲の演奏にありがちな暑苦しさを感じさせません。こういう解釈はやはりフランス以外の場所で生まれてくるんだなぁ、と感心するばかりです。ボザ、長生の両曲も基本的に同様の印象。

正直に言えば10年ほど前まではオーストリアのサクソフォンのCDなんて、、、という状況ではありましたが、彼らの師にあたるラース・ムレクシュ氏の主宰する Wienna Saxophonic Orchestra がレベルの高い演奏を行なうなど、オーストリアの事情もかなり変わってきているようです。

記事エントリー時点では、現在彼らのサイト(下記リンク参照)で彼らの演奏した「A Song for Japan」を聴くことができます。ジャケットの中央でテナーを構える女性は、尚美出身でウィーン国立音大に留学し現地で活動している岩田亨子さん。日本とそんな縁もあることですし、Mobilis Saxophone Quartet の来日演奏が実現しないものでしょうか。

Link: アマゾン
Link: アマゾン(mp3)
Link: Performer's Official Site
  1. 2012/05/17(木) |
  2. 音楽|
  3. トラックバック:0 |
  4. コメント:0

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック(このblogへの言及があるもののみとさせていただきます。)

トラックバックURLはこちら
http://mcken.blog1.fc2.com/tb.php/1772-7e6d192e
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。